1. 台湾の美容院に行ったら色々驚かされた話

2015.06.122015.09.06

台湾の美容院に行ったら色々驚かされた話

カテゴリー

台湾台湾生活記

先日美容院に行って、台湾に来てから3ヶ月以上ずっと伸ばしっぱなしだった野暮ったい髪の毛をカットしてもらってきました。ついでにパーマも。

何気に実は僕、30年近く生きてきて日本で美容院に行った経験がなく、しかも今回は日本ではなく海外ということもあって美容院におけるその全ての経験が新鮮づくし。

その台湾で美容院デビューという右も左も分からない貴重な経験の過程をここに記します。どうぞご覧ください。

Advertisement

そもそもなぜ美容院行ったことなかったのか?

ひまわり

僕の母は僕が生まれる前から仕事として美容師をやっており、美容師を辞めて別の職に就いたあとも、ずっと親戚や家族の髪を切り続けその技術を衰えさせないようにしていました。(故意かどうかは知らないけど)

物心付いた時から母は僕の髪が伸びたら自らの手で僕の髪を切り、僕の生活においてそれが普通となっていて一緒に住んでいた頃はやってみたい髪型や髪色があれば、しょっちゅう母にリクエストしてオシャレに敏感な時期のファッション代を浮かせておりました。

そんな専属美容師がいる人生を送り続けてきましたが台湾移住を機に、その生活が途絶える日がやってきまして、台湾へ住み始める1日前にいつもより短めに整えてもらった髪の毛から約3ヶ月、ついに初めての母以外のカットを経験というわけです。

冷静に考えたら、30近い男が母親に未だに髪の毛を切ってもらってたって「母が美容師」の下りがあったとしてもまぁまぁ気持ち悪いんですが、いつも話のネタにしてます。

さぁ美容院に入ってみよう

台湾の美容院

美容院に行く当日までに、アタリをつけていた美容院が何店舗かあったのですが、その日にいざ行ってみると、その美容院が営業していない!とか、なんか今日は店内の雰囲気が良くない!などなどの理由で、美容院の前で二の足を踏む始末。

そしてその日は外の気温が33度くらいあり、「もう~汗だめ」「…だめ熱い」「早く涼を…」と歩きまわるのも限界になった時に、結局その日初めて見かけた、外から見て愛想が良さそうな美容師さんが揃っている美容院に揃ってる場所に避難しました(入りました)。

生まれて初めて知らない人に髪の毛を切ってもらう

パーマ浸透中

入っていくと店内奥に導かれ、促されるまま見るからに座り心地の良さそうな椅子に腰掛けます。明るい照明の下で自分の顔がはっきり見える鏡があるとソワソワしますね。

自分の顔が格好良く見える角度を探していたら、後ろから「今日は何をしたいですか?」と聞かれたので、予習しておいた中国語「我要剪加燙(カット+パーマをしたいです)」と答え、続けて「我想像他一樣(彼と同じ感じにしたい)」と言い、iPhoneに保存しておいたカットモデルの写真を見せました。(同じようになれないのは分かってるから大丈夫!)

担当の美容新さんが、僕とは顔の大きさの段階からベースが異なるイケメンが保存された僕のiPhoneを持って行き、他の美容師さんとゴニョゴニョ相談した後、いよいよカット開始です。カット前のシャンプーも初体験。人に頭洗ってもらうのって気持ちいいですね。

そういえば日本に住んでいた頃、美容院を見ては「あれ嫌だなー」いつも思っていた美容院特有の店内の様子が見れちゃうスケスケのガラス張りの壁ですが、台湾の美容院も日本と同様の仕様になっており、外を歩く通行人から中の様子は丸見えです。

ただ切ってもらい始めると案外気になりません。台湾の建物はスペースの問題で、大体がウナギの寝床みたいになっていて、客は奥の方に座ることになるので、通行人からほぼ見えないようになる可能性が高いです。

