1. 台湾で30歳を迎えるとは思っていなかった

2015.07.022015.10.05

台湾で30歳を迎えるとは思っていなかった

カテゴリー

雑記

というわけで最近30歳を迎えました。

21歳の時に30歳の方と少しだけ男女のお付き合いをしたことがあったんですが、もうあの年齢になったんだなーと今しがた思い出したところです。

身近に近い将来必ず通る年齢の人がいると、僕もその年齢にはどうなってるのかなと考えるきっかけになるので、30歳になるまではこんなことをしておこうって目標を立てたこともありました。

けど結局は目標とか考えずに今好きなことにコツコツ取り組んで、食っていけるかどうかに繋げることを考えるのが好きなので大体実現できていませんし、当時なりたかった自分とは大きく外れています。

それにちなんで今回は僕の「30歳なのに◯◯◯」をつらつら書きたいと思います。つまり昔の僕が思いもしなかった事と現在のギャップにフォーカスを当てていきたいと思います。

Advertisement

30歳なのにサラリーマンじゃなくなってるとは

淡水河

小学生になると立派な大人=サラリーマンみたいな刷り込みに加え、ストレス社会を耐えぬくための理不尽を強いられる教育が始まるわけですが、僕もあの頃はこのくらいの年齢(30歳)になったらスーツをビシッと着て会社に通勤する姿しか思い描いていませんでした。

やがて高校生になると、僕の通っていた高校では、月に1度校門のところに先生が立って生徒の服装が学校の規則に反していないかチェックするという時代錯誤な行事がありました。

学校の規則に反する代表的な服装は、髪の染色、ピアス・カラーシャツの着用などで、これに該当した生徒はある日の放課後、一箇所に集められ(るらしく)、生活指導の先生からみんなで仲良くお説教を受けます。

僕はこの「服装身だしなみ検査(って先生は呼んでました)」に毎回引っかかっていたのですが、上に“らしく”と書いたように一度もそのお説教部屋へ行ったことがありませんでした。すると翌日に担任から「何故来なかったのか?」と怒られます。当然ですね。

僕は「学校の規則で自分の格好はいけないことは頭で分かっている。それを承知の上で自分の判断の元、ファッションとしての学生服を楽しんでいる。言われることは分かっているから行く理由はない。」という考えを毎回話していましたが、「無駄なことをさせるためにコレをやっているんだ。」と返されてお終いでした。

それもこれも全ては上が黒だと行ったら白だと思ったものでも黒だと思わなければいけない、日本のため会社のために死ぬ企業戦士をつくるための準備運動に過ぎなかったことにいい加減気づきまして。

そんな社会の厳しさを、実際に前線に出る前に教えてくれた先生達と過ごした時から10年が経ち、「今これをやる自分にとっての意味とは…」について再び考え出すようになり、色々な過程ときっかけがあって今に至るわけです。

そんなこんなで、これで僕は日本国内でサラリーマンとして働ける可能性がグッと低くなり、いよいよ後戻り出来ないということを実感させてくれるとても重みのある数字です30歳。ほんと1年後とか何してるんだろ。

30歳なのにこんなに友達が少ないとは

甜蜜王國の内装

僕がブログに使ってる写真を見れば一目瞭然ですが、まぁ空とか風景とか無機物とかサーモグラフィーに通しても寒色しか見えなそうな写真が多いです。友達は決して多くない。

友達といえばその数を定量化できる(?ツールとしてFacebookがありますが、友達少ない病をこじらせFBを使い始めた時から誕生日通知をオフにしてます。けど共通の友人がまた別の共通の友人に誕生日おめでとうメッセージを送っている様子は監視してます。

自分は通知オフなので「お誕生日おめでとう!これからの1年が◯◯にとって(略)」みたいな「その年が良い年になるかどうかは前の1年をどう過ごしたかで決まるんだよ…」と空気を壊す返信をせずにはいられないメッセージが投稿されるとかも特にありません。(←こういう性格がダメ)

あと、そういえば小学生の頃卒業アルバムに載せるために同じ学年の生徒が全員強制で書く作文があったんですけど、別のクラスにいた僕のあるひとりの友人が「友達のつくりかた」っていうタイトルでその卒業作文を書いたんですね。

「自分(その友達)は、小学校に入るまで本当の友達と言える存在がいなかったけど、小学校に入って同じクラスになったある人が僕に声をかけてくれて、友達の作り方を教えてくれた。」っていう小学生らしからぬテーマで書かれたそれはとても美しい内容なんですが、その物語に登場する「ある人」って僕なんですよね。

なんで僕は今こんなになっちゃったんでしょう。

30歳なのに外国語を使って外国人と話が出来るようになっているとは

林森北路にあるお店の張り紙

このブログのプロフィールに書いているように僕は27歳の時に台湾へ1人旅に出る前は、国外のことに関心も無ければ外国語にも一切興味がありませんでした。

結果として初めて海外に出て訪れた台湾にハマり、中国語の勉強を始めるきっかけに繋がるわけですが、高校生の頃は一生日本語しか使わないと思っていて、英語の授業はほんと無駄だなーと思いながら時間を浪費していました。

それが今では、日本語以外の言語を覚えて自分の国以外の人たちと話すことが好きなことのひとつで、中国語は現在学習中として、英語も中1レベルですが、台湾師範大学で一緒のクラスになった他の国の人達に、その人達の母国語の簡単な言葉を教えてもらったりして、韓国語に関しては簡単な挨拶だけ出来るようになったりしてます。(よく日本人から韓国人に間違えられるので偽装するのが楽しい)

まず、外国人と話をする時に「英語より中国語の方が比較的話せます」っていう提案を相手に出来るようになったことがとてつもない進歩なんだよなぁと思います。英語じゃなくて中国語という点も、過去の僕が知ったらびっくりして立ち幅跳び3mくらい跳べそうなくらい予想外の出来事。

最後にひとこと

社会的な地位とか結婚や子どもについては人によってあると思いますが、思い描いていたものとのギャップは書いてみれば案外少なかったです。多分自分の辿ってきた軌跡にほとんど後悔が無いからだと思います。

あと不思議と今後に対しての不安もありません。常に自分の理想をアップデートしながら、やりたいことを見つけて取り組んでいけたら楽しいだろうなぁと思ってます。とりあえずお金はツールなんで沢山お金は欲しいですね。はい。

Advertisement

Advertisement

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

この記事を見ている人におすすめの記事

着なくなった衣類

台湾で必要なくなった洋服を捨てたい。そんな時は古着回収ボックスを利用しよう

最近、台湾から日本へ帰国するための準備をブガシャカ進めているナカジマチカ(@nakazimachica)です。 出来る限り物を減らして身軽に帰りたいわけですがその中でも特にかさばるのが洋服です。そして...

シャツの襟汚れを落とした後

クリーニング屋で働いていた僕が教えるシャツの襟汚れを落とす簡単な方法

いつものように着ようと思ったお気に入りのシャツの襟に、黄ばみや黒ずみなどの襟汚れがあることに気づいた時ってテンション下がりますよね。 今回は昔クリーニング屋で働いていた僕の経験をもとに、500円くらい...

交換が済んだ旧ガラス

台湾の時計屋「寶島鐘錶」で腕時計の盤面部分のガラス交換をしてみたらやっぱり激安だった

台湾で腕時計メンテナンスシリーズなのですが、今回は先月行った電池交換の時に続き、最近不注意で割ってしまった、もう1つの普段使い用腕時計の盤面部分のガラス交換をしてみました。 前回と同じく「寶島鐘錶」に...

寶島鐘錶の職人さん

腕時計の電池交換は台湾で!台湾で電池交換をしてみたら驚きの価格だった

日本で購入して持ってきた腕時計が、台湾に来て1ヶ月も経たないうちに電池が切れて瞬く間に単なるリストウェイトと化したんですが、皆さん腕時計の電池交換はどうしてらっしゃいますか? 自分で電池を買ってきて時...

パーマ浸透中

台湾の美容院に行ったら色々驚かされた話

先日美容院に行って、台湾に来てから3ヶ月以上ずっと伸ばしっぱなしだった野暮ったい髪の毛をカットしてもらってきました。ついでにパーマも。 何気に実は僕、30年近く生きてきて日本で美容院に行った経験がなく...

台湾人女性

日本人男性の僕が台湾人女性と何度かデートした経験をもとに台湾人女性の特徴を書いてみる

今回は台湾人女性の特徴について書きたいと思います。 と言うのもこれまで何度か台湾もしくは日本で台湾人女性と2人きりで遊びに行った経験がありまして、その彼女達と接した時に思ったことや日本人女性との違いな...

客観的な意見をくれるパートナー

どんな服を買っていいか分からない…。脱オタファッションをしたい人への3つのポイント

最初に申し上げますとこの記事では「こういう服を買うべき!」みたいな事は書きません。 なぜかと言うと、過去に「(ファッション面で)脱オタしたい。」という悩みを持つ人に対して、その周りの人が「これを買うべ...

台湾人女性と台北市立動物園でデート

台湾に1年間住み台湾人女性約20人とデートしてみたら彼女たちの印象はどう変わったのか?見た目や性格・考え方などの特徴を改めて考えてみる

正の字引いて数えてたわけじゃないので正確な人数は覚えてないのですが、台湾留学時代にデートをした台湾人女性はおそらく20人位だと思います。 実は以前も同じように台湾人女性たちと接して思った彼女たちの特徴...

プロフィール

ナカジマチカ

名前:ナカジマチカ
1985年生まれ31歳。横浜出身。東京でサラリーマンとして約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強。現在は台湾を拠点にフリーランスとして働きながら時々他の国を旅行したりしつつ、台湾に生まれてたら納豆絶対食べないわとか考えたりして生きています。
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する
台湾華語(中国語)を無料で学習できるWebサイトやiPhoneアプリ!日本で台湾華語を独学しよう
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
全て実践済み!台湾人女性と知り合う方法を5つ教える
香港国際空港のインタウン・チェックインを利用して、香港旅行最終日を身軽な身体で楽しもう!
日本人男性の僕が台湾人女性と何度かデートした経験をもとに台湾人女性の特徴を書いてみる

サイト内検索