1. 阜杭豆漿が大行列? それならすぐ近くにある「Cube Branch.」がオススメだよ

2016.12.252017.10.29

阜杭豆漿が大行列? それならすぐ近くにある「Cube Branch.」がオススメだよ

阜杭豆漿というお店をご存知でしょうか。おそらく台北へ来たことがある人なら一度は耳にしたことがあると思いますが、地元台湾人から海外から来た観光客までとにかく沢山の人が朝ご飯を買い求めにやってくる有名店です。

ですがやはり人気店だけあって定休日の月曜日以外は、お店の前からお店のある建物の外まで続く長い行列を形成することでも有名です。

人によってはスケジュールの関係で諦めてそこを離れてしまうかもしれません。けどちょっと待ってください…!実はこの阜杭豆漿のすぐ近くにその場をすぐ離れてしまうには勿体無い良店があるんです。

というわけで今回はそのお勧めしたいお店『Cube Branch.』を紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

オススメの「Cube Branch.」がある場所

MRT善導寺駅5番出口

MRTに乗っていく場合は台北駅の隣の善導寺駅の5番出口から出ればすぐそこです。

華山市場

華山市場という建物の2階にあります。

阜杭豆漿は混みすぎ

阜杭豆漿の行列

と、本題へいく前になにやら気になる列がありますね。建物を囲むようにして並んでいる人々。この行列の先頭を追いかけていくと…

阜杭豆漿店頭

そう、ここが日本人にも非常に有名な朝ご飯屋さん『阜杭豆漿』です。先程の行列はこちらのお店から始まっています。しかしこれは普通に並んだら食べ物にありつけるまで30分以上は掛かりそうですよね。

空いている時間は平日の開店直後か11時半過ぎ

阜杭豆漿の朝ご飯

それでも阜杭豆漿でどうしても食べたいという場合は、平日の開店直後の5時半か11時半過ぎに行きましょう。

11時半過ぎだと閉店時間(12時半)ギリギリとなってしまいますが、閉店後も食べるエリアは開放されているので注文さえ済ませてしまえば問題はありません。

阜杭豆漿がある場所には別の選択肢もあります

しかしこれだけ人がいると並ぶ気が正直失せますよね。そこでちょっと、阜杭豆漿があるフロアを見渡してみましょう。

華山市場のフードコート

ご覧のようにこちらのフロアは華山市場のフードコート(美食街生活廣場)のようになっており、他にも食事ができるお店がいくつかあります。

Cube Branch.

というわけでようやく本題に辿り着きました。今回冒頭で書いた通り、こちらのフードコートにあるお店の中で僕のオススメ『Cube Branch.』を紹介していきます。

「Cube Branch.」での注文方法

華山市場のフードコートの席

まずは席を確保しましょう。かなり混み合っているので到着したばかりの人は、「繁忙期のディズニーランドのレストランかな?」と思ってしまうくらい、皆目をギラギラさせながら同じように席を探しています。

物を置いておいてもパワーがある人にどかされてしまうことがあるので、連れがいる人は席をしっかり確保して貰っておくのをお勧めします。(僕は過去に一度、傘を置いておいた席から少し離れている間に、その傘をどかされて座られたことがあります。)

注文表

次に店頭にある注文表と鉛筆を自分で取り、食べたいものにチェックを入れます。

整理券

再度お店へ行き店員さんに注文表を渡してお会計を済ませ、店員さんから整理券を受取ります。

cubebranch_11

店頭にあるモニターに自分の番号が表示されたら、自分の注文した物を取りに行きます。

いただきます

雞肉木盆沙拉(チキンサラダボウル)

今回は『雞肉木盆沙拉(チキンサラダボウル)』150元(約555円)を注文してみました。サラダだからと言って甘く見て食べ始めると、後々かなりの量があることを思い知らされるので、少食の方は2人でシェアするくらいで丁度良い量だと思います。

生野菜がたっぷり

台湾では生野菜がたっぷり摂れるお店が非常に少ないので、ここCube Branch.は貴重すぎる存在です。台湾でずっと生活しているとやっぱり生野菜のサラダが恋しくなる時があるんですよね。

パニーニのセット

こちらは別の日に食べた『帕尼尼(パニーニ)』のセット。この時は紅茶も追加して合計145元(約536円)でした。サラダボウルかパニーニを頼む場合は、飲み物も一緒に頼むと飲み物の代金が20元引きになります。

