1. 夜市を越える熱気で溢れ返る年に一度の一大イベント「迪化街年貨大街」に行ってみた

2016.02.022017.01.23

夜市を越える熱気で溢れ返る年に一度の一大イベント「迪化街年貨大街」に行ってみた

タグ

みなさんは台北の迪化街という場所をご存知でしょうか。孤独のグルメで見たことある!という方もきっといらっしゃるかと思います。

さてこの迪化街、普段は台北の中でも比較的お澄ましエリアなんですが、1年に一度だけ最も熱くなる瞬間があります。それが今回紹介する「迪化街年貨大街」というイベントです。

Advertisement

「迪化街年貨大街」とは

迪化街年貨大街入口

簡単に言うと年越しの時や旧正月休み中に食べる保存が効く食べ物、夜市で売られているような食べ物、お正月に使う飾りなどを売るお店が、迪化街というエリアに大量に現れるイベントです。

旧正月前の2週間くらいの間で開催されています。参考までに僕が行った2016年のことを紹介すると、旧正月の年初一(旧暦の元旦)が2月8日だったので開催期間は1/23~2/6でした。

普段の迪化街でもお正月用の飾りは売っていまして、他にも漢方的なものや乾き物を売っている場所で有名です。最近は迪化街の古い街並みと調和した小粋な雑貨屋やカフェがあるので個人的には好きな場所のひとつです。

開催場所

MRTを利用して向かう場合は、「北門」駅の3番出口か「大橋頭」駅の2番出口から行くと近いです。どちらから行っても徒歩5分程度で到着するでしょう。

写真とともに様子を紹介

迪化街年貨大街メインの通り

さてさてメインの通りに入っていきましょう。ご覧の通り人がひじょーーーに多いです。しかもこの日は台北の冬にしては珍しく天気が良く、特別人が多かったと思います。

宝くじ

プチ宝くじみたいなやつ。

タピオカ

タピオカ作ってます。

パッションフルーツ

栗!と見せかけてこれはパッションフルーツです。赤いネットに入ってると日本人としては先入観が出てきちゃいますね。

ドイツの豚足

ドイツのソーセージなら分かるけど、德國豬腳(ドイツの豚足)ってなんだろう。

お肉とソーセージ

拷問セットみたいな場所で焼かれるお肉とソーセージ達。

ローストビーフ

ローストビーフみたいなやつ。

イカの串焼きの使用済み串を使って生成されたオブジェ

イカの串焼きの使用済み串を使って生成されたオブジェのようなもの。普通何も考えずここまで完成されたものを造形することが出来るのだろうか。

スルメイカ

次はスルメイカ。

お店の中から人通りを見る

あまりにイカくさいの一時避難。通りから少し外れて遠巻きに見ると人の量はこんな感じです。あの場所へ戻っていく勇気が出ない。

野菜チップス

またメインの通りに戻りまして、こちらは野菜や果物のチップスです。というか本当に野菜や果物を乾燥させただけ。日本と比べるとこういうドライものはめちゃくちゃ安くて美味しいです。

お菓子の量り売り

お菓子の量り売り。微妙に日本のお菓子混ざってます。

包装のゴミ

包装のゴミはその場に道に捨てます。この雑多な感じも旧正月の雰囲気のひとつなんでしょう。(後から清掃が入るので大丈夫です)

グミの量り売り

こちらはグミの量り売り。こういう身体に悪そうなグミ大好きです。日本ではスイーツファクトリーというお店でよくこういう感じのお菓子を買ってました。

台湾美女01

食べ物が続いたのでここで台湾美女をインサートしていきましょう。若干ファンとその推しメンみたいな構図になっていますが2人ともれっきとした販売員さんです。

イケメン販売員

勿論イケメン販売員もいます。

人が多すぎて立ち往生

通りが交差する地点が近づくにつれ徐々に大衆の歩みがゆっくりになり、ついには動けなくなり立ち往生してしまった状態。

良い感じの照明の場所

照明が良い感じに散って雰囲気◯。

台湾美女02

最後に台湾美女をもう一枚。振り返ってみれば顔採用があると確信できるくらい美男美女の販売員さんが多かったです。

最後に

迪化街から見上げた空

僕は普段人混みはあまり好きではないんですが、折角台湾にいるのでメジャーなイベントは抑えておきたいということで行ってみましたが、販売員のノリとかも良いので、引きこもりな僕でも楽しめました。のでお祭り好きな人は絶対楽しいと思います。

最後に少し迪化街の歴史に触れると、迪化街と呼ばれるこの一帯は、かつては台北では一番早く商店が現れたエリアで商業の中心地だったそうです。

(たくさんの説明を省略)後から廃れていくことになりますが、当時の様子を知らない僕でもこの「迪化街年貨大街」に行ってみることで、その当時の熱気のようなものを感じることが出来るような、そんな気がしました。

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

お皿に持った黒落花生

ちょっと変わった台湾土産にどうぞ。 迪化街で「黒落花生(黒ピーナッツ)」を買ってみた

みなさんは黒い落花生があるのはご存知でしょうか? もともとは中国から伝わった品種で、日本の国内産落花生の約7割を生産している千葉県では希少な落花生として生産されているそうです。 実はその日本国内では貴...

映月大池

どこを切り取っても絵になるコンパクトな観光地!「林安泰古厝民俗文物館」へ行ってみた

語学留学時代は台北は台北でも新北市に住んでおりましたが、現在のワーホリでは台北の台北市に住んでおりますナカジマチカ(@nakazimachica)です。 ということで時間がある時は、徒歩またはYouB...

水月池と大殿02

心洗われるスタイリッシュなお寺「法鼓山農禪寺」に行ってみた

こんにちは。新しいものから歴史のあるものまで建築物大好きナカジマチカ(@nakazimachica)です。 最近Instagramから「台北に格好良いお寺がある」という情報を仕入れまして(唐突)、早速...

ビールを飲みながら釣り

釣る! 飲む! 食べる! 台湾ローカルレジャー「エビ釣り」をやってみた

学校の友人達と台湾のエビ釣りへ行ってきました。 台湾のローカルレジャーのひとつにエビ釣りがあるという事は前々から知ってはいたのですが今まで行く機会に恵まれず、この度友人に誘ってもらい初めて行ってきまし...

.TPE-Free AD WiFiロゴ

事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説

台湾を旅行する際、どうするか迷うことの1つとして挙がってくるのがインターネット環境です。そして台湾・台北へ旅行にいらっしゃる方に朗報です。 現在台北では、台北を旅行する多くの方がメイン交通機関として利...

坂・階段が多い場所

廃墟感とアートが絶妙に融合する場所「寶藏巖國際藝術村」に行ってみた

廃墟とアート、どちらも好きでも嫌いでも無いんですが、雰囲気の良い場所は好きです。 今回は台北にある他の観光地とは少し異なる、独特の雰囲気を持った「寶藏巖國際藝術村」という場所を紹介してみたいと思います...

掠れて見えない台北101

台湾に住む僕が台湾の大気汚染を視覚的に証明します

実際台湾に来てみるとマスクをして外を歩いている台湾人は多いですし、リアルタイム気質指数ビジュアルマップとかを見てみると全体的に空気は悪く、特に南部は日本より数倍酷い日もあったりします。 けどそういう情...

新北市移民署最寄りのYouBikeステーション

台湾・新北市在住の日本人必見! 新北市の移民署に行く時、交通費を少しでも節約したい人はYouBike(ユーバイク)で行くのがおすすめ

新北市在住の外国人ならきっと同意して頂けると思うことがあるんですがね…移民署がとにかく遠い!台北市の移民署がMRT最寄り駅から徒歩5分なのに対し、新北市の移民署は最寄り駅から歩いていくとなんと4,50...

マッサージに使用する中華包丁

中華包丁で叩かれる独特の快感!? 台湾の「刀療(包丁マッサージ)」を受けてみた

師範大学の語学学校に通っていた頃に出た、中醫(漢方医/伝統中国医学)の選択授業で紹介されてからずっと行ってみたかった「刀療(包丁マッサージ)」を受けに行ってみました。 包丁マッサージという字面だけ見る...

バス車内

台湾(台北)のバスの乗り方を紹介。台湾のバスを制するものは台湾の交通を制す!

僕が住んでいる台北には様々な交通機関があります。台湾に住み始めてからMRT、火車、高鐡(新幹線)、YouBikeと様々な乗り物を利用してきましたが、なんとなく敬遠してきた乗り物がありました。そう……バ...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook