1. 台湾で大地震が起きたらどうする?交流協会主催の安全対策講演会に参加してきたので台湾の防災対策をシェアする

2016.10.23

台湾で大地震が起きたらどうする?交流協会主催の安全対策講演会に参加してきたので台湾の防災対策をシェアする

カテゴリー

台湾台湾生活記

タグ

,

台湾は比較的治安が良い国だと思いますが、自然災害という点においては非常に強い台風に襲われる事も多い上、日本と同様地震大国です。

もしその台湾で生活をするとしたら、日本で生活するのと同じようにいつどこで大地震に遭遇してもおかしくないということを常に頭に置いて行動しなくてなりません。

さて先月の話になりますが、9月21日は20世紀の終わり1999年に台湾で中央部を震源地とした大地震が起きた日でした。それに伴い台湾では9月21日を『防災の日』として制定しています。

その台湾の防災の日に交流協会(台北事務所)及び日本人会安全対策委員会が主催する安全対策講演会が開かれまして、こちらに僕も参加してきました。

今回はその安全対策講演会で聞いた「台湾で大地震などの災害が起きたらどうすればいいのか?」についてシェアしたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

安全対策講演会の様子

交流協会台北事務所

安全対策講演会が行われた場所は交流協会台北事務所です。台湾に1年以上住んでいますが今回初めて来ました。

実際に来てみるとびっくりすると思います。日本にある台北駐日経済文化代表処とは全く比較にならない位しっかりした建物です。この建物に入っていく方はタクシーでブゥンと乗り付ける人が多かったですね。

講演会会場

講演会会場へ入っていきざっと周りを見渡すと参加者は4,50代の日本人男性が中心。一方で女性参加者はチラホラ程度。

平日のお昼時の街を歩けば女性会社員ばかりの台湾社会とは対照的な光景です。久しぶりにこんなに大勢の日本人のおじさん達を見ました。

災害時対応マップ

交流協会の方(日本人)からも台湾での犯罪発生状況や具体的な取組みなどの簡単な紹介がありましたが、今回の講演会のメインは台湾の内政部消防署災害管理組の科長さん(台湾人)からの台湾での災害時に関する講演です。

プレゼンは全て中国語でしたが、中国語が分からない日本人参加者のために台湾人の方が同時通訳を行っていました。通訳の方がいるイベントに初めて参加しましたが同じ内容を2回繰り返すためどうしても尺が長くなり少しまどろっこしく感じますね。

災害に関する役立つツール(Webサイトやアプリ)の紹介

話によると台湾の防災対策は日本のものを参考にしているそうです。だからやれる防災対策と言ってもほぼ日本と同じなので、基本的には我々が小学校からやってきた日本でよく言われているような対策をまずは各自で行いましょう

ここでは台湾の内政部消防署災害管理組の科長さんのプレゼンを聞いて有益だと思った、“台湾での”災害時に役立つツールなどを抜粋して紹介します。

台湾の緊急避難所を調べたい

台湾の地図

大地震などが起こり、家に住めない状態になり食べ物も手に入らなくなってしまった時のために、緊急避難場所を調べておきましょう。調べ方はまず上の内政府消防署のサイトから自分の住んでいる地区の地図を探します。(これが大変)

緊急避難所

地図を開いたら、建物の中に人が逃げ込んでいる緑色のピクトグラムを探してください。そこがあなたの家の近くの緊急避難場所です。

ただ、地図のフォーマットがバラバラで見難い、地図のpdfが激重、『○○里』という区分が分かりづらい等の問題点があるので、台北市に住んでいる方は臺北市行動防災というアプリに近くの避難場所を探せる機能があったので、こちらで調べたほうが早いかもしれません。

台湾の災害用伝言ダイヤルは「1991」

1991報平安留言平台

日本の災害用伝言ダイヤル171と同じような機能を備えたダイヤルとして、台湾には1991というダイヤルがあります。こちらはインターネット版(掲示板)も用意されています。緊急時だけではなく普段も使えるそうです。

僕は、東日本大震災の時も問題なく繋がっていたことからTwitterの方が簡単かなと思って、家族には自分を含め災害時専用のTwitterアカウントを用意し、Twitterを災害用掲示板代わりに使う方法を教えてあります。

ただ、こういった公的機関が用意したツールもあるという事を覚えておけば、いざという時に役立つはずです。

地震速報が欲しい時は「EEW 地震速報」

EEW 地震速報は地震の速報を通知してくれるアプリです。最近起こった小さい地震を含めて履歴を見ることも可能。

災害情報を知りたい時は「中央災害應變中心 災害情報站」

中央災害應變中心 災害情報站

災害に関しての色々な情報をとにかく集めたいという時はとりあえず中央災害應變中心 災害情報站へ。最新の台風や地震などの情報が掲載されています。災害に関するポータル的なサイト。

最後に

建設現場

安全対策講演会に参加した感想としては、台湾だからと言って特別な対策は特にありませんでしたが、今まで知らなかった台湾産の防災系のツールを知ることができたのは収穫でした。

やはり日本と同様、最低限やる事としてはまず自宅近くの避難所を確認、何かあった時の家族や親しい人たちとの連絡方法の取り決め、そして万が一に備えて防災バッグなどを用意しておくなどの日頃の準備が大切です。

Advertisement

Advertisement

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

この記事を見ている人におすすめの記事

プロフィール

ナカジマチカ

名前:ナカジマチカ
1985年生まれ31歳。横浜出身。東京でサラリーマンとして約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強。現在は台湾を拠点にフリーランスとして働きながら時々他の国を旅行したりしつつ、台湾に生まれてたら納豆絶対食べないわとか考えたりして生きています。
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する
台湾華語(中国語)を無料で学習できるWebサイトやiPhoneアプリ!日本で台湾華語を独学しよう
中華電信のSIMカードを日本から予めオンライン予約しておき台湾旅行初日に空港で受け取る方法
全て実践済み!台湾人女性と知り合う方法を5つ教える
日本人男性の僕が台湾人女性と何度かデートした経験をもとに台湾人女性の特徴を書いてみる

サイト内検索