僕の母が現役だった頃はおそらく無かったであろう、パーマを掛けた人のための頭に被せる洗脳マシンみたいなのも初体験できて興奮しました。

昼ご飯の時間を跨いだら、なぜか担当の美容師さんが昼ご飯を買ってきてくれた

美容師さんが買ってきてくれた麺

今回11時位に美容院に入ったのですが、13時か14時あたりでパーマ駅を浸透させるため放置タイムに入った頃でしょうか、美容師さんが「お腹空いてたらご飯買ってくるけど、いる?」と突然な質問をしてきました。

少しお腹が空いていたのですが我慢できるぐらいだったし、美容院でご飯食べるのは他のお客さんに失礼じゃないか…と思ったので「あんまりお腹空いてないから要らないよ!」と言って断りました。

ですがしばらく経ったら、美容師さんが「ほんとはお腹空いてるでしょう?」と笑いながら、熱々のスープに入った麺を僕にくれました。無料サービスです。

日本もご飯の時間跨いだらこんなサービスあるんですか?いやー日本だと食べ物の匂いなどの問題で他のお客さんに迷惑ってことで無いだろうなぁ。

すごい嬉しかったけど、パーマ液が滴る頭部を気にしながら麺を啜るのはなかなかハードでしたね。ちなみに僕がご飯を食べていても他のお客さんは一切気にしていない様子だった。う~ん台湾。

さて料金は

さぁお腹も髪型もばっちり仕上がり会計です。外に書いてあった料金表だと、シャンプー(150元)・カット(300元~)・パーマ(1500元~)とありましたが(台北の美容院の相場は大体このくらいの値段)、果たしていくらになるのでしょうか。

学生という立場をフル活用するため、髪を切ってもらっている時に学割が有ることは確認済みなのですが、2000元くらい行くことは覚悟の上です。

どきどきしながら「多少錢(いくら?)」と尋ねると、シャンプーとカットとパーマ全て込みで1000元(約4000円)でした。安いですね。(ちなみに髪をカットしてもらってる時に「ついに1元(台湾ドル)=4円突破!」みたいなニュースが流れてきました。つらい。)

レシートを貰ってないので、学割が効いているのか、それとも初回サービスの料金なのか、内訳や料金に関する細かいことは分かりませんでした。

まさかのアフターフォロー

美容師さんとのLINEのやりとり

会計のとき名刺と割引券をくれたのですが、名刺に担当の美容師さんの個人LINEが書いてあって「今日のカットとパーマに何か問題あったら、いつでもここに連絡してね!」と言われました。

もちろんこのLINEで次回の予約も出来ちゃうので、次回の予約連絡の際「あんた誰だっけ?」ってならないよう「今日は格好良い髪型にしてくれてありがとうございました。」とお礼の連絡を入れてみたらそのまま雑談が始まり、台湾すごいなって改めて思いました。何だこの距離感。

日本の美容院行ったことないので毎回聞きますが、日本もこうなんですか!?いや「美容師がホットペッパーから女性客の個人情報を盗用しLineでナンパ」ってニュースあった限りそれは無さそうですね。

まとめ 日本人の僕からすると、台湾の美容院はやたら距離が近かった

さて、担当してくれた美容師さんとのLINEでのやりとりは、髪を切って1週間ほど経った今もなぜか続いております。

台湾人と接するといつも思うのは、初対面だったり会った回数が少なかったりしても、日本人同士とのやりとりと違い、精神的な距離を近づけてコミュニケーションを取るということです。

中国語は日本語のように堅苦しくないこともあり互いの関係が「人と人」になりやすいことや、日本では会って間もない頃に相手に深入りするような言動をとるとマナーの悪い奴(空気の読めない奴)と捉えられることが、台湾人の性質について感心する機会が多いことに繋がっているわけですね。

今回は、美容師と客という関係、それ以上にはならないと思っていた僕の美容院に対する先入観を、台湾の美容院に行ったらぶっ壊してもらい、台湾ならではの温もりを感じることが出来た。という話でした。

Advertisement

Advertisement

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

この記事を見ている人におすすめの記事

着なくなった衣類

台湾で必要なくなった洋服を捨てたい。そんな時は古着回収ボックスを利用しよう

最近、台湾から日本へ帰国するための準備をブガシャカ進めているナカジマチカ(@nakazimachica)です。 出来る限り物を減らして身軽に帰りたいわけですがその中でも特にかさばるのが洋服です。そして...

シャツの襟汚れを落とした後

クリーニング屋で働いていた僕が教えるシャツの襟汚れを落とす簡単な方法

いつものように着ようと思ったお気に入りのシャツの襟に、黄ばみや黒ずみなどの襟汚れがあることに気づいた時ってテンション下がりますよね。 今回は昔クリーニング屋で働いていた僕の経験をもとに、500円くらい...

交換が済んだ旧ガラス

台湾の時計屋「寶島鐘錶」で腕時計の盤面部分のガラス交換をしてみたらやっぱり激安だった

台湾で腕時計メンテナンスシリーズなのですが、今回は先月行った電池交換の時に続き、最近不注意で割ってしまった、もう1つの普段使い用腕時計の盤面部分のガラス交換をしてみました。 前回と同じく「寶島鐘錶」に...

寶島鐘錶の職人さん

腕時計の電池交換は台湾で!台湾で電池交換をしてみたら驚きの価格だった

日本で購入して持ってきた腕時計が、台湾に来て1ヶ月も経たないうちに電池が切れて瞬く間に単なるリストウェイトと化したんですが、皆さん腕時計の電池交換はどうしてらっしゃいますか? 自分で電池を買ってきて時...

淡水河

台湾で30歳を迎えるとは思っていなかった

というわけで最近30歳を迎えました。 21歳の時に30歳の方と少しだけ男女のお付き合いをしたことがあったんですが、もうあの年齢になったんだなーと今しがた思い出したところです。 身近に近い将来必ず通る年...

台湾人女性

日本人男性の僕が台湾人女性と何度かデートした経験をもとに台湾人女性の特徴を書いてみる

今回は台湾人女性の特徴について書きたいと思います。 と言うのもこれまで何度か台湾もしくは日本で台湾人女性と2人きりで遊びに行った経験がありまして、その彼女達と接した時に思ったことや日本人女性との違いな...

台湾人女性と台北市立動物園でデート

台湾に1年間住み台湾人女性約20人とデートしてみたら彼女たちの印象はどう変わったのか?見た目や性格・考え方などの特徴を改めて考えてみる

正の字引いて数えてたわけじゃないので正確な人数は覚えてないのですが、台湾留学時代にデートをした台湾人女性はおそらく20人位だと思います。 実は以前も同じように台湾人女性たちと接して思った彼女たちの特徴...

客観的な意見をくれるパートナー

どんな服を買っていいか分からない…。脱オタファッションをしたい人への3つのポイント

最初に申し上げますとこの記事では「こういう服を買うべき!」みたいな事は書きません。 なぜかと言うと、過去に「(ファッション面で)脱オタしたい。」という悩みを持つ人に対して、その周りの人が「これを買うべ...

プロフィール

ナカジマチカ

名前:ナカジマチカ
1985年生まれ31歳。横浜出身。東京でサラリーマンとして約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強。現在は台湾を拠点にフリーランスとして働きながら時々他の国を旅行したりしつつ、台湾に生まれてたら納豆絶対食べないわとか考えたりして生きています。
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する
台湾華語(中国語)を無料で学習できるWebサイトやiPhoneアプリ!日本で台湾華語を独学しよう
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
全て実践済み!台湾人女性と知り合う方法を5つ教える
香港国際空港のインタウン・チェックインを利用して、香港旅行最終日を身軽な身体で楽しもう!
日本人男性の僕が台湾人女性と何度かデートした経験をもとに台湾人女性の特徴を書いてみる

サイト内検索