1. 傘が開いていたらラッキー? 新北市板橋区にある複合アートスペース「板橋435藝文特區」に行ってみた

2017.12.17

傘が開いていたらラッキー? 新北市板橋区にある複合アートスペース「板橋435藝文特區」に行ってみた

台湾の新北市板橋区にある「板橋435藝文特區」という場所を最近訪れたのですが、そこで展開されていたパブリックアートがなかなか素敵だったんですよね。

というわけで今回は板橋435藝文特區のアクセス方法や現地の様子を紹介していきます。どうぞご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

板橋435藝文特區とは?

板橋435藝文特區の看板

台北市の板橋区にある劇場や博物館や展示室、パブリックアート等などがある複合アートスペースです。

台北市政府の観光サイトでは、板橋435藝文特區を日本の上野公園のような場所と紹介していました。(ほんとか?)

板橋435藝文特區の場所とアクセス方法

板橋435藝文特區の最寄り駅は台北MRTに乗っていける「新埔」駅です。

駅から板橋435藝文特區までは歩いていけない距離でもないですが、天気が良い日ならYoubikeoBikeに乗って行くのをお勧めします。10分くらいで到着するでしょう。

板橋435藝文特區は新北市にあるのでICカードを利用してYoubikeに乗り30分以内に最寄りYouBikeステーションに到着すれば、無料で行くことができます。

バスを使う場合

MRT新埔駅の1番出口から出て、近くにある捷運新埔站というバス停から857路線のバスに乗り板橋國中(435藝文特區)で降りて行くのが良いと思います。

板橋435藝文特區の現地の様子

子供と犬のグラフィティ

さて現地の様子を見ていきましょう。まずはアートスペース定番の可愛いグラフィティ。

隠れ蓑術をする子供のグラフィティ

隠れ身の術。

九份のグラフィティ

どこかで見たことあるノスタルジックな景色が描かれた壁。

恐竜のパブリックアート

アグ○ン進化〜

植物のパブリックアート

バイオハザードシリーズに出てきそうな巨大植物。

台湾の若手作家さんの作品が展示してある建物

こちらは台湾の若手作家さんの作品が展示してある棟。

板橋435藝文特區内の落書き可能な道路

エリア内の道にはチョークが置いてあり、アスファルトは自由に落書きしても問題ありません。

板橋435藝文特區内の広場

さてここまでは特段目を見張る点もない地元のアートスペースという雰囲気ですが、最近ここ板橋435藝文特區では注目を集めている場所があります。

カラフルな傘のパブリックアート01

それがこちらの色鮮やかな傘が頭上に広がるパブリックアートが添えられた空間です。

カラフルな傘のパブリックアート02

Instagramで現地の写真を見ると大体このカラフルな傘をバックにした写真ばかり上がっています。たまにこの傘が閉じている日もあるようで、それはそれで可愛いと思いますが、せっかくなら開いている日に行ってみたいですね。

板橋435藝文特區 • Instagram写真と動画

傘の下の砂場

傘の下は親子でも遊べるような安全な砂場になっています。

砂場と言っても敷き詰められているのはサラサラした小粒の白石です。また砂遊びができるおもちゃも置いてあります。

最後に

板橋435藝文特區内の休憩エリア

以上、板橋435藝文特區へのアクセス方法や現地の様子でした。

アートスペースということで来場者は美術に関心のある学生さんが多いのかなと思っていましたが、平日は基本的に親子や高齢者の方の憩いの場になっていて、非常に落ち着く空間です。

見所として紹介した傘のパブリックアートは今後別のものに置き換わる可能性もありますが、是非素朴な可愛さがにじみ出る台湾のアートスペースを見に行ってみてはいかがでしょうか。

施設情報

板橋435藝文特區

新北市板橋區中正路435號地図(Googleマップ)で見る

営業時間/月曜日〜金曜日 09:00〜17:00、土曜日・日曜日 09:00〜18:00 ※屋外エリアは06:00〜22:00

定休日/毎月第1週目の月曜日、旧正月

http://www.435.culture.ntpc.gov.tw/

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

PIER5のお店

開放的な席で水辺の風景を眺めながらお酒を愉しめる河岸コンテナマーケット。「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」に行ってみた

ども、最近蒸し暑い日が続く台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。 今回はそんな暑い日にぴったりのなかなかお洒落な台北の遊び場を見つけたので早速行ってまいりました。 信義区を...

巨大ろくろと陶芸用粘土

巨大ろくろや巨大陶器と戯れる。鶯歌にある「三鶯之心空間藝術特區」に行ってみた

先日台湾の「鶯歌」という街へ行ってきました。鶯歌と言えば鶯歌陶瓷老街などで知られる台湾北部にある陶器・陶芸の街です。 僕も鶯歌に対しては陶器や老街などのイメージしか無かったのですが、今回鶯歌を訪れた際...

一卡通(iPASS)

約800円で高雄MRTが2日間乗り放題! 高雄を観光するなら必ず利用したい「二日卡」

先日高雄へ4日間旅行してきました。高雄旅行はこれで2回目となります。 今回は現地の友人に高雄でまだ訪れたことがない場所を案内してもらったんですが、その友人から「高雄に着いたら買うと高雄の交通が便利にな...

App StoreのEasy Wallet紹介ページ

台湾の悠遊カードの使用履歴や残高が確認できるアプリ「Easy Wallet」

持っていてチャージしておけば現金を出さずに済む上、割引などもあって何かと便利な悠遊カードですが、グングン減っていく残高を見て「あれ?いつどこで何に使ったっけ、こんなに?」と、ふと我に返る瞬間もたまにあ...

龍虎塔

蓮池潭の龍虎塔への行き方を紹介。高雄きっての観光名所へのMRT+台鉄を利用したアクセス方法

台湾の高雄を旅行する計画を立てる際、「高雄 おすすめ 観光地」なんてググってしまったら絶対避けられない高雄の観光スポット、それが「龍虎塔」です。 ですが龍虎塔は高雄にいくつかある観光地の中でMRTの利...

至誠路二段側へ階段

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。 今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみ...

色々なものがひしめき合う生活空間

台北市の街並みは日本と似た所が多いけど、隣の新北市に行けば素敵な街並みと出逢えるよという話

ども、台湾在住ですが日本に住んでいた時も今も、台湾の何でもない路地を歩くのが好きなナカジマチカ(@nakazimachica)です。 僕は現在台湾の台北市に住んでいるのですが、時々フラッと台北市の隣に...

坂・階段が多い場所

廃墟感とアートが絶妙に融合する場所「寶藏巖國際藝術村」に行ってみた

廃墟とアート、どちらも好きでも嫌いでも無いんですが、雰囲気の良い場所は好きです。 今回は台北にある他の観光地とは少し異なる、独特の雰囲気を持った「寶藏巖國際藝術村」という場所を紹介してみたいと思います...

映月大池

どこを切り取っても絵になるコンパクトな観光地!「林安泰古厝民俗文物館」へ行ってみた

語学留学時代は台北は台北でも新北市に住んでおりましたが、現在のワーホリでは台北の台北市に住んでおりますナカジマチカ(@nakazimachica)です。 ということで時間がある時は、徒歩またはYouB...

猫空の夕焼け

ロープウェイを使った猫空への行き方を紹介。夜の猫空のレストランで台湾の夜景を見ながら食事をしてみた

夜の猫空へMRTとロープウェイを使ってふらっと行き、頂上周辺にあるレストランで台北の夜景を見ながら食事を楽しんできました。 というわけで今回は、猫空へのアクセス方法と現地の様子などを紹介したいと思いま...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook