1. 日本人だらけの台湾師範大学語学センター。日本人が多い環境は中国語を学ぶ上でどんな影響があるのか?

2015.11.102016.11.01

日本人だらけの台湾師範大学語学センター。日本人が多い環境は中国語を学ぶ上でどんな影響があるのか?

カテゴリー

考察

台湾師範大学は台湾で中国語(台湾華語)を教える学校として、一番歴史があり規模も大きく知名度も高い学校です。そのためこの学校で中国語を勉強しようと考える人はとても多いです。僕も例に漏れず現在この学校に通っています。

そして留学生としての生活をブログに綴っていると、ご覧になった日本人の方々から時々台湾師範大学の語学センターについて質問を頂くことがあるのですが、その中で一番多く寄せられるのは「台湾師範大学の語学センターは日本人が多いそうですが、それはどうなのでしょうか?」という内容の質問です。

アクセス解析を見ていても「師範大学 日本人」などのキーワードで、このブログに辿り着く方も少なくはありません。

つまり、台湾師範大学の語学センターに通うことを検討しているものの「日本人だらけの環境でちゃんと中国語が身に付くのか?」ということに対して疑惑と関心を持っている方が非常に多いということなんでしょう。

ということで今回は、台湾で中国語を学ぼうと考えている人の関心が比較的集まりやすい台湾師範大学の語学センターにはどんな日本人がいるのかという事と、それに対する僕自身の考えをちょっと書いてみたいと思います。

Advertisement

台湾師範大の語学センターにはどのくらい日本人がいるのか?

台湾師範大学7階

まずは公式サイトから台湾師範大の語学センターの全体の規模を紹介します。

MTCは1956年秋に成立され、国立台湾師範大学に付属する中国語教育のための組織です。現在毎学季(3カ月間)は世界70カ国以上から約1700名の学生がここで学習しています。MTCは台湾で最大、最も著名な中国語語学センターです。

国語センターの紹介-国立台湾師範大学国語教学センター

約1,700人ということで結構多いです。勿論授業の時間帯・クラスが細かく区切られているので、1,700人が一挙に集まるわけではありません。登校した時に見掛けるのはせいぜい50人程度でしょう。

じゃあその1,700人の日本人の割合はというと、台湾留学サポートのサイトの調べでは日本人は全体のおよそ30~40%と言われています。学校に半年以上通ってますが僕もそのくらいだと思います。

台湾師範大学の語学センター内で10人の学生を見かけたら4人は日本人、その内3人が韓国人で、残りの3人が他の国の人といった感じ。

クラスで言うと、最大人数が8人のインテンシブコースなら2,3人は日本人、最大人数が10人のレギュラーコースなら4人は日本人。というのが1クラスの平均的な日本人の割合です。

中には日本人が9割みたいなクラスも時々できるらしいのですが、僕はまだそういったクラスに当たったことはありません。

どんな日本人がいる?年齢層や職業など

植木

当然ですが皆それぞれの背景があって中国語を学びに台湾へ来ています。僕が出会った日本人にはどんな人がいるのか大まかに紹介しておきます。

  • 交換留学生
  • 大学を休学して自分の意志で中国語を勉強しにきた大学生
  • 日本ではなく台湾の大学へ進学しようと思っている人
  • ワーキングホリデービザで台湾に来ている人
  • 台湾で生活をするため(仕事を探すため)に中国語を勉強している人
  • 台湾を拠点に仕事をしているフリーランス
  • 旦那が台湾人で現在台湾で生活をしている日本人妻
  • 台湾に支社を持つ会社に務める日本人駐在員
  • 駐在員妻

年齢層は20~60代くらいまでとかなり幅広いですが、やはり「中国語(外国語)も使う仕事に就きたい」「就活に有利になるかも」といったねらいを持った大学生が大多数を占めます。

ついでに出身地について触れておくと、僕が出会った人は愛知県より西出身の人が圧倒的に多く、その中でも大阪出身の人は非常に多いです。誇張なしに語学センター内で聴こえてくる日本語は関西弁の方が多いくらい。

上記に挙げたカテゴリーの中で僕は「台湾で生活をするため(仕事を探すため)に中国語を勉強している人」と「台湾を拠点に仕事をしているフリーランス」の2つに属すわけですが、平日は学校、休日は家で仕事という生活スタイルを送る人は少数派です。

たまに以前は学校に通っていた、或いは中国語はちゃんと勉強したことないけど、台湾でフリーランスをやりながら生活している人にも出会います。実際中国語が全然出来なくても台湾は生活できちゃいますからね。

日本人の日本人に対する接し方は大きく分けて2タイプ

台湾師範大学1階

ここでちょっと学校内で日本人が日本人と出会った時、相手の日本人がどういう風な行動を取るか個人的な分析を。

僕が今まで見たきた感じだと、台湾師範大学の語学センターに在籍する大部分の日本人は大きく分けて2タイプに分類できます。

  1. 日本人と積極的に交流する人
  2. 日本人との接触は控えめにして中国語学習環境を自分で作ろうとする人

多国籍の人間の輪の中に常にいる日本人…見たありませんね。こればっかりは文化の違いと英語が関係してて仕方無さそう。というわけでざっくり分けるとこの2タイプです。

あとのタイプは1と2の属性を持っているけど、どっち寄りかどうかってだけです。僕もこのタイプで、辺鄙な所に住んでることも関係してやや2寄りだけど日本人との交流は避けているわけではありません。日本人と知り合う場所が学校、もしくは紹介という方法だけに限られ、機会が少ないだけなのでむしろ歓迎。

続けてこの1or2のタイプに振り切ってる人に対しての、僕の見解や問題点などを書いていきます。

1.日本人と積極的に交流する人

学校にいる時も授業時間以外は時間も日本人と話をして、放課後も日本人と一緒に行動し、休日も観光感覚で日本人と遊ぶのが多い人ですね。

これは日本人だからというわけじゃなく、他の国だとしてもこういうタイプの外国人は沢山いると思います。やっぱり言葉が語弊無く通じると楽しいですよね。

半分遊びみたいな2週間~1ヶ月くらいの留学ならこういう楽しみ方もあるかもしれませんが、1年間とかをこれで過ごしちゃったらちょっと勿体無いですね。

ちなみにこのタイプの人は国際学舎に住んでいる人や大学生が多く、当然その中には同じ学校に通う人もおり、仲良しが出来てくると家も毎日行く場所も一緒なので、朝起きてから寝るまでほぼ日本語で生活する環境になります。

当然最終的には日本と何ら変わりのない生活になってしまっているという悩みに発展することも少なくなく、そこから急に抜け出すのは人付き合いがある以上、簡単ではないことが想像できるかと思います。

2.日本人との接触は控えめにして中国語学習環境を自分で作ろうとする人

こちらのタイプの方が一見姿勢としては偉く見えますが、少し厄介な人もいるのがこのタイプ。

人によっては同じクラスに日本人がいるとその日本人を無視するかのように接してくる場合もあるので、グループワークの時などは結構やりづらく、先生や他のクラスメイトに気を遣わせたりします。

結果、他の国の外国人ともコミュニケーションがうまくいかない状態に陥ったりするので、台湾人の友人とのコミュニケーションも例外ではないような気がします。(稀にいると思うけど他を切り捨てて台湾人とだけ仲良くなれちゃう人は凄い。)

また本来1の性質を持ち、英語が出来ない人がこの2のスタンスで留学に臨むと、留学生のほとんどは英語で雑談をするため、最終的に寂しくなって2の方に流れていくことも珍しくないです。

人を無視したりするのは人間として当然やっちゃ駄目なんですが、この考え方を貫き通せる人は半年くらい経った時に、1のタイプと中国語能力を比較すると差は歴然となると思います。

日本人とばかりつるみすぎず中国語環境を作るようバランスを取っていくのは、日本人特有の気の遣い合い精神もあって結構難しいです。

日本人が多い環境で中国語を勉強するメリット・デメリット

フリーペーパー

メリット

  • 困った時、互いに助け合える
  • 情報交換がしやすい
  • 台湾人と交流できるイベントに誘ってもらえたりすることが多い

デメリット

  • 日本人が多いクラスになった時どう接するか、また相手の対応にも悩むことがある
  • 日本人との付き合いを優先しすぎると日本語環境から抜けられなくなる可能性がある
  • 人によっては日本人の前で中国語を話すことに恥じらいが生じ成長を鈍らせる要因になる

メリットの方は相手が日本人じゃなくても可能ですし、母国語だから円滑にやり取り出来るってだけなので、ややデメリットの方が重い感じです。

まとめ 明確な目標を持って自分にとって必要なことを選択できる人は、日本人が多くても関係なく中国語が伸びる

ご想像の通り「悩みの種」にも「強力な味方」にもなる可能性があるのが、同じ国から来た日本人という存在です。せっかく台湾にいるなら中国語を話したい。けど同じ国の人との関係をどう築いていくか、そのバランスはとても難しいです。

しかもその相手は海外に住んでいるくらいなので個性的な人が多いです。面白くて良い人もいるし、同じ空間に居たくないなぁと思う人も当然います。僕自身、台湾で出会う日本人とは付き合いたくないと悩むこともありました。

大体の人は台湾で中国語を勉強しようとなった時、「台湾に行ったら台湾人の友達を沢山作って、学校では日本以外の国から来た人たちと幅広い国際交流して…」と強く思い描き過ぎると、自分から日本人の存在をシャットアウトしたくなります。

勿論その積極的な姿勢は素晴らしいです。ですが最終的に思ったのは、海外で中国語学習をする上で日本人という存在を「悪」と決めつけないことが、人間関係を円滑に保ちつつ中国語を発展させる鍵かなと思っております。

なりたい自分になるために目標を立て、それに向かって自ら積極的に環境を作っていくという基本は崩さず、だけど時には日本人同士で遊んで母国語を喋って気分転換したり、情報交換したり、適度に助け合えばいいと思ってます。

これだけ沢山の日本人がいるんだから同じ姿勢の人にも必ず出会えるはず。ともに頑張りましょう。

Advertisement

Advertisement

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

この記事を見ている人におすすめの記事

ブラウン

2ヶ月→3ヶ月の変化は横ばいな感じ。台湾師範大学で中国語を学んで3ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

いやー学校に通って早くも3ヶ月が経過しまして、ついに最初の学期が終わりました。あっという間です。お世話になった先生やクラスメイトともこれで解散です。 先生は学校を辞めない限り会えるけど、母国に帰って遠...

スライドによる説明

台湾師範大学の新入生向けオリエンテーションに行ってきたので流れを紹介してみる

前回の台湾師範大学の履修(新入生)登録に行ってきたので流れを紹介してみるに続く、台湾師範大学の語学センターの授業が始まる前に行うイベントシリーズです。 今回は履修登録の次となるイベントのオリエンテーシ...

教科書出張販売時の台湾師範大学博愛大樓7階

台湾の語学センターで使われている中国語の教科書を安く買う方法

これから台湾の語学センターで中国語を勉強される方は勿論のこと、独学で中国語を勉強している方で、台湾の語学センターで使われている中国語の教科書が欲しいと思ったことはありませんか? 僕はかつて日本に住んで...

台湾師範大学

居留ビザ申請を通して普段考えないことを沢山考えて喋った6ヶ月目。台湾師範大学で中国語を学んで6ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

はいこんにちは。8月だというのに最近は台北より東京の方が暑い!?みたいな話を伺っておりますが、月末ということでいつものように「台湾師範大学で中国語を学ぶとどれだけ上達するのか!?」シリーズをお送りして...

授業

台湾師範大学で中国語を学んでいる僕のクラスの雰囲気とかをちょっと紹介したいと思う

やー台北はここのところ毎日小雨が降っていて寒いです。噂には聞いていたけど湿気があるので寒いというより冷たいっていう感じですね。寝間着を短パンしか持ってきてなくて早くも後悔しております。 さて今回はオリ...

台北の街並み

台湾師範大学で中国語を学んで2ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

やぁ台湾師範大学で中国語を学び始めてついに2ヶ月経ちました。あっという間に予定している滞在期間の1/6を過ぎまして、遊んだり勉強したり仕事したりそこそこ忙しい生活を送っており、なんかあっという間にこの...

国立成功大学

台湾師範大学の語学センターのインテンシブコースで必ず行う「プレゼン」についての話

さて台湾師範大学の語学センターに通ってそろそろ9ヶ月になりますが、その授業の中で既に小さいものも含めて6回ほど学校でプレゼンを行いました。 台湾師範大学の語学センターで留学を考えている人は「えっ?プレ...

健康センター(健康中心)の入口

台湾で病気になったので台湾師範大学の健康センター(健康中心)で診察を受けてみた

先日「そろそろ病気になると思います」とブログに書いたら本当になりました。喉が冗談みたいに腫れ上がり、スーパーで売ってるのど飴も3種類くらいしかなくてつらいです。 喉の違和感から始まり、食べる・喋るの時...

台湾師範大学へ入学するための書類

台湾師範大学の語学センターへ入学申請をする際に必要な書類と集め方

「台湾へ中国語の語学留学をしに行こう!」と決めた時、台湾で外国語を教える学校として一番歴史があり、外国人の人数も多い台湾師範大学を学び舎として選ぶ方は多いんじゃないでしょうか。 僕のそのひとりで201...

各国の国旗

生まれて初めて外国人と一緒に授業を受けてみて気づいた、彼らの日本人との違いを挙げてみる

いま台湾にある台湾師範大学の語学センターに通っていて、世界各国から集まった様々な人種のクラスメイトとひとつの教室で一緒に中国語を学んでいるのですが、ここで僕は生まれて初めて「外国人と一緒にひとつの事を...

プロフィール

ナカジマチカ

名前:ナカジマチカ
1985年生まれ31歳。横浜出身。東京でサラリーマンとして約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強。現在は台湾を拠点にフリーランスとして働きながら時々他の国を旅行したりしつつ、台湾に生まれてたら納豆絶対食べないわとか考えたりして生きています。
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する
台湾華語(中国語)を無料で学習できるWebサイトやiPhoneアプリ!日本で台湾華語を独学しよう
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
全て実践済み!台湾人女性と知り合う方法を5つ教える
香港国際空港のインタウン・チェックインを利用して、香港旅行最終日を身軽な身体で楽しもう!
日本人男性の僕が台湾人女性と何度かデートした経験をもとに台湾人女性の特徴を書いてみる

サイト内検索