1. 歴史ある港を背景に持つ台湾の造船所廃墟「阿根納造船廠」に行ってみた

2017.12.102018.02.28

歴史ある港を背景に持つ台湾の造船所廃墟「阿根納造船廠」に行ってみた

観光地に変貌を遂げる場所があったり専門の写真集が出るくらい多くの人を魅了する廃墟ですが、台湾にも廃墟スポットはいくつかあります。

中でも、台北市からもアクセスしやすい台湾北部の基隆にある造船所の廃墟が、最近台湾の若者たちの心を掴んでいるという情報を仕入れたので早速行ってまいりました。

というわけで今回は、その台湾の造船所廃墟「阿根納造船廠」のアクセス方法や現地の様子などを紹介していきます。どうぞご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

阿根納造船廠とは?

阿根納造船廠外観01

元々は日本統治時代に港として活用されていた場所があったのですが、日本の台湾統治が終わった後アメリカのAgennaという会社がその場所を利用して建てたのがこの阿根納造船廠らしいです。会社は最終的に経営が悪化し台湾から撤退してきます。

その後放置され続けた建物は、壁や床が崩れ、鉄筋は剥き出しになり、雑草が生い茂る場所になってしまったのですが、海を背にする退廃的な雰囲気の美しさから、広告や結婚式写真などの撮影場所として使われるようになり、現在では一般の人の間でも人気の撮影スポットとなっています。

今回の記事ではこの阿根納造船廠を便宜的に廃墟として紹介していきますが、実際には基隆市は歴史ある建築物として保存しているようです。

阿根納造船廠へのアクセス方法

阿根納造船廠は台湾北部の基隆という街にあります。

基隆駅から阿根納造船廠まではバスで行くことができるので、基隆駅に到着したらまずは海洋廣場の向かいにある「忠一路孝一路口」というバス停へ向かいます。

台北から基隆へのアクセス方法は下記の記事で詳しく紹介しておりますのでご参考ください。

バス停「忠一路孝一路口」

バス停「忠一路孝一路口」から101路線か109路線のバスに乗ります。阿根納造船廠最寄りのバス停までの運賃はひとり15元(約55円)です。

バスに乗ったら「和平橋頭(原民會館)」というバス停で降りて、更に1分ほど歩くと阿根納造船廠に辿り着きます。

基隆駅に戻るためのバス停

基隆駅へ戻る時は、降ろされた場所の向かいにある写真のバス停から行きと同じように101路線か109路線のバスに乗り、「公車總站」(終点)というバス停で降りましょう。

阿根納造船廠の現地の様子

阿根納造船廠周辺の道路

おっと、集まってますね。この道は阿根納造船廠周辺の様子ですが、駐車している車両はほとんど阿根納造船廠を見に来ている人達の車です。

阿根納造船廠外観02

見えてきました。いい感じに朽ちてます。

阿根納造船廠の周囲にある私有地

阿根納造船廠の周囲は一部私有地となっている場所があります。廃墟がすぐそこに見えても焦ってこの柵を乗り越えて行くのはやめておきましょう。

阿根納造船廠の中へ続く下り階段

道に沿って歩いていくと阿根納造船廠の中へ続く階段があります。

阿根納造船廠外観03

ここは安全に見ることができるギリギリの位置から撮影した外壁部分です。

中に入っていく以上は全て自己責任になるので心配な人はここから楽しみましょう。ですが周りからでも充分見応えはあります。

阿根納造船廠内部へ続く道

僕はもちろん中へ入っていきます。以前は建物の周りを囲むように立ち入り禁止テープが張られていたこともあったようですが現在は自由に出入りできるようです。

阿根納造船廠内部01

建物は半分以上が原型を留めないくらい崩れていますが当時は全3階だったのでしょうか。

阿根納造船廠内部のグラフィティ01

コンクリートが剥き出しになっているので廃墟のお供とも言えるグラフィティも多いです。

阿根納造船廠内部のグラフィティ02

こちらはMV風の撮影ができそうな不自然に持ち込まれた椅子と各国の言葉で書かれた白い文字で埋まった壁。よく見ると日本語で「家に帰ろう」と書いてありますね。

剥き出しになった鉄筋

錆びて先端が尖った鉄筋が至る所にあるので、崩れが大きい場所を歩く時は特にお気をつけください。

地元の台湾人達は暖かい日だと短パン・Tシャツという軽装でやってきますが、気温に関わらず身体を護れるように長袖を着ていくのをおすすめします。

詰所のような空間

壊れた壁。生活に必要なものが一式置いてあるのが見えたので、かつて詰所として利用されていた空間でしょうか。

釣り人

すぐ横が海なので釣りを楽しでいる方もいます。

阿根納造船廠3F部分

下にいるだけでも楽しめますが、上へ昇る階段があるので3階(?)部分に上がることもできます。

崩れた床

ただし上階では転落防止柵などの安全設備が当然存在しないので注意して歩きましょう。

大きく崩れた箇所

上から見るともの凄い崩れ方をしているのが分かります。

途中までしか形を残していない階段

途中までしか形が残っていない階段もあり、そこに立って撮影している写真をInstagramで見かけました。(僕は怖くていけない)

