1. 花蓮駅から太魯閣(タロコ)までバスで行く方法を紹介
Update

花蓮駅から太魯閣(タロコ)までバスで行く方法を紹介

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。台湾・花蓮へ1人で旅行してきました。

さて花蓮の観光地と言えば太魯閣(タロコ)です。太魯閣を観光する方法は色々ありますが今回僕は花蓮駅からバスで太魯閣へ行く方法を選びました。

そこで今回は僕と同じように花蓮駅から太魯閣までバスで行く方法および太魯閣の歩き方、またバス以外の太魯閣観光方法などを紹介したいと思います。それではご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

花蓮駅から太魯閣(タロコ)へバスで行く方法

花蓮客運

太魯閣行きバスが出るバスセンターの場所

太魯閣行きのバスは花蓮駅(花蓮火車站)から出て、道に沿って左に歩いて行くと、「花蓮客運」というオレンジ色の建物が見えてきます。この建物の前にあるバス停から太魯閣方面行きのバスが出ています。

台北駅から花蓮駅へ行くための台湾鉄道の切符購入方法はこちら

太魯閣行きのバスはどれ?

花蓮駅から乗るべきバス1133A

実際は色々あるのですが全て説明するのは面倒なので乗るべきバスを完結に言います。「1133A」という路線番号の「天祥」行きのバスに乗ってください。通常の大きさのバスとマイクロバスの2台が「1133A」と表示されていますが、どちらに乗っても行き先は一緒です。

運賃の支払い方法は乗車時と下車時に悠遊カードなどのICカードをカードリーダーにかざします。ちなみに「砂卡磴」で降りた時の運賃は70元(約245円)でした。

悠遊カードに対応しているバス

もしICカードに対応していないバスに乗った場合は運賃先払いです。けどいくらなのかは分からないので乗車時に「このバス停で降ります。いくらですか?」と尋ねる必要があります。

「我要在[バス停名]下車,多少錢?(ゥオヤオザイ[バス停名]シャーチャー,ドゥオシャオチエン?)」と聞けば運賃を教えてくれます。ただ中国語は発音が難しいので伝わらない可能性もあります。それが不安な方はメモを用意したりスマホに打ち込んで見せましょう。

バスの一日乗車券

花蓮駅と太魯閣を結ぶバスには1日乗車券も用意されています。ICカードを用意したり、バスの運転手さんに毎回運賃を聞く必要もなくなるので、1日に何度もバスに乗る予定のある方には便利なチケットです。

太魯閣行きバスの出るバスセンター付近にあるオレンジ色の建物や、事前にコンビニの端末を使用して購入することができます。

価格は1日券が250元(約875円)、2日間乗り放題の2日券なら400元(約1,400円)です。

太魯閣行きのバスの時刻表

花蓮駅から太魯閣行くバスの時刻表

時刻表を見ると、太魯閣行きバスは1時間に1本という少なさの上、15時台にはバスが全て終了してしまいます。

もし目当てのバスがなかなか現れず不安に思ったら、オレンジ色の建物も中にいる人に「ここに行きたいけど、どのバスに乗ればいい?」と訪ねてみましょう。行きたい場所を指差せば「あれ乗れ。これ乗れ。何時に来るからそれに乗れ。」と色々教えてくれます。

最新の太魯閣行きバスの時刻表

どこのバス停で降りるべきか?

太魯閣ガイドマップ

僕は太魯閣行く前まで大きな勘違いをしていたのですが、駅からバスで「太魯閣公園○○」みたいな場所まで行けば、美しい風景が沢山見れるんだろうという勝手な想像を抱いていました。

ところが実際は太魯閣の規模は非常に大きく、見所となるスポットの距離も離れています。するとバス+徒歩移動の場合どこで降りるべきか迷うことになると思います。

そこで参考にしたいのが、見所とバス停が対になったガイドマップです。太魯閣には奥から順に「天祥」「綠水」「燕子口」「布洛灣」「砂卡礑」「長春祠歩道」「太魯閣遊客中心」「太魯閣」というバス停が用意されています。

僕と同じように花蓮駅からバスで現地へ行き、あとは徒歩移動、そして見所を全て見て回りたい体力に自信のある方は「天祥」で降り、各スポットを見て回ってバス停「太魯閣」まで歩いて、そこからまたバスで帰るという観光方法が良いかと思います。日常的に運動していたり、運動が趣味の方なら体力的にも余裕でしょう。

砂卡礑

「徒歩で太魯閣を移動したい! けど体力に不安がある…。」という方は、自分の体力に応じて「天祥」より手前のバス停で降りればOKです。風景がとにかく素晴らしいので意外と歩けちゃいます。

ただ太魯閣はこの自然の美しさを持つ反面、常に自然の恐ろしさみたいなものも兼ね備えていて、天候や道のコンディションによっては行ける場所が限られている日もあります。僕が行った時も「砂卡礑」より先は進まないことを推奨されてました。

太魯閣(タロコ)から花蓮駅までの帰り

バス停「太魯閣」

さて太魯閣から花蓮駅への帰りです。「天祥」「綠水」「燕子口」「布洛灣」「砂卡礑」「長春祠歩道」「太魯閣遊客中心」「太魯閣」いずれかのバス停で「花蓮駅」行きのバスを待ちましょう。

僕は「砂卡礑」からずっと歩きまして「太魯閣」というバス停から「花蓮駅」行きのバスに乗りました。ちなみに最終バスは各バス停とも全て17時台という早さです。そしてお察しの通り1時間に1本です。

バスの車内

帰りも行きと同様、バスの設備に悠遊カードのカードリーダー設備が無い場合は自分で運賃を聞いて支払う必要があります。どこへ行きたいか(もしくはどこから乗ったか)を伝えて上下車時に運賃を聞いて支払ってください。

花蓮駅へ帰る際の注意点ですが、僕が実際に太魯閣を訪れてみて思ったのは、バスの出入りが非常に多く道路状況は良くないことと「花蓮駅」行き方面のバス停が分かりづらいという感想です。お帰りの際は時間に余裕を持ってバス停を探してください。

バス以外の太魯閣(タロコ)観光方法および価格

砂卡礑歩道

花蓮駅周辺にはこちらが観光客と分かると「どこ行くの? どうやって太魯閣まで行くの?」と尋ねてきて、最終的に自分達の会社で提供している観光方法や交通手段をおすすめしてくる人が沢山います。

僕は当初からバスで太魯閣へ行く以外の方法は考えていなかったのですが、一応参考までに各観光・交通手段の値段を聞いてみました。

バスに乗って自力で太魯閣へ行くことに不安を覚えた人は、以下のような観光・交通手段もあることを頭に入れておくと良いと思います。

太魯閣ツアーに参加

効率よく太魯閣の各スポットを回るならツアー参加がおすすめです。

花蓮現地に到着してからツアーを探した場合の参加費は800元(約2,800円)でした。他にも参加者がいて日本人も参加している可能性が高いので安心感があります。

日本からあらかじめ「太魯閣(タロコ)観光ツアー」を予約して行くのもオススメ

  • 宿泊ホテル送迎付き
  • 日本語ガイド
  • 太魯閣(タロコ)随一のリゾートホテルのレストランでのランチ付き

バイクを借りる

僕は後日、別の場所に行くためにバイクを借りたのですが、電動バイクならばパスポートなどの身分証明書さえあれば、外国人・国際免許無しでも借りることができます。値段は6時間で500元(約1,750円)。電動バイクなら電気で動くので給油も不要。

ただ予備の電池があったとしても電池が切れるスピードが思ったより早かったので、坂の多い太魯閣観光には馬力的に適していないかもしれません。

タクシー

観光地ならば当然タクシーも動きます。そして個人的にはバス以外の方法で一番良いと思っている方法です。

僕にタクシー貸切ツアーの話をしてくれた運ちゃんの提案してきた料金は4時間貸し切りで200元(約700円)。あとは+1時間ごとに100元(約350円)ずつ増えていくというプランでした。

これが1人あたりの値段なのか、タクシー1台あたりの値段なのかは聞きそびれてしまったのですが、1人あたりの値段だとしてもかなり安いと思います。

もしタクシー1台あたりの値段なら4人で乗れば4時間ひとり50元(約175円)になるので激安ですね。複数人で太魯閣を訪れる場合は是非タクシー利用も検討してみてください。

迷ったら「花蓮県旅遊服務中心」へ行きましょう

上記の情報は花蓮駅周辺を歩いていた時に現地台湾人からの提案だったのですが、その場で話を聞いて「よっしゃ、じゃあソレで行きます。」みたいに即決するのは不安に思う人もきっといますよね。

正式な窓口を通してこれらの観光・交通手段を利用したい場合は、花蓮駅を出て右手にある花蓮県旅遊服務中心でツアーに参加したいとか、バイクで行きたいとか言ってみてください。希望に沿ったプランを提案してくれると思います。少しだけ日本語ができる方もいました。

※1元=3.5円で計算(2019年1月20日現在)

「太魯閣(タロコ)観光ツアー」の参加予約はこちら

  • 宿泊ホテル送迎付き
  • 日本語ガイド
  • 太魯閣(タロコ)随一のリゾートホテルのレストランでのランチ付き
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

砂卡礑歩道

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5