1. 台湾師範大学の語学センターのレギュラーコースとインテンシブコースの違いについての考察

2016.01.062016.11.14

台湾師範大学の語学センターのレギュラーコースとインテンシブコースの違いについての考察

カテゴリー

台湾台湾留学記

台湾師範大学に通うことを予定している方の中には、レギュラーコース(普通班)とインテンシブコース(密集班)、どちらのコースを選択して中国語を勉強するか悩む方もきっといると思います。

僕は台湾師範大学の語学センターで中国語を勉強してそろそろ1年が経とうとしているんですが、その約1年間の授業の中でレギュラーコースとインテンシブコースの両方を経験してきました。

というわけで今回はこの2つのコースの台湾師範大学におけるシステム上の違いや個人的な考察・感想を紹介してみたいと思います。

Advertisement

学費や授業時間などの基本的な違い

台湾師範大学の語学センターのサイトに載っていることを今一度ここで整理してみます。

レギュラーコース
(普通班)
インテンシブコース
(密集班)
1学期の学費(ニュー台湾ドル)26,40036,000
1日の授業時間2時間3時間
1クラスの最大人数10人8人
授業の時間帯8:10~10:00
10:20~12:10
12:20~14:10
14:20~16:10
16:20~18:10
18:30~20:20
10:20~13:10
14:10~17:10
課外授業への参加必須(月に最低8時間)自由
校内での自習場合によっては必須自由

ちなみに公式サイト上で得られる情報はこれだけです。

これだけだと学費と授業時間が違うんだなーくらいの感想しか出てきませんし、お気楽に勉強したい人はレギュラーコースで、少しハードに勉強したい人はインテンシブコースを選べばいい感じに見えてきてしまいます。

じゃあその実態はどうなの?という話を学生の僕の実体験に基づいて紹介させて頂きます。

2つのコースついての差や個人的な考察・感想

レギュラーコースの方が楽?

飛行機雲

多くの人が勘違いしてしまいがちですが「レギュラーコースは1日2時間しか授業がないから楽!」というわけじゃなくて、結局平均するとインテンシブコースと同じように平均すると1日合計3時間勉強する必要があります。

これはビザの関係で、学校が監督する中で追加で月23時間分の勉強時間が必要だからです。つまり学校で勉強する合計時間はレギュラーコースもインテンシブコースも変わりません。

ビザのための最低限の授業時間(1日3時間)を学校側で強制的に安排してくれるのがインテンシブコースというだけの話なんですね。レギュラーコースの場合は授業時間外にも課外授業に参加したりすることが必要となります。

だから自分で学習計画を立てるのが苦手な人はインテンシブコースを選んでしまった方が楽な場合もあります。

ノート

続いて課題について。

授業の基本は1課ごとの座学→筆記試験の繰り返しで毎日を過ごすことになるんですが、たまにプレゼン課題を挟んでくる先生もいまして、インテンシブコースの場合はどこかでプレゼンは必ずやると思ってもらって良いです。

じゃあレギュラーコースはやらなくて良いんだよね?って事になりますがやる先生はやります。実際僕の今学期の先生は実施しています。(多分クラス人数が6人だから)

以前インテンシブコースしかプレゼン課題はないよ~という事を書いたブログ記事を上げたことがあるのですが、すみませんやんわり訂正します。

ただ実際10人がフルで集まるようなクラスで一人一人プレゼンやってたら絶対時間が足りなくなりますし、他のレギュラーコースを選んでいる友人に尋ねても「プレゼンやってるよ」って聞いた試しがないのでレギュラーでプレゼンをやることは非常に稀です。

また授業時間外にやらなくてはいけない宿題については、当然その日に学んだ事の中から出題される関係で、レギュラーコースは授業時間が2時間しかないため必然的に宿題量は少なくなるので、お持ち帰り課題についての負担は確かにレギュラーコースの方が少ないです。

大教室で行われる課外授業

あと課外授業の参加についてですが、レギュラーコースの場合は5階の大教室で行われる課外授業への参加が月に最低8時間義務付けられています。(ひと月に追加で勉強する23時間の中に含まなくてはならない。)

インテンシブコースを選んでいた頃の僕は、3時間の授業で疲れ果てて且つ予習復習宿題という時間を確保する必要があったので、この課外授業に参加する気が全くの0で内容をちっとも知りませんでした。

レギュラーコースに変更して、参加義務もあるため空き時間を利用して参加するようになったのですが、通常の授業だけでは勉強できない台湾の文化も同時に楽しく学べるような結構面白い授業も存在します。

だからこちらの課外授業に興味がある方は敢えてレギュラーコースにしてみても良いと思います。内容は毎学期ごとに微妙に変わります。

インテンシブコースは質の高い授業を受けられるのか?

クラスでクリスマスパーティー

インテンシブコースは少人数制が売りみたいな印象を受けますが、学生がひとつの教室にマックスで集まれば8人になりますし、僕の今のクラスのように人数が集まらければ6人で授業を行うレギュラーコースはのクラスもあります。

つまりこの時点で少人数でのクラスで授業が受けられるというメリットは運次第ということになります。

また授業の質はどっちのコースがどうとかではなくクラスメイトや先生との相性、そして先生の教え方が自分に合うかというかという、これまた運任せな要素が大きいです。結局インテンシブコースだからといって質の高い先生が割り当てられるわけではありません。

学費について

会議室

学費はどちらが得なんでしょうか。毎週の授業時間(小教室で受ける授業)数に4週間分x3ヶ月分を掛けて、1コマあたりの学費を算出してみると下記のようになります。

  • レギュラーコース … 26,400 ÷ (10×4×3) = 220元
  • インテンシブコース … 36,000 ÷ (15×4×3) = 200元

レギュラーコースの方が1回に支払う合計の学費は安いのですが、実は1コマあたりの学費で言うとレギュラーコースの方が割高なわけです。

少しでも学費を節約して短期間で効率良く中国語を学びたい人は、インテンシブコースの方を選んだ方が良いです。

まとめ 授業の質は先生とクラスメイト次第、時間を自由に使い易いのはレギュラーコースだけど、学費はインテンシブコースの方が少しお得

いかがでしたでしょうか、以上が台湾師範大学の語学センターでレギュラーコースとインテンシブコースの両方で授業を受けた僕の感想です。

授業の楽しさや質は結局運だね!みたいな身も蓋もない分析になってしまいましたが、自分に合いそうなコースを選んで充実した留学生活を送ってください。

Advertisement

Advertisement

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

この記事を見ている人におすすめの記事

国立成功大学

台湾師範大学の語学センターのインテンシブコースで必ず行う「プレゼン」についての話

さて台湾師範大学の語学センターに通ってそろそろ9ヶ月になりますが、その授業の中で既に小さいものも含めて6回ほど学校でプレゼンを行いました。 台湾師範大学の語学センターで留学を考えている人は「えっ?プレ...

台湾師範大学での僕達の教室

台湾師範大学のインテンシブコース(密集班)の授業内容を紹介

ちょっと前までは寒いとか言ってましたが、台北は3月下旬あたりから既に30度を越える日もちらほらあって暑いです!心なしか街に短パン女子も増えてきました。最高です。 そして現在僕はこの夏が始まりかけている...

履修登録のための資料を受け取る列

台湾師範大学の履修(新入生)登録に行ってきたので流れを紹介してみる

台湾師範大学の語学センターに入学申請を送って早4ヶ月、ついにこの日がやってまいりました。いよいよ台湾師範大学での言語留学生活が始まります。 実際の授業はまだ一週間以上も先になるのですが、台湾師範大学の...

台湾師範大学7階

はじめてのレギュラーコース。台湾師範大学で中国語を学んで10ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

学習期間が1桁から2桁になるだけで急に長老感が出ますね。このままいくとドラゴンボールを1つ任される長になれそうな勢い。 僕の師範大学での留学生活も1年に例えるとついに最終章、冬の季節に突入です。そして...

出張販売アイス

忍び寄る母語の影響と軌道修正。台湾師範大学で中国語を学んで9ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

9ヶ月目終了に伴い、語学センターでの3学期目の授業も終了いたしました。残す留学及び滞在期間はあと1学期(3ヶ月)のみ。 一応台湾での1年間の留学予定を組んだ当初は、こうしようみたいなプランが脳内に存在...

スライドによる説明

台湾師範大学の新入生向けオリエンテーションに行ってきたので流れを紹介してみる

前回の台湾師範大学の履修(新入生)登録に行ってきたので流れを紹介してみるに続く、台湾師範大学の語学センターの授業が始まる前に行うイベントシリーズです。 今回は履修登録の次となるイベントのオリエンテーシ...

台湾師範大学の内部

台湾師範大学の語学センターの「換課(クラス変更)」制度を利用してみた

僕は現在、台湾師範大学の語学センターに通い中国語を学んでいるのですが、こちらの語学センターでは新学期が始まった後、一定期間だけ「換課」というクラス変更制度を利用することが出来ます。 「このクラスのレベ...

授業

台湾師範大学で中国語を学んでいる僕のクラスの雰囲気とかをちょっと紹介したいと思う

やー台北はここのところ毎日小雨が降っていて寒いです。噂には聞いていたけど湿気があるので寒いというより冷たいっていう感じですね。寝間着を短パンしか持ってきてなくて早くも後悔しております。 さて今回はオリ...

台湾師範大学7階

日本人だらけの台湾師範大学語学センター。日本人が多い環境は中国語を学ぶ上でどんな影響があるのか?

台湾師範大学は台湾で中国語(台湾華語)を教える学校として、一番歴史があり規模も大きく知名度も高い学校です。そのためこの学校で中国語を勉強しようと考える人はとても多いです。僕も例に漏れず現在この学校に通...

台湾ドル

台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する

中国語を勉強するために台湾へ1年間くらい留学してみよっかなーって考えたことがある方はきっといらっしゃいますよね。僕も数年前はそうでした。 そう思った時、僕は既にいい大人なので当然全ての費用を自分で賄う...

プロフィール

ナカジマチカ

名前:ナカジマチカ
1985年生まれ31歳。横浜出身。東京でサラリーマンとして約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強。現在は台湾を拠点にフリーランスとして働きながら時々他の国を旅行したりしつつ、台湾に生まれてたら納豆絶対食べないわとか考えたりして生きています。
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する
台湾華語(中国語)を無料で学習できるWebサイトやiPhoneアプリ!日本で台湾華語を独学しよう
中華電信のSIMカードを日本から予めオンライン予約しておき台湾旅行初日に空港で受け取る方法
全て実践済み!台湾人女性と知り合う方法を5つ教える
日本人男性の僕が台湾人女性と何度かデートした経験をもとに台湾人女性の特徴を書いてみる

サイト内検索