阿根納造船廠外観04

現在基隆市は阿根納造船廠を歴史的建築として保存する方法を検討中のようで、今後はもしかすると綺麗に整備され安全を確保するために立ち入り可能なエリアが制限される可能性もあります。

最後に

阿根納造船廠内部02

実は僕自身は初めての廃墟探訪だったのですが、やはり写真で見るのと実際に現地へ行ってみるのでは感じ方は全然異なりますね。

入場料はかかりませんし、天気や時間帯が変わればまた雰囲気が変わってくると思うので、海外の廃墟に興味のある方は是非足を運んでみてください。

施設情報

阿根納造船廠遺址

基隆市中正區正濱路116巷75號地図(Googleマップ)で見る

※1元=3.7円で計算(2018年2月28日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

基隆駅近くの国光客運バスターミナル

台北から基隆(キールン)へバスで行く方法

先日台北から基隆(キールン)へ遊びに行ってきました。基隆は台湾北部にある港町で、日が暮れると基隆廟口夜市という比較的大きな夜市が盛り上がる場所です。 台北駅から基隆へのアクセスは台鉄で行く方法もありま...

一卡通(iPASS)

約800円で高雄MRTが2日間乗り放題! 高雄を観光するなら必ず利用したい「二日卡」

先日高雄へ4日間旅行してきました。高雄旅行はこれで2回目となります。 今回は現地の友人に高雄でまだ訪れたことがない場所を案内してもらったんですが、その友人から「高雄に着いたら買うと高雄の交通が便利にな...

至誠路二段側へ階段

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。 今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみ...

App StoreのEasy Wallet紹介ページ

台湾の悠遊カードの使用履歴や残高が確認できるアプリ「Easy Wallet」

持っていてチャージしておけば現金を出さずに済む上、割引などもあって何かと便利な悠遊カードですが、グングン減っていく残高を見て「あれ?いつどこで何に使ったっけ、こんなに?」と、ふと我に返る瞬間もたまにあ...

普通代幣卡

台湾新幹線に乗れば運賃が無料に! バスに乗って嘉義新幹線駅から嘉義火車駅へ運賃無料で行く方法

先日台北から台湾新幹線を利用して嘉義まで行く機会がありました。嘉義の新幹線駅から嘉義火車駅への移動はバスを利用したのですが、その時のバスの運賃が無料だったんですね。 ということで今回は台湾新幹線を利用...

巨大ろくろと陶芸用粘土

巨大ろくろや巨大陶器と戯れる。鶯歌にある「三鶯之心空間藝術特區」に行ってみた

先日台湾の「鶯歌」という街へ行ってきました。鶯歌と言えば鶯歌陶瓷老街などで知られる台湾北部にある陶器・陶芸の街です。 僕も鶯歌に対しては陶器や老街などのイメージしか無かったのですが、今回鶯歌を訪れた際...

.TPE-Free AD WiFiロゴ

事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説

台湾を旅行する際、どうするか迷うことの1つとして挙がってくるのがインターネット環境です。そして台湾・台北へ旅行にいらっしゃる方に朗報です。 現在台北では、台北を旅行する多くの方がメイン交通機関として利...

ATM操作画面01

日本のクレジットカードを使って台湾のATMでキャッシングをする方法

台湾に数日滞在するだけならわざわざ日本円を両替えしなくても、日本で作ったクレジットカードでキャッシングして台湾ドルを手に入れれば済むでしょう。 というわけで今回は、台北の街を歩けば大体3分くらいで見つ...

台湾新幹線の改札前

台湾新幹線の乗り方を解説。短時間で台北から台中や台南、高雄へ移動しよう

台湾は日本に比べ交通費が安く、その中でも長距離バスは特に安いので長距離を移動する際はバスでの移動を選択する方も多いと思います。 それでもやっぱり台北からなら1時間で台中、2時間半で高雄へと非常に短い時...

カラフルな傘のパブリックアート01

傘が開いていたらラッキー? 新北市板橋区にある複合アートスペース「板橋435藝文特區」に行ってみた

台湾の新北市板橋区にある「板橋435藝文特區」という場所を最近訪れたのですが、そこで展開されていたパブリックアートがなかなか素敵だったんですよね。 というわけで今回は板橋435藝文特區のアクセス方法や...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook