1. 台湾(台北)で一人暮らしした場合の1ヶ月の生活費を公開!日本では引きこもりがちだった僕の台北でのひと月の生活費を晒してみる

2015.03.282016.07.27

台湾(台北)で一人暮らしした場合の1ヶ月の生活費を公開!日本では引きこもりがちだった僕の台北でのひと月の生活費を晒してみる

カテゴリー

台湾台湾生活記

もしあなたが日本以外の国で暮らすとなったらどこの国に住んでみたいでしょうか?

僕は断然、日本から近く、街の構造が日本と似ていて利便性も高く、国民が温かくフレンドリーで、美味しい食べ物が手に入りやすい「台湾」という国をお薦めします。

そして僕は今その台湾でも特に利便性の高い「台北」に部屋を借りて1人暮らしをしています。

少し余談を挟みますが、僕は日本に居た頃、1人でいる時間も好きだったということもあり、割と引きこもった生活をしていました。台湾に来てからもそのペースは崩さずに全く予定を入れていない週末もあります。

今回はそんな僕が台北で1ヶ月一人暮らし生活をした時にかかる費用を公開したいと思います。

Advertisement

まずは1ヶ月の生活費をざっくりご覧ください

項目
家賃(ネット代・水道代・ケーブルテレビ代込み)11,000元36,300円
光熱費(電気代のみ)965元3,184円
通信費450元1,485円
食費8,920元29,436円
交通費800元2,640円
日用品代323元1,065円
ファッション代600元1,980円
交遊費360元1,188円
合計23,418元77,278円

どんな風にお金を使っているか項目ごとに紹介

家賃(ネット代・水道代・ケーブルテレビ代込み) 11,000元(36,300円)

借りている部屋

台北市の隣の新北市というところのマンションの一室を借りているのですが、台北駅まではMRTに乗れば15分くらいで行けるので、さほど田舎というわけでもありません。

日本の都市に例えるならば、東京の隣だけど横浜ほどは垢抜けてない、けど交通や生活が割と便利な川崎市って感じでしょうか。

この部屋の環境ですが、生活に必要な家具・家電は全て揃っており、水道代・ネット代・ケーブルテレビ代込み、24時間捨てられる専用のゴミ捨て場有り、MRT駅まで徒歩7分。といった好条件が揃っていまして、個人的にはかなり安いと思っています。

しかも偶然にも、僕が借りた部屋の大家さんは日本語まで喋ることが出来るのでトラブルがあったとしても安心感が違います。台湾人大家さんによる日本語サポートという点だけでも1,000元払いたいくらいです。

光熱費(電気代のみ) 965元(3,184円)

電気メーター

台湾ではお湯を沸かすのも何でも電気で行いますが、その割に電気代だけバカ高いので、家賃とは別に電気代を大家さんに支払う場合が多いです。

僕の借りてる部屋は毎月締め日の前日になると、大家さんから「外にある自分の部屋の電気メーターの写真を送ってください。」というLINEが飛んでくるのでそれに従い写真を送ります。

それを大家さん確認してメーターの度数から電気代を算出するというなんだかラフな方式で、家賃とあわせた電気代を月の締め日に銀行振込で支払います。

この月はまだ3月でクーラーを稼働させていなかったのでこの程度で収まっていますが、本格的な夏がやってきた時にどのくらい費用がかさむのか考えるだけでも恐ろしいです。

通信費 450元(1,485円)

家賃にはインターネット代(有線LAN+Wi-Fi)が含まれていますし、学校にも無料で利用できるWi-Fiがあります。加えて活動エリアは家と学校がメインだし、街にも無料のWi-Fiがガンガン飛んでいるので、基本的に通信費は無料です。

ですが外出の際にWi-Fiがないような場所でも困らないようにするのと、台湾での電話番号確保のために、3ヶ月に1度プリペイドSIMの容量型のプランを購入しています。この月はちょうどその3ヶ月に1度の支払いを行った月でした。3ヶ月450元のプランを1ヶ月分に換算すると150元(495円)となります。

食費 8,920元(29,436円)

台湾での一般的な食事

毎日の食事については、家にキッチンが存在しないこともあり自炊は一切しておらず、3食とも外に食べに行っています。台湾のローカル飲食店で済ませると1食大体50~80元(165円〜264円)くらいなので、1日250元(825円)以内に収まることが多いです。

とはいえ週に1,2回くらいは夜市で散財したり、外国のものを食べたり、カフェに行ったり、友人と一緒に食事に行って気兼ねなく食べたりしたいので、こういう時は1回で300元~500元(990円〜1,650円)くらいの出費をすることもあります。

ちなみに台湾でオール外食なこの食費は、僕が東京で一人暮らしをしていた時とほぼ同じ食費です(3食全て自分で作って、月に1,2回の外食)。台湾の外食がいかに安いかということが分かりますね。

交通費 800元(2,640円)

MRT切符売場

今僕は学生なので、月~金曜日は学校と家を往復しているわけですが、ここ台湾では通学・通勤定期の概念がないので、毎日通常料金でMRT(地下鉄)に乗って学校へ通っています。

ですが悠遊カードという台湾のICカードを使うと、MRT乗車料金が割引になるので勿論フル活用しております。僕の場合はこの悠遊カードにチャージした合計額が月の交通費です。

僕の家から学校までは往復で40元、それにかけることの20日分で、最低でも800元(2,640円)は掛かります。あとは放課後や土日に遊びに行ったりする分を含めると大体1,000元~1,200元(3,300円〜3,960円)くらいになったりします。

それでも台湾の交通費は日本と比べれば全然安いので助かります。もうJRとか乗れない。

日用品代 323元(1,065円)

学校で使用する文房具、ティッシュや洗剤などの生活用品がこの日用品代に含まれます。

ちなみに僕はシャンプーや洗顔料、化粧水などの日々体に触れるものは日本から持ち込んでいまして、これらの水回り用品に関しての費用は掛かっていません。

ファッション代 600元(1,980円)

コインランドリー

僕は洋服を買うのが比較的好きな方で、日本でサラリーマンをやっていた頃は毎週末のようにzozotownから服が届いていました。が、節約できる部分なので日本から厳選した洋服を持っていけるだけ持ち込んで、現在は服自体をほとんど買っていません。

それでも消耗していく衣類はどうしてもあるので、肌着や靴下などは必要な時に都度買い足しています。

あとは週に1回コインランドリーの乾燥機を利用しているので、1回50元x4週で200元(660円)のクリーニング代がかかっています。

というのも家には洗濯機はあるのですが、洗濯物をお日様に当ててしっかり干せる環境がなく生乾き臭が発生するのが嫌なので、家の洗濯機で衣類を洗った後は1週間分の濡れた衣類を担いで近所のコインランドリーまで行き乾燥機を利用しています。

交遊費 360元(1,188円)

レジャー施設

レジャー代や友人との交際に掛かった費用がここの交遊費に含まれます。この月は観光施設の入場料を払ったり、友人への誕生日プレゼントを用意したりしました。

まとめ 台北で一人暮らしする場合に必要な1ヶ月の生活費は日本円で10万円あれば大丈夫

ということで僕の台北における1ヶ月の生活費は日本円で77,278円という結果でした。

引きこもり生活が大好きな僕のように、旅行へ行ったりクラブへ行ったりバーへ行ったり等のお金の掛かる遊びをしなければ、台湾(台北)での生活費は10万円以内に収まるということですね。

これから台北に住もうと思っている方のひとつの目安となれば幸いです。

※1元=3.3円で計算(2015年7月27日現在)

Advertisement

Advertisement

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

この記事を見ている人におすすめの記事

日本語OKの台湾人オーナー

台湾で一人暮らしするために賃貸を契約してきた。中国語を喋れない僕が行った台湾の部屋を借りる方法

3月からいよいよ台湾へ中国語の語学留学ということで、先日台湾を旅行した際に3月から住む家を決めてきました。単身用の賃貸です。 さて、いま住む家を決めたとさらっと言いましたが、僕の中国語は日常会話ができ...

掠れて見えない台北101

台湾に住んでいる僕が台湾の空気の悪さを視覚的に証明していくよ

実際台湾に来てみるとマスクをして外を歩く台湾人は多いですし、リアルタイム気質指数ビジュアルマップとかを見てみると全体的に空気悪く、特に南部は日本よりハワワって日もあったりします。 けどそういう情報があ...

家族みんなで食べる食べ物

実家を出て7年経ってから戻ってきた僕が再び始めた実家での生活で感じたアレコレ

台湾での生活の準備のため、一人で暮らしていた賃貸を引き払い、少しの間だけ実家に戻ってきたわけですが、もと自分が居た部屋は現在は妹が使用しているため、自分が入り込む隙間はすっかりなくなっていたわけです。...

空芯菜

新幹線の中で朝ごはんを食べながら台北に戻り鼎泰豐へ [2013年春 台北・高雄旅行 3日目]

さて帰国日です。1日目・2日目と食べ続けてきたけどまだまだ飲食を楽しみたい。 あまり気にしないで店に入るようにしてるけど入りづらいお店はやっぱりあるもので、現地の言葉が話せればどんな店でも臆せず入って...

新北市移民署最寄りのYouBike駐輪場

台湾・新北市在住の日本人必見!新北市の移民署に行く時、交通費を少しでも節約したい人はYouBike(ユーバイク)で行くのがおすすめ

新北市在住の外国人ならきっと同意して頂けると思うことがあるんですがね…移民署がとにかく遠い!台北市の移民署がMRT最寄り駅から徒歩5分なのに対し、新北市の移民署は最寄り駅から歩いていくとなんと4,50...

ビールを飲みながら釣り

釣る・飲む・食べる!台湾のTHEローカルレジャー「エビ釣り」をやってみた

学校の友人達とエビ釣り行ってきましたよ。 ネットで台湾にこういった遊びがあるという事は知ってはいたのですが今まで行く機会がなく、この度友人に誘ってもらい行ってきました。日本人の観光客とかに結構人気のレ...

台湾美女01

夜市を越える熱気で溢れ返る年に一度の一大イベント「迪化街年貨大街」に行ってみた

みなさんは台北の迪化街という場所をご存知でしょうか。孤独のグルメで見たことある!という方もきっといらっしゃるかと思います。 さてこの迪化街、普段は台北の中でも比較的お澄ましエリアなんですが、1年に一度...

映月大池

どこを切り取っても絵になるコンパクトな観光地!「林安泰古厝民俗文物館」へ行ってみた

語学留学時代は台北は台北でも新北市に住んでおりましたが、現在のワーホリでは台北の台北市に住んでおりますナカジマチカ(@nakazimachica)です。 ということで時間がある時は、徒歩またはYouB...

バス車内

台湾(台北)のバス(公車)の乗り方を紹介。台湾のバスを制するものは台湾の交通を制す!

僕が住んでいる台北には様々な交通機関があります。台湾に住み始めてからMRT、火車、高鐡(新幹線)、YouBikeと様々な乗り物を利用してきましたが、なんとなく敬遠してきた乗り物がありました。そう……バ...

水月池と大殿02

心洗われるスタイリッシュなお寺「法鼓山農禪寺」に行ってみた

こんにちは。新しいものから歴史のあるものまで建築物大好きナカジマチカ(@nakazimachica)です。 最近Instagramから「台北に格好良いお寺がある」という情報を仕入れまして(唐突)、早速...

プロフィール

ナカジマチカ

名前:ナカジマチカ
1985年生まれ31歳。横浜出身。東京でサラリーマンとして約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強。現在は台湾を拠点にフリーランスとして働きながら時々他の国を旅行したりしつつ、台湾に生まれてたら納豆絶対食べないわとか考えたりして生きています。
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する
香港国際空港のインタウン・チェックインを利用して、香港旅行最終日を身軽な身体で楽しもう!
台湾華語(中国語)を無料で学習できるWebサイトやiPhoneアプリ!日本で台湾華語を独学しよう
中華電信のSIMカードを日本から予めオンライン予約しておき台湾旅行初日に空港で受け取る方法
全て実践済み!台湾人女性と知り合う方法を5つ教える

サイト内検索