1. 台湾生活中の運動不足やリフレッシュに。運動中心(スポーツセンター)でプールとサウナを利用してみた

2017.06.112017.11.25

台湾生活中の運動不足やリフレッシュに。運動中心(スポーツセンター)でプールとサウナを利用してみた

ども、台湾で生活を始め30を超えてからやたらと健康に気を遣いだし、適度に身体を動かすことを意識し始めたナカジマチカ(@nakazimachica)です。

僕はフリーランスで生活していることもあり比較的時間に融通が効くので、空いた時間に街を散歩するなどして運動不足を解消しているつもりなのですが、ただ黙々と歩くだけの運動にもそろそろ飽きてきた。

そこで運動にバリエーションを持たせるのを第一目的として、台湾の各地にある運動中心(スポーツセンター)を利用して、健康効果やダイエットなどで名高い水泳をしにいってみました。

今回はその運動中心(スポーツセンター)で泳ぐためのプール利用方法などを紹介していきたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

運動中心(スポーツセンター)の場所

萬華運動中心

台北市には運動中心(スポーツセンター)がいくつかあるのですが、今回は西門町の近くにある比較的新しい萬華運動中心へ行ってみました。

スポーツセンターなのでプールだけではなく、室内スポーツを始めとしてボルダリングやシミュレーションゴルフなども楽しめるようになっています。

プールの利用方法

受付

まずは入口すぐ側の受付で「游泳,單次票(ヨウヨン、ダンツーピァオ)」と言い、プール利用券を購入します。

プール利用券

プールの利用は1回110元(約407円)です。学生証を提示すれば更にお得になり80元(約296円)でプールが利用できます。そして営業時間内なら何時間でも利用可能。

スポーツ用品売り場

プール利用時は水着とスイムキャップが必要なので、持っていない方は受付の近くにある売店で購入しましょう。スイミングゴーグルもあるのでしっかり泳ぎたい人は買っておくと便利です。

プール(游泳池)に続く道

奥の「游泳池」の案内がある方向へ進み、先程のプール利用券に付いているQRコードをリーダーにかざして中へ入ります。

靴棚

そこから先は男女別に分かれています。まずは靴を靴棚に入れましょう。

コインロッカーと荷物棚

靴を置いて先に進むと、右側の緑のロッカーが貴重品を入れるコインロッカーで、左側のグレーの棚が服や荷物を置いておく荷物棚になっています。

お手洗い・シャワーエリア

着替えて貴重品をコインロッカーに預けたらお手洗いやシャワーエリアを通り抜けて先に進みます。

ただ貴重品を始めとした私物は温泉の時と同じで、バッグ等に入れてプールエリアまで持ち込んでも問題ありません。台湾人はそうやって自分の目の届く範囲に置いて管理する人が多いです。

地下のプールへ続く階段

プールは地下1階にあるので階段を下っていきます。プールエリアに到着したら入口にあるシャワーで身体を流すことでプールに入れます。

プールエリアにある設備の簡単な紹介

水泳の大会のポスター

プールエリアは撮影が禁止なので文字だけになってしまうのですが、利用できる主な設備としては下記のようになっています。

  • 25mプール(自由に泳いだりウォーキングできるレーン、ゆっくり泳ぐ用のレーン、泳ぐのが速い人用のレーン有り)
    平日の人が少ない時間はレーンのルール関係なしに皆泳いでいる。
  • 子供用プール
    浅めの池のような形をしたプール。大人が泳ぎの練習に利用する様子も見られた。
  • SPAプール
    温度が高めに設定されていて温泉のように楽しめる。ジェットバス・滝なども有り。高齢者の利用が多め。
  • サウナ、スチームサウナ
    男女別に2つずつ用意。

また水飲み場やお手洗い、ベンチもあるので休憩しながら長時間利用することができるようになっています。

プールで泳ぐ際のドレスコードについて

プールで泳ぐ際のドレスコードに関する注意書き

プールに入る際は上述のようにスイムキャップの着用が必須です。また水着はプール用の水着を着用する必要があります。つまり海などで着る多少デザインが遊んじゃってる水着は駄目ってことでしょうか。

僕は小学生が穿くような紺色のスタンダードなスク水を持参していったので何も言われませんでしたが、年配の方などは結構派手なデザインのビキニを着たり柄パンを履いていたりしていたので、実はそこまで厳しくはないと思います。

最後に

5,6年ぶりにプールで泳ぎましたが気持ちよかったですね(若い女の子の客が沢山いればもっと最高でした)。

台湾旅行中に行かれる方は少ないと思いますが、台湾で生活されている方はこれから本格的に暑くなってくるので、水に浸かってリフレッシュしたくなったら是非利用してみてください。

※1元=3.7円で計算(2017年6月11日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

.TPE-Free AD WiFiロゴ

事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説

台湾を旅行する際、どうするか迷うことの1つとして挙がってくるのがインターネット環境です。そして台湾・台北へ旅行にいらっしゃる方に朗報です。 現在台北では、台北を旅行する多くの方がメイン交通機関として利...

益品書屋店内07

本を売らない本屋さん。上質な空間で寛ぎながら本を読むことができる台湾の本屋「益品書屋」を紹介

年末に差しかかり台北も冬を感じる日が多くなってきました。夏が終わると一瞬で秋から冬へと切り替わるのは台北のいつもの流れですね。日本の冬と違い雨もよく振るのでこの季節は外に出るのが億劫になります。 そん...

基隆駅近くの国光客運バスターミナル

台北から基隆(キールン)へバスで行く方法

先日台北から基隆(キールン)へ遊びに行ってきました。基隆は台湾北部にある港町で、日が暮れると基隆廟口夜市という比較的大きな夜市が盛り上がる場所です。 台北駅から基隆へのアクセスは台鉄で行く方法もありま...

お皿に持った黒落花生

ちょっと変わった台湾土産にどうぞ。 迪化街で「黒落花生(黒ピーナッツ)」を買ってみた

みなさんは黒い落花生があるのはご存知でしょうか? もともとは中国から伝わった品種で、日本の国内産落花生の約7割を生産している千葉県では希少な落花生として生産されているそうです。 実はその日本国内では貴...

至誠路二段側へ階段

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。 今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみ...

PIER5のお店

開放的な席で水辺の風景を眺めながらお酒を愉しめる河岸コンテナマーケット。「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」に行ってみた

ども、最近蒸し暑い日が続く台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。 今回はそんな暑い日にぴったりのなかなかお洒落な台北の遊び場を見つけたので早速行ってまいりました。 信義区を...

カラフルな傘のパブリックアート01

傘が開いていたらラッキー? 新北市板橋区にある複合アートスペース「板橋435藝文特區」に行ってみた

台湾の新北市板橋区にある「板橋435藝文特區」という場所を最近訪れたのですが、そこで展開されていたパブリックアートがなかなか素敵だったんですよね。 というわけで今回は板橋435藝文特區のアクセス方法や...

バス車内

台湾(台北)のバスの乗り方を解説。台湾のバスを制するものは台湾の交通を制す!

僕が住んでいる台北には様々な交通機関があります。台湾に住み始めてからMRT、火車、高鐡(新幹線)、YouBikeと様々な乗り物を利用してきましたが、なんとなく敬遠してきた乗り物がありました。そう……バ...

湯船

台湾で貸切個室温泉を日帰りで楽しもう。烏来(ウーライ)にある温泉民宿の利用方法や様子を紹介

日本で貸切個室温泉を楽しもうと思ったら、大体の人は車や電車などで何時間かかけて温泉地へ行き、決して安くない値段の個室温泉付き旅館やホテルに宿泊する必要がありますよね。 ところが日本各地から飛行機が飛ん...

華新街(ミャンマー人街)

台湾で普段お目にかかれないグルメを求め、台北のミャンマー人街を訪れてみた

ども台湾を拠点に時々東南アジアの国々を旅行しているナカジマチカ(@nakazimachica)です。 東南アジアの国々にあるもので僕が特に好きなのが現地にある所謂“東南アジアグルメ”と呼ばれる料理で、...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook