1. 年に1回きりの大イベント「迪化街年貨大街」に行ってみたので現地の様子を紹介
Update

年に1回きりの大イベント「迪化街年貨大街」に行ってみたので現地の様子を紹介

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。みなさんは台北にある迪化街という場所をご存知でしょうか。

「あ、孤独のグルメで見たことある!」という方もきっといらっしゃるんじゃないかと思います。

さてこの迪化街、最近は観光化が進みどんどんオシャレになっていってる台北の中でも比較的お澄まし観光地なのですが、年に一度だけ熱くなる瞬間があります。

その熱くなる瞬間が今回紹介する「迪化街年貨大街」というイベントが行われている時です。今回はその迪化街年貨大街へ実際に行ってみたので現地の様子を紹介していきたいと思います。どうぞご覧ください。

目次

「迪化街年貨大街」とは?

迪化街年貨大街入口

簡単に言うと年越しの時や旧正月休み中に食べる保存が効く食べ物、夜市で売られているような食べ物、お正月に使う飾りなどを売るお店が迪化街エリアに集結するイベントです。

開催時期ですが基本的に旧正月の新年前に約2週間に渡って開催されています。旧正月の新年は毎年変動するので、例として2019年の迪化街年貨大街の開催期間を紹介すると旧暦の新年初日が2/5なので、1/19~2/3に開催されていました。

ちなみに普段の迪化街も正月用の飾りだったり、漢方や乾き物を売っている場所で有名です。最近は迪化街の古い街並みと調和した小粋な雑貨屋やリノベーションカフェなども多く立ち並ぶエリアとなっていて、個人的には台北で好きな場所のひとつです。

迪化街年貨大街の開催場所

迪化街と名前に入っているくらいなので台北の迪化街という場所で行われます。

台北MRTを利用して行く場合は北門駅で降りた後、台北地下街Y区への連絡通路を通りY27出口から地上に出て歩いて行くと近いです。

迪化街年貨大街の様子を紹介

迪化街年貨大街メインの通り

さてさてメインの通りに入っていきましょう。ご覧の通り人がひじょーーーに多いです。しかもこの日は台北の冬にしては珍しく天気が良く、特別人が多かったと思います。

宝くじ

プチ宝くじみたいなやつ。

タピオカ

普段は見ない大きい鍋でタピオカを煮詰める様子。

パッションフルーツ

栗!と見せかけてこれはパッションフルーツです。日本人としては赤ネットに入ってると先入観が出てしまいますね。

ドイツの豚足

ドイツのソーセージなら分かるけど、德國豬腳(ドイツの豚足)ってなんだろう。

お肉とソーセージ

拷問セットみたいな場所で焼かれるお肉とソーセージ達。

ローストビーフ

ローストビーフですかね。

イカの串焼きの使用済み串を使って生成されたオブジェ

イカの串焼きの使用済み串を使って生成されたオブジェのようなもの。普通何も考えずここまで完成されたものを造形することが出来るのだろうか。

スルメイカ

店頭いっぱいに並んだスルメイカ。

お店の中から人通りを見る

あまりにイカくさいの一時避難。通りから少し外れて遠巻きに見ると人の量はこんな感じです。あの場所へ戻っていく勇気が出ない。

野菜チップス

再びメインの通りに戻りまして、こちらはドライベジ・ドライフルーツです。フルーツは結構砂糖がまぶしてあるので食べ過ぎは禁物ですが、野菜はおそらく揚げてないので健康的。日本と比べるとこういうドライものはめちゃくちゃ安くて美味しいです。

お菓子の量り売り

お菓子の量り売り。時々日本のお菓子も混ざっています。

包装のゴミ

包装のゴミはその場に道に捨てる! この雑多な感じも旧正月の雰囲気のひとつなんでしょう(後から清掃が入るので大丈夫です)。

グミの量り売り

こちらはグミの量り売り。身体に悪そうな色とりどりのグミ大好きです。僕が日本に住んでいた頃はスイーツファクトリーというお店でよくこういったグミを買っていました。

台湾美女01

食べ物が続いたのでここで台湾美女をインサートしていきましょう。ファンとその推しメンの写真撮影みたいな構図になっていますが2人ともれっきとした販売員さんです。

イケメン販売員

もちろんイケメン販売員もいます。

人が多すぎて立ち往生

通りが交差する地点が近づくにつれ徐々に大衆の歩みがゆっくりになり、ついには動けなくなり立ち往生してしまった状態。

良い感じの照明の場所

照明が良い感じに散って雰囲気◯。

台湾美女02

最後に台湾美女をもう一枚。振り返ってみれば顔採用があると確信できるくらい、迪化街年貨大街では美男美女の販売員さんをよく見かけました。

最後に

迪化街から見上げた空

以上、台北の迪化街で年に一度行われる年貨大街の紹介でした。

僕は普段人混みはあまり好きではないんですが、折角台湾にいるのでメジャーなイベントは抑えておきたいということで行ってみましたが、販売員のノリとかも良いので、引きこもりな僕でも楽しめました。のでお祭り好きな人は絶対楽しいと思います。

最後に少し迪化街の歴史に触れると、迪化街と呼ばれるこの一帯は、かつては台北では最も早く商店が現れたエリアで、商業の中心地だったそうです。

(たくさんの説明を省略)後から廃れていくことになりますが、当時の様子を知らない人でもこの「迪化街年貨大街」に行くことで、栄えていた当時の熱気のようなものを感じることができる、そんな気がしました。

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

台湾美女01
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5