最後に

華山市場のフードコートの食事をする人々

このように『Cube Branch.』は150元(約555円)前後でサラダを中心とした健康的で美味しい洋食をお腹いっぱい食べられるお店です。

もしお目当ての阜杭豆漿が凄い行列でもガッカリせず、すぐ近くにとても良いお店があることを心に留めておき、機会があればCube Branch.でも食事をしてみてください。

店舗情報

丘比手作土司早午餐 Cube Brunch

台北市中正區忠孝東路一段108號地図(Googleマップ)で見る

営業時間/09:30〜14:00

定休日/火曜日

https://www.facebook.com/cubebrunch/

※1元=3.7円で計算(2017年10月27日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

フルーツジュースの材料

厳選4店舗! 台北で濃厚生搾りフルーツジュースが飲めるドリンクスタンド

僕は日本の実家に帰ると自家製ジュースを作る習慣があるのですが、そんな僕が台湾にある好きな物のひとつに、フルーツをその場でミキサーにかけて作る新鮮なフルーツジュースがあります。 台湾に住み始める前は、そ...

お皿に持った黒落花生

ちょっと変わった台湾土産にどうぞ。 迪化街で「黒落花生(黒ピーナッツ)」を買ってみた

みなさんは黒い落花生があるのはご存知でしょうか? もともとは中国から伝わった品種で、日本の国内産落花生の約7割を生産している千葉県では希少な落花生として生産されているそうです。 実はその日本国内では貴...

PIER5のお店

開放的な席で水辺の風景を眺めながらお酒を愉しめる河岸コンテナマーケット。「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」に行ってみた

ども、最近蒸し暑い日が続く台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。 今回はそんな暑い日にぴったりのなかなかお洒落な台北の遊び場を見つけたので早速行ってまいりました。 信義区を...

注文表兼メニュー

台湾のレストランでメニューを見てもどんな料理か想像できない! そんな時はGoogle翻訳を活用して料理名を検索してみよう

台湾のローカルレストランって写真付きのメニューって少ないですよね。だから台湾のレストランに入って想像で適当に頼んでみたら全部ご飯物が出てきちゃったり、全部スープものが出てきちゃった経験はありませんか!...

日式涮涮鍋

台湾での外食生活で不足しがちな野菜を食べるならこのお店! 野菜もしっかり摂れてお腹いっぱい食べられる台湾のおすすめ飲食店4つ

さて台湾に移住してからというものの、日本で一人暮らしをしていた頃は徹底した自炊生活を行っていた僕も、今では食事は完全に外食だけになってしまいました。家にあるキッチン雑貨は飲み物用のコップくらいしかあり...

黒パイナップルケーキを2つに割った状態

普通の台湾パイナップルケーキに飽きた人へ。黒×黄のコントラストが美しい高女婿の黒パイナップルケーキをお土産に買ってみた

日本人の間で知られている台湾の定番土産と言えば『鳳梨酥(パイナップルケーキ)』ですが、あまりに定番すぎるので誰かに買っていくと「実は何回か貰ったことある」なんて告白されたりして軽く傷つくこともあります...

至誠路二段側へ階段

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。 今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみ...

台湾の夜市

台湾の夜市の屋台や飲食店での注文方法を紹介。台湾でご飯を食べる時に役立つ中国語フレーズまとめ

みなさん、台湾のご飯を楽しんでますか? 台湾と言えばやはり台湾グルメということで、台湾へ旅行などで来た際は自分の食べたいものを存分に楽しみたいですよね。 そこで今回は、台湾の屋台(飲食店)における流れ...

ガラスケースの中に入った食材

台湾お馴染みのB級グルメ「滷味(ルーウェイ)」の購入方法を紹介

みなさんは台湾の路上や夜市などで台湾人がザルとトングを構え、店頭に並べられた茶色っぽい物体を熱心に選んでいる様子を見かけた経験はないでしょうか? それはおそらく台湾でスタンダードなB級グルメとして愛さ...

並べられたカットフルーツ

フルーツ盛り合わせが200円! ビタミンが足りない台湾師範大学の学生はMRT古亭駅近くにある「古亭水果吧」で摂取するといいかも

台湾で生活を始めてから肉や米、麺が中心の食生活になってしまい、尚且つそいつらは大体油っこいときてるので、日本人なら日本で生野菜をかじっていたフレッシュな私を取り戻したいと思う方もきっと多いんじゃないで...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook