1. 主要コミュニケーションアプリの通信費が無料!台湾でFREETEL「Prepaid Data SIM for Japan」を買って日本で使ってみた

2017.05.28

主要コミュニケーションアプリの通信費が無料!台湾でFREETEL「Prepaid Data SIM for Japan」を買って日本で使ってみた

カテゴリー

台湾台湾生活記

僕は現在台湾で生活していて時々日本へ帰るのですが、今までは比較的短い期間の帰国だったので、8日間利用できるWi-Ho!の日本卡というプリペイドSIMカードを買っていました。

ですが今回は少し長めの帰国をしたので、30日間使えるFREETELのPrepaid Data SIM for JapanというプリペイドSIMカードを台湾で購入して日本で使ってみました。

というわけで「Prepaid Data SIM for Japan」の空港での購入の流れと設定方法などを紹介していきます。どうぞご覧ください。

Advertisement

「Prepaid Data SIM for Japan」の概要

FREETELのPrepaid Data SIM for Japan

販売価格799元(約2,956円)※台湾で購入する場合のセール時
利用可能期間30日間
データ容量3GB
その他登録作業不要、LINE・カカオトーク・WeChat・WhatsApp・Facebookの通信費無料、日本で追加チャージ可能(500MB/980円)

このように半年に1回くらい日本に帰って1ヶ月くらい滞在する、とりあえずネットが使えればいい人には非常に都合の良いSIMカードです。

ですが3ヶ月に1度以上のペースで日本へ帰る状態にあり、SIMフリーのスマホを使っていてSNSをよく利用する人は、カウントフリー(LINE+主要SNSのデータ通信量が無料)などのあるLINEモバイル等の格安SIMを契約した方が安上がりになるでしょう。

ちなみにこのSIMカード「Prepaid Data SIM for Japan」の販売価格は日本で購入した場合は3,980円なので台湾で購入すると少し安くなります

また、LINE・カカオトーク・WeChat・WhatsApp・Facebookといった台湾でよく使われているコミュニケーションアプリ利用は通信費が無料となります。

購入場所と購入方法

桃園空港の第1ターミナル出発ロビー3階にあるWi-Ho!の自動販売機

今回は桃園空港の第1ターミナル・出発ロビー3Fに設置してある自動販売機で購入しました。その他購入場所についてはWi-Ho!のサイトをご覧ください。

購入の流れと紙幣投入口

最初にお金を入れます(100元札のみ利用可)。

商品棚

こちらの横のボタンを押すと商品が格納されているトレイが開きますので取り出しましょう。お釣りの1元を取り忘れないように。

設定方法

端末にSIMカードをセット

SIMカード nano

まずはSIMカードを利用する端末にセットします。nanoがデフォルトのサイズとして用意されています。

SIMアダプター

nano以外のサイズで使いたい場合は、同梱されているSIMアダプターを使用しましょう。

SIMピン

パッケージの中にはSIMカードのスロットを開けるためのピンも付属されています。

APN設定

iPhoneの場合、既にインストールされている構成プロファイルがある場合は「設定」→「一般」→「プロファイル」→プロファイル名 とタップしていき「プロファイルを削除」を行います。

FREETELの構成プロファイル

そしてhttps://www.freetel.jp/fs.mobileconfigにアクセスして構成プロファイルを本体にインストールします。(Androidの場合はAPN設定ページのAndroid端末をご利用の方をご覧ください。)

最後に念のため端末を再起動して設定終了。これで準備は完了です。台湾などの他の国にいる場合は日本に到着したら使用できるようになります。

残りデータ通信量の確認方法

FREETEL ユーザーポータルページ

ユーザーポータルページにアクセスして、SIMを購入した時のパッケージの裏面に書いてある「電話番号」と「SIM製造番号」を入力してログインします。

残りデータ通信量確認画面

「残りデータ通信量」のところから確認できます。

※1元=3.7円で計算(2017年5月28日現在)

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

Wi-Ho!のプリペイドSIMカード自動販売機

台湾から日本へ一時期帰国する際に台湾で売られている日本用のWi-Ho!プリペイドSIMカード「日本SIM卡」を買って試してみた

僕は台湾で暮らしていて時々短期で日本へ帰ったりするのですが、日本で契約している回線が無いので毎回プリペイドSIMカードを購入し、SIMフリーのスマホに挿すことでネットを利用しています。 日本に着いてか...

csl Discover Hong Kong Tourist SIM Card

香港国際空港でcslのSIMカードを購入して使ってみた。買い方と設定方法を紹介

先日香港を旅行してきたのですが、その際に香港現地で購入したプリペイドSIMカードを初めて使用してみました。 使用するプリペイドSIMカードを旅行前に色々と調べて検討してみたところ、比較的手に入れやすく...

mobifoneのSIMカード台紙

ベトナム・ノイバイ空港で「mobifone」のプリペイドSIMカードを購入してネット接続してみた

先日ベトナムのハノイへ行ってきたのですが、ハノイにあるノイバイ空港にてプリペイドSIMカードを購入してインターネットをしてみました。 そこで今回はベトナム・ノイバイ空港でのプリペイドSIMカードの購入...

プリペイドSIMカードにチャージ

台湾大哥大(台湾モバイル)のSIMカードをオンラインチャージ・有効期限を延長する方法

台湾を訪れてプリペイドSIMカードを購入したことがある方は、また台湾へ行った際にそのSIMカードを再利用してネットに繋ぐことが出来るのか、それともまた新しいSIMカードを買い直す必要があるのか?と疑問...

台湾大哥大 公式サイト トップページ01

台湾大哥大(台湾モバイル)の会員登録方法を紹介

台湾大哥大のプリペイドSIMカードは会員登録をしなくてもパスポート番号と電話番号さえあれば公式サイトからオンラインチャージなどが出来るようになっていて、台湾でネットを使うための基本的な部分に関しては特...

中華電信のSIMカード

中華電信のSIMカードを日本から予めオンライン予約しておき台湾旅行初日に空港で受け取る方法

台湾旅行等でスマホでインターネットを使いたい場合は、Wi-Fiルーターを借りていく、海外パケットサービスを利用する等の方法がありますが、最も安く済むのは台湾現地でプリペイドSIMカードを購入して使う方...

EG SIMのパッケージ

韓国旅行ならSIMカードは「EG SIM」で決まり!買い方から設定方法を紹介

先日、羽田空港から金浦国際空港へ飛び、韓国のソウル市内を観光してきました。 海外へ行ったら兎にも角にもまずはインターネットと繋がってないと何も始まらないので、今回は韓国でサービスを展開しているエバーグ...

中国联通のSIMカード

中国・広州白雲国際空港でプリペイドSIMカードを購入してみた。販売場所や買い方を紹介

最近はよっぽどのことがない限り海外へ行く時は現地キャリアのSIMカードを購入してスマホでインターネットを楽しんでいます。 少し前に台湾の桃園空港から2時間ほどで行ける中国の広州へふらっと遊びに行ってき...

ツーリストSIM「TrueMove H」のパッケージ

タイ(バンコク)のドンムアン空港でSIMカード「TrueMove H」を買って試してみた

今回はタイのバンコクを中心に旅行してきまして、その際タイの通信事業Trueが販売する「TrueMove H」というツーリストsimカードを現地で購入し、自分のiPhoneに挿れて使ってみました。 とい...

台湾大哥大のカウンター

桃園国際空港で台湾大哥大(台湾モバイル)のSIMカードを購入する流れを紹介。僕が空港で台湾大哥大のSIMカードを買うのをお勧めする理由

普段台湾でスマホを使う際は、台湾大哥大のプリペイドSIMカードを使ってネットに繋いでいるのですが、実は最近まで3G回線のSIMカードしか所持しておらず、4G回線が主流となった今なら4Gの方がそりゃ良い...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook