1. 台湾の銀行で残高証明書(財力證明書)を取得する方法

2015.08.102017.10.25 Update

台湾の銀行で残高証明書(財力證明書)を取得する方法

最近、台湾で生活するための手続きとして難易度はトップクラスだと思われる、居留ビザ申請のための書類集めを始めました。

停留ビザ延長などの申請に必要なものは、パスポートをコピーしたり学校にある専用機器から出力すれば全て揃いましたが、居留ビザはそうはいかず色々な場所へ行き、書類や証明書などを貰ってくる必要があります。

今回はその居留ビザ取得のために必要なアイテムのひとつである残高証明書(財力證明書)取得の話です。既に口座を開設している銀行での残高証明取得までの流れなどをまとめました。どうぞご覧ください。

Advertisement

必要な持ち物

  • パスポート
  • 80,000元以上預金されていることが記帳された通帳
  • 手数料(50元)

残高証明書取得の流れ

銀行内

口座を持っている銀行へ行き、入口付近で整理券を捌いている人に「我要財力證明(ウォヤオツァイリージェンミン)」と伝え、整理券を受け取ったら番号が呼ばれるまで席で待ちます。

銀行カウンター

自分の整理券の番号が呼ばれたら窓口へ行き、「我要一份財力證明」と再度伝えパスポートと通帳を渡します。すると「何のために残高証明書が必要ですか?」と聞かれますので「為了申請居留證(ウェイラシェンチンジューリョウジェン) … 居留証を申請するため」と答えましょう。

証明書を発行するためPCに情報を打ち込むなどの手続きがあるので10分ほど待ちます。手数料として50元(約190円)払ってサインをすればその場で即残高証明書を貰えます。最後に手数料の領収書を受け取れば終わりです。

財力證明書もとい結存餘額證明書

「財力證明書」という名前で書類を貰えるのかと思っていたら、「結存餘額證明書」という名の証明書でした。どうやらこちらが正式な名前のようです。

注意点

前日までに口座へ必要証明額である80,000元以上を入金しおかないといけません。

僕はやらかしてしまったんですが、ついさっき入れた預金で残高証明を取ろうと思ったら「それは出来ない」と言われてしまい翌日改めて銀行に行くはめたきました。

おそらく銀行のシステム上、残高が反映されるのが翌日になってしまうのでしょう。

最後に

口座を持ってさえいれば口座開設よりは全然簡単でした。費用も日本より安いですしその場ですぐに発行されます。

それにしても台湾に来たばかりで口座開設をした時は、銀行員さんの言うことを10%くらいしか理解できなかったのに、今回は何を言ってるかがそこそこ理解できたので中国語の成長を実感できました。良かった良かった。

※1元=3.8円で計算(2017年10月25日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

銀行内

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5