1. 台湾師範大学の語学センターの「換課(クラス変更)」制度を利用してみた

2015.12.04

台湾師範大学の語学センターの「換課(クラス変更)」制度を利用してみた

カテゴリー

台湾台湾留学記

僕は現在、台湾師範大学の語学センターに通い中国語を学んでいるのですが、こちらの語学センターでは新学期が始まった後、一定期間だけ「換課」というクラス変更制度を利用することが出来ます。

「このクラスのレベルは自分には合わない」というまともな理由から「朝のクラスは早起きがつらい」みたいな個人的な理由まで拾ってくれ、別のクラスへ変更させてくれる悩める学生達の救済処置がこの換課という制度です。

実を言うと出来れば最後まで使いたくなかったこの制度。

だって、やり方を聞いただけで「あ、めんどくさ。」って思いますし、過去の9ヶ月間の中で、なかなか移動先が見つからないクラス変更活動中の学生の大変そうな様子を何度も見てきました。

だから基本的にクラス編成は全て成り行きに任せようと思ってました。(だから入学時のオリエンテーションの時にあった換課の説明は真面目に聞いてなかった。)

ですが最後の1学期、割り当てられたクラスへの不満を抑えきれず、また台湾へ中国語を勉強しに来たくなるくらい楽しく勉強して終わりたいと欲を出してしまい別のクラスに行くことを決意しました。

というわけで今回はこの台湾師範大学の語学センターにある「換課」という制度の利用手順やちょっとしたアドバイスなどを紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

クラスを変更したくなった理由

台湾師範大学の内部

まず始めに今回になってなぜ初めてクラス変更をしたくなったのか、その理由を挙げてみたいと思います。

  • 日本人が多い
  • 先生に冗談が通じない
  • 雰囲気が重くて発言・質問しずらい
  • pptやプリントなど授業を補助する教材が一切無い
  • 教科書をひたすら読み合わせる授業方針

といった具合です。「贅沢言ってるんじゃねぇ!(パーン)」という意見も出そうですけど、中にはこういう不満が出ない先生やクラスも存在します。

自らの意志で環境を選択していけるなら、同じ学費を払っているんだし積極的に動いたもん勝ちだと思います。

クラス変更可能期間

クラス変更に関する掲示物

始業日の翌日から1週間(土日除く)だけ可能です。

ちょうど僕がクラス変更を行った学期の日程が分かりやすかったので例に挙げると、12月1日が始業日で、その翌日の2~8日までクラス変更可能期間となっております。

手順

クラス変更申請用紙

  1. 6階で申請用紙をゲットする
    掲示物が貼りだされている場所の下に無造作に置かれているので一枚取ります。
  2. 申請用紙に必要事項を記入する
  3. 現在の先生に移動する承諾を得てサインをもらう
    授業が終わった後に「実は…」って感じに切り出すのが自然な流れとか思っちゃうかもしれませんが、すぐにでもクラス変更をしたい場合は遠慮している場合じゃありません。授業時間外でも直接職員室を訪ねてサインを貰いに行きましょう。そのため最初の授業で先生の職員室がどこにあるのか確認するのを忘れずに。
  4. 変更したいクラスへ行き聴講させてもらう
    そのクラスの始業時間に教室の前で先生を待ち伏せして、先生が現れたら挨拶をして「我打算換你的課,可不可以先旁聽?」みたいな感じで声をかけて空気の確認をしてもらい、もし空きがあれば授業を受けさせて貰うことが出来ます。
  5. 申請書に新しい先生のサインをもらう
    そのクラスに移動することを決めたら、新しいクラスの先生にサインをしてもらいます。
  6. 6階の大きい辦公室(職員室)一番奥の7or8番カウンターで申請用紙を確認してもらった後、専用ボックスに入れる

以上の手順が全て完了した後、翌日からは変更先の新しいクラスに行って授業を受けて問題ありません。

申請用紙に記入する必要事項について

クラス変更申請用紙

自分で記入するものとして学生番号、名前、今使っている教科書の名前、今学期開始する課の番号、クラスの時間帯、教室の番号があるのですが、その他に右上の欄に「なぜクラス変更をしたいのか」という理由を書く欄があります。

「學生自行換課(自発的にクラス変更)」「程度不符,建議換至(レベルが合っていない)」のどちらかにチェックを入れるわけですが、後者の方はおそらく新入生がお世話になる理由だと思います。先生にお薦めのクラスを書いてもらいましょう。

2学期目以降の学生が換課する場合は、段々移動するクラスの選択肢がなくなってくるので、基本的に「學生自行換課」にチェックを入れることになると思います。

こちらにチェックを入れた場合「理由を示してください」とカッコ書きで書かれているんですが、実は理由を書かなくても問題ありません。チェックだけ入れて現在の先生にさっと口頭で説明すればサインを貰えます。

ワンポイントアドバイス的なもの

6階の職員室

最後にこの「換課」を有利に行うためのちょっとしたアドバイスです。入学時のオリエンテーションの時も同じことを言ってますがもう一度。

一言で言うと、今いるクラスメイト達や横(例えば意思疎通が取りやすい同じ言語を使う人)との繋がりはきちんと作っておきましょう。

色々な人と繋がっておくことで、次学期で一緒のクラスにならなかった時、お互いに「そっちのクラスどんな感じ?」って具合に互いに声を掛け合うことで、他のクラスがどんな様子かを聞くことが出来るようになります。

僕も今回以前同じクラスだった友人達が、違う時間の同レベルの授業を受けていたので「うちのクラスはなかなか良いよ」的な情報をもらい、その友人達がいるクラスに移動することを決意しました。

授業を受けている他の学生たちの生の声が自分が授業を受けた感想にも繋がるので、他のクラスの情報をゲットできるネットワークを作っておくことが換課を行う上でのキーとなります。

Advertisement

Advertisement

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

この記事を見ている人におすすめの記事

授業

台湾師範大学で中国語を学んでいる僕のクラスの雰囲気とかをちょっと紹介したいと思う

やー台北はここのところ毎日小雨が降っていて寒いです。噂には聞いていたけど湿気があるので寒いというより冷たいっていう感じですね。寝間着を短パンしか持ってきてなくて早くも後悔しております。 さて今回はオリ...

クラスでクリスマスパーティー

台湾師範大学の語学センターのレギュラーコースとインテンシブコースの違いについての考察

台湾師範大学に通うことを予定している方の中には、レギュラーコース(普通班)とインテンシブコース(密集班)、どちらのコースを選択して中国語を勉強するか悩む方もきっといると思います。 僕は台湾師範大学の語...

スライドによる説明

台湾師範大学の新入生向けオリエンテーションに行ってきたので流れを紹介してみる

前回の台湾師範大学の履修(新入生)登録に行ってきたので流れを紹介してみるに続く、台湾師範大学の語学センターの授業が始まる前に行うイベントシリーズです。 今回は履修登録の次となるイベントのオリエンテーシ...

西願本寺跡

新学期(2学期目)が始まりまして。台湾師範大学で中国語を学んで4ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

3ヶ月毎に新しい学期に切り替わる師範大学では6月に入り新学期を迎えました。僕にとっては2学期目。1学期ごとに先生もクラスメイトも切り替わるので、新しい先生・新しいクラスメイトと你好です。 今回は中国語...

台湾師範大学7階

はじめてのレギュラーコース。台湾師範大学で中国語を学んで10ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

学習期間が1桁から2桁になるだけで急に長老感が出ますね。このままいくとドラゴンボールを1つ任される長になれそうな勢い。 僕の師範大学での留学生活も1年に例えるとついに最終章、冬の季節に突入です。そして...

ブラウン

2ヶ月→3ヶ月の変化は横ばいな感じ。台湾師範大学で中国語を学んで3ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

いやー学校に通って早くも3ヶ月が経過しまして、ついに最初の学期が終わりました。あっという間です。お世話になった先生やクラスメイトともこれで解散です。 先生は学校を辞めない限り会えるけど、母国に帰って遠...

台湾師範大学での僕達の教室

台湾師範大学のインテンシブコース(密集班)の授業内容を紹介

ちょっと前までは寒いとか言ってましたが、台北は3月下旬あたりから既に30度を越える日もちらほらあって暑いです!心なしか街に短パン女子も増えてきました。最高です。 そして現在僕はこの夏が始まりかけている...

師大敷地内

聴力に少し変化が出た気がする。台湾師範大学で中国語を学んで5ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

今月は休日ほぼ予定がなかったわ外は暑いわで1ヶ月の電気代が2ヶ月連続で6,000円超えました。こりゃ日本で一人暮らししてた時より高いですね。台湾の賃貸は水道料金込みがデフォルトですが、電気代だけは高い...

国立成功大学

台湾師範大学の語学センターのインテンシブコースで必ず行う「プレゼン」についての話

さて台湾師範大学の語学センターに通ってそろそろ9ヶ月になりますが、その授業の中で既に小さいものも含めて6回ほど学校でプレゼンを行いました。 台湾師範大学の語学センターで留学を考えている人は「えっ?プレ...

各国の国旗

生まれて初めて外国人と一緒に授業を受けてみて気づいた、彼らの日本人との違いを挙げてみる

いま台湾にある台湾師範大学の語学センターに通っていて、世界各国から集まった様々な人種のクラスメイトとひとつの教室で一緒に中国語を学んでいるのですが、ここで僕は生まれて初めて「外国人と一緒にひとつの事を...

プロフィール

ナカジマチカ

名前:ナカジマチカ
1985年生まれ31歳。横浜出身。東京でサラリーマンとして約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強。現在は台湾を拠点にフリーランスとして働きながら時々他の国を旅行したりしつつ、台湾に生まれてたら納豆絶対食べないわとか考えたりして生きています。
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する
台湾華語(中国語)を無料で学習できるWebサイトやiPhoneアプリ!日本で台湾華語を独学しよう
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
全て実践済み!台湾人女性と知り合う方法を5つ教える
香港国際空港のインタウン・チェックインを利用して、香港旅行最終日を身軽な身体で楽しもう!
日本人男性の僕が台湾人女性と何度かデートした経験をもとに台湾人女性の特徴を書いてみる

サイト内検索