1. 台北・迪化街(ディーホアジエ)の場所と行き方を解説

2018.02.112018.09.01 Update

台北・迪化街(ディーホアジエ)の場所と行き方を解説

ども台湾の台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。僕はたまに家から近い迪化街(ディーホアジエ)へふらっと遊びに行くことがあります。

そこで気付いたのですが最近その迪化街の様子が少しずつ変わってきました。お洒落なお店が増えてそれに伴い観光客(特に日本人)も増えたような気がします。

今回はこれから迪化街へ行かれる皆さんのために、迪化街の場所やアクセス方法を紹介するとともに、台北に住んでいる人間の視点から見てどうやって行くのがオススメか考えてみました。どうぞご覧ください。

Advertisement

目次

迪化街(ディーホアジエ)とは?

迪化街の入口

その歴史は1850年代から始まり、当時は台湾の北から南にある重要な物や茶葉、漢方などが集まる場所で商圏としてかつて台湾で最も栄えたエリアのひとつです。台北市内では最も古い老街とされています。

現在は、街並みや商店に当時の名残をとどめつつも現代要素を少しずつ取り込み、お洒落な雑貨屋やカフェ、レストラン、バーなどなどがオープンしはじめ、お土産向きの商品も多くあることから台北の人気観光スポットのひとつになりつつあります。

また、旧正月前の期間は「迪化年貨大街」というイベントが開催され、国内外から多くの人が足を運ぶので活気づきます。

迪化街の場所

迪化街は淡水線中山駅から民權西路駅を結ぶ一帯から淡水川方面(西)に行くとあります。

迪化街へのアクセス方法4つ

台北駅から出発する場合を想定したアクセス方法を4つ紹介します。

1. 徒歩のみ

台北地下街Y区

台北地下街Y区を通りY27出口から出て北上していけば、移動中はほとんど車が走らない場所を歩くことができるので比較的安全です。

2 台北MRT+徒歩

台北地下街Y区 Y27出口

MRT「北門」駅で降り、台北地下街Y区への連絡通路を通ってY27出口から出て、徒歩のみで行く時と同じように北へ歩きます。

3. YouBike

大稲埕戯苑前のYouBikeステーション

台北地下街Y区のY13出口から出てすぐ左にYouBikeステーションがあるので、そこからYouBikeに乗り迪化街の中にある「大稲埕戯苑」前のYouBikeステーションで降ります。

4. タクシー or Uber

Q square(京站)前で待機するタクシー

タクシーで行くこともできますが、台北駅の周りは一部タクシーが停車して客を乗せることを禁止している場所(西門側など)があるのでご注意ください。

利用する場合はタクシー乗り場がある東門側からではなく写真のQ square(京站)前から乗るとスムーズかもしれません。

また台北駅周辺からUberに乗るならば、クーポンを使用するとほぼタダで行けるでしょう。

Uberクーポン入手コード:744zaxueue

おすすめアクセス方法は「1. 徒歩のみ」か「2. 台北MRT+徒歩」

迪化街

上で台北駅から迪化街へのアクセス方法を4つ紹介しましたが、迪化街から遠く離れた場所から直接迪化街へ行く場合を除いて、基本的には「徒歩のみ」か「台北MRT+徒歩」でのアクセスをおすすめします。

なぜなら台北駅から迪化街はそこまで離れていないのでタクシーやUberを使うのは勿体ない上、道路の混雑状況によっては徒歩で行くのと同じくらい時間がかかってしまう可能性もあります。

また自転車(YouBike)で行く場合も迪化街周辺の道路状況が良いとは言えないので、台湾の交通に慣れていない方は徒歩を中心に移動する方が安全に辿り着くことができます。

迪化街(ディーホアジエ)を含む台北おすすめスポットを観光するならツアー参加もおすすめ

  • 台北のおすすめスポットを半日で効率良く観光
  • 迪化街(ディーホアジエ)とセットでマンゴーかき氷、小籠包、台湾式シャンプーなども楽しめる
  • 貸切チャーター
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

迪化街の入口

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5