1. 初めてのドキドキ台湾お宅訪問。日本人ひとりで参加者全員が台湾人のBBQパーティーに参加してきた

2015.10.232015.10.27

初めてのドキドキ台湾お宅訪問。日本人ひとりで参加者全員が台湾人のBBQパーティーに参加してきた

カテゴリー

台湾台湾生活記

タグ

たまには日記みたいなのを書いてもいいんじゃないかなってことで、今回は台湾人の友人のお姉さんの家で開催されたBBQパーティーに日本人ひとりで緊張しながら参加してきた話を書きたいと思います。

BBQというと台湾では中秋節に烤肉(BBQ)をやる習慣があるので、その中秋節の時の様子を書いた記事かなと思われたかもしれませんが、このBBQパーティーは10月10日の国慶日(台湾の建国記念日)に行われたものです。

というのも「あー中秋節、結局台湾らしいこと何もやらなかったなぁ…」と思っていたところへ台湾人の友人が「中秋節でやらなかった分のBBQをお姉ちゃんの家でやるから参加しない?」と誘ってくれたのが始まりでした。ではではご覧ください。

はじめに今回の参加者を詳しく紹介しとくとこんな感じ

BBQパーティーに集まったメンバー

  1. 友人(3姉妹の末っ子)
  2. 一番上の姉
  3. 一番上の姉彼氏
  4. 真ん中の姉
  5. 真ん中の姉旦那
  6. 真ん中の姉子供
  7. 真ん中の姉の元クラスメイトA
  8. 真ん中の姉の元クラスメイトAの旦那?
  9. 真ん中の姉の元クラスメイトB?
  10. 真ん中の姉の元クラスメイトBの旦那?
  11. 真ん中の姉の元クラスメイトC?
  12. 真ん中の姉の元クラスメイトCの旦那?
  13. 真ん中の姉の元クラスメイトD?
  14. 真ん中の姉の元クラスメイトE?
  15. 真ん中の姉の元クラスメイトF?

真ん中の姉の元クラスメイトA以降、キングスライムが生成されそうなくらい適当なんですが、僕を誘った友人ですら誰が誰なのか把握出来ていない状態なのでお許しください。

と、台湾人総勢15名が集まる中、日本人ぼく1人です。僕以外日本語喋れません。語学センターに通い始めた頃クラスメイトがみんな英語で会話し出した記憶が蘇りムズムズしてました。

BBQパーティーはじまるよ

BBQコンロ準備中

まず最初に友人と駅で待ち合わせをして、原付に乗せてもらって一緒に姉夫婦の家へ向かったんですが着いた時は準備真っ最中。

ウロウロして見てるだけだとつまらないし、外国人だからって感じでゲストみたいな扱いもされたくないので、何か手伝えることはないか聞いて僕も一緒に準備をするところから参加しました。

焼き物の準備

最初は「コンロの火を起こしてくれ!」って言われたんですが、「起こせない」と言ったら火も起こせない小僧は奥へ引っ込んでな!と言われたので(誇張)、その後はキッチンでひたすら椎茸を串刺しにする作業を続け、パーティーに参加してる感を演出していました。

ちなみにこの頑張って串を刺した椎茸たちは結局アルミホイル焼きにされることになり焼く直前で串から外されバラバラにされます。3マス戻る。

火起こし完了

焼く食材の準備があらかた終わったと同時にBBQコンロの準備も完了。火起こしの様子を少し観察してたんですが炭の火付けの際ドライヤーを使って風を送ったりしてました。なるほど。

後から思ったんですが10人以上食べる人がいるのにこのサイズのBBQコンロは少し頼りないですよね。多分2~3人用でしょう。中秋節の時も大人数に対してちまっとしたBBQコンロで焼き肉というアンバランスをかなり見かけました。

焼けた豚肉

肉、第一陣参りました。

食パンに肉を挟んで食べるのが台湾スタイル

「食パンの上にこの豚肉を乗せて食べるのが台湾スタイルやで。」と教えてもらう。

その他の食材

続々と焼けていく食材。日本と比べるとピーマンやトウモロコシ、にんじん、キャベツとかは焼かないので若干彩りが寂しい。

友人のお姉さん手作りスープ

友人のお姉さん手作りスープを頂きました。正直に言うとマジすみません味が無い。台湾に住んでいると汁物を飲んだ時に、たまに粒上の鰹だしを追加で入れた上で再煮沸かけたくなります。

虫を踏み潰す台湾人女性達

虫が出たら女性陣は我先にと自らの足で踏み潰しにいきます。

台湾男性陣はひたすら縁の下を支える存在で黙々と各自の仕事をこなしていました。みんな腰が低く優しいです。日本のおじさんにありがちな「ほら、飲め飲めーい!」みたいな下品なノリは一切ありません。そもそも若い人は酒自体飲まない。

暗くなってきてからが本番のBBQ

暗くなってきたので電球を傍にあった自転車に括りつけてBBQは第2フェーズに突入。更に焼き続けます。このあたりの道は街頭が少なくてちょっと暗いです。

台湾の家の造り

外から家の様子を見るとこんな感じ。こちらの家の造りはまず道路に面したところに鉄の扉があり、その中に洗濯物を干すエリアがあり(日本でいう庭と玄関を兼ねているところ?)、そこを通り抜けると室内に入る玄関扉があります。

玄関扉を開けてすぐのところ

ここが玄関扉を開けてすぐのところ。日本みたいに段差はありません。扇風機が置いてあるのは家の中が炭臭くならないよう外に向けて回している様子です。

焼くのを手伝う僕

食材が2/3くらい無くなったところで僕も焼くの手伝いました。実際は喋ってばかりで「口と同時に手を動かせ!」と友人に何度も叱られています。

僕の対面に座ってた南部出身のおばちゃんが面白くてずっと台湾語を教えてもらってました。南部の人はノリがラテン系ですよね。

消火作業

焼く物がなくなりみんなお腹いっぱいになって、あっという間にお開きです。

お掃除

準備もそうだったけど最後も一丸となってお片づけ。コンロを置いていた道路を掃除する時、普通にデッキブラシが出てきて台湾っぽいと思ってしまった。

友人姉夫婦の子ども

友人姉夫婦のお子さん(1歳3ヶ月)。台湾人はみんな子供大好き。接し慣れているというかなんというか。

中国語は大人が小さい子相手に話す赤ちゃん言葉みたいなものが殆ど無いのが個人的には好きです。喋るならちゃんとした言葉教えれば良いのにって日本にいる時はいつも思ってました。

僕は日本代表として、まだ言葉が喋れない子を相手に動物の名前を日本語で教え込みました。女の子なので18年後が楽しみですね!

新婚家庭の部屋の扉

ここで少しだけお宅探検。今日お邪魔させてもらったお宅の友人姉夫婦は昨年に結婚されたそうで新婚さんです。台湾の新婚の家庭では各部屋の扉にこういうのを貼るらしいですよ。へー。(興味は廊下の壁に掛けてあった実物と差が激しい結婚式写真に移っている。)

台湾のBBQパーティーに参加してみて

BBQの様子

今から大体10ヶ月前、台湾に住み始める前の日本にいた頃の話です。僕は「台湾に住んだらやってみたい事リスト」というものを作りました。

台湾の文化をより深く知ることを目標に作った、おそらく自発的に動かないと達成出来そうにないハードル高めの所謂Todoリストなんですが、実は今回の「台湾の家庭でBBQ」がそのリストのうちのひとつでした。無事達成できて嬉しいです。

実際参加してみた感想としては日本より人間関係の広がりがスピーディーだなぁという印象をひたすら受けました。(不明確だけど)友人の姉の元クラスメイトの旦那さんとか日本での交流の範囲だったら絶対知り合うことのない繋がりです。

また今回は上で紹介した小さなお子さんの他に、もう生まれる寸前くらいの妊婦の方も参加していたのですが、妊婦が座りやすい椅子の高さまで配慮したりして、細かいところまで皆サポートが完璧でした。

人同士の繋がりが日本に比べて濃い分、年齢は勿論、様々な状況の人への接し方に慣れている印象があります。

台湾人に「日本に1年近く帰らない予定なんだよね?帰りたくならないの?」聞かれると、いつも「いや全く考えたこと無い。」と答えるくらい家族・親戚との関係が希薄な自分としては新鮮さをギュッと集めたような体験でした。

Advertisement

Advertisement

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

この記事を見ている人におすすめの記事

日式涮涮鍋

台湾での外食生活で不足しがちな野菜を食べるならこのお店!野菜も摂れてお腹いっぱい安く食べられる台湾の飲食店4つ

さてさて台湾に移住してからというものの、日本で一人暮らしをしていた頃は徹底した自炊生活を行っていた僕も、今では完全に食事は外食だけになってしまいました。家にあるキッチン雑貨は飲料を注ぐためのコップくら...

並べられたカットフルーツ

フルーツ盛り合わせが200円!ビタミンが足りない台湾師範大学の学生はMRT古亭駅近くにある「古亭水果吧」で摂取するといいかも

台湾で生活を始めてから肉や米、麺が中心の食生活になってしまい、尚且つそいつらは大体油っこいときてるので、日本人なら日本で生野菜をかじっていたフレッシュな私を取り戻したいと思う方もきっと多いんじゃないで...

タレをつけた水餃子

日本人も絶対好きになる味!チェーン店だけど安くて美味しい台湾の餃子専門店「八方雲集」を紹介するよ

はい、元から餃子はご飯と一緒に食べなくても別にいいかな派のナカジマチカ(@nakazimachica)です。 台湾に来てから餃子は主食というその絶対的な何かはますます加速していく一方です。コーンスープ...

ビュッフェ02

台湾のベジタリアン料理が旨すぎなので、僕がよく行く「全國食養健康素食」を紹介してみるよ

台湾に来てから日本ではあまり出会う機会のないベジタリアン(菜食主義)の台湾人に、割とカジュアルに出会うようになりました。 その理由としては、本来宗教的な理由から食べられていた精進料理が、健康志向の高ま...

台湾で生活用品が売られているお店

これから台湾で生活する綺麗好きな人は必見!!台湾での生活をより健やかにしてくれる日本から持っていくべきアイテム8選+α

清潔感というキーワードに関して非常に敏感な日本で育った僕は、もれなく綺麗好きに育ちました。何事も綺麗に保たれていると精神的にも健やかな生活を送ることができますよね。 そこで今回は台湾移住にあたり、SI...

プロフィール

ナカジマチカ

名前:ナカジマチカ
1985年生まれ31歳。横浜出身。東京でサラリーマンとして約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強。現在は台湾を拠点にフリーランスとして働きながら時々他の国を旅行したりしつつ、台湾に生まれてたら納豆絶対食べないわとか考えたりして生きています。
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook

今週の人気記事Top10

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介。台湾旅行者でも日本から登録しておけば台湾現地で即使用可能
台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法
台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)
台北駅から平渓や十分への行き方を紹介。老街が点在する平渓線で1日遊ぼう!
結局日本人は台湾でモテるのか?台湾に1年間住んで感じたことをありのままに書いてみる
台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する
香港国際空港のインタウン・チェックインを利用して、香港旅行最終日を身軽な身体で楽しもう!
台湾華語(中国語)を無料で学習できるWebサイトやiPhoneアプリ!日本で台湾華語を独学しよう
中華電信のSIMカードを日本から予めオンライン予約しておき台湾旅行初日に空港で受け取る方法
全て実践済み!台湾人女性と知り合う方法を5つ教える

サイト内検索