1. 台湾の語学留学用の停留ビザを延長してきた。申請に必要なものや流れを紹介

2015.05.212017.09.21

台湾の語学留学用の停留ビザを延長してきた。申請に必要なものや流れを紹介

タグ

1回目の台湾に停留できる期限が迫ってきたので語学留学用の停留ビザの延長手続きに行ってきました。

紹介するのは台湾の語学センターで中国語を学んでいる場合の停留ビザ延長方法です。ワーホリや駐在などの目的で延長する場合とは揃える書類などが若干異なります。それではご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

語学留学用の停留ビザ延長に必要なもの

停留ビザ申請に必要な書類

1.申請書

申請を行う移民署にも申請書は置いてありますが、現場で慌てないためにも事前に記入済みの申請書を持っていくと安心です。そう、僕は心配症です。

移民署のサイトから停留ビザ延長を含む各種申請用紙がダウンロードできるようになっていたので、僕は念のため日本で3枚ほど印刷して台湾に来る時に持ってきました。

記入項目は何個かありますが、自分自身が手続きを行う場合は、下記の項目が埋まっていれば問題ありません。

  • (一番上の申請項目):「4 停留延期」にチェック
  • 護照姓名(パスポートに書いてある記載の名前)
  • 中文姓名(漢字の名前)
  • 國籍(国籍)
  • 護照號碼(パスポートの旅券番号)
  • 護照效期(パスポートの有効期間満了日)
  • 出生日期(誕生日)
  • 抵臺日期(台湾に来た日)
  • 單身/結婚(独身/既婚):いずれかにチェック
  • 男/女(男/女):いずれかにチェック
  • 申請事由(申請理由): 「2 就學」にチェック
  • 就讀學校(勉強している学校):通っている学校+語学センターの名前を書く
  • 居留地址・電話號碼(住所・電話番号)
  • 本人簽名(本人サイン)

2.パスポート

3.パスポートの写真の載っているページのコピー

4.パスポートの台湾入境スタンプが押してあるページのコピー

5.在學證明書(在学証明書)

台湾師範大学の語学学校に通っている場合は博愛大樓の6階にあるマシンで発行します。1枚25元です。授業料を払ったところまでしか在学証明ができないので、必ず次学期の授業料を612号室で支払った後に発行します。

この授業料支払いの時に気をつけて欲しいことは、授業料を払いに行く時間帯が悪いと支払い手続きができる人がいないことがあります。僕が初めて行った時は17時半頃だったのですが既にほとんどの職員が帰宅していたので、残っていた人に次の日の朝来るように言われてしまいました。

さすがに朝に行く必要はないと思いますが、支払いは(おそらく定時の)17時までに行きましょう。あと12時半~13時半もお昼休みで人が出払っているので注意して支払いに行ってください。

6.學生學習成績紀録表(成績表)

こちらも博愛大樓の6階にあるマシンで発行します。1枚20元です。現時点の成績が出るだけなのでこちらは授業料を払っていなくても問題ありません。

7.當月出席表(出席表)

博愛大樓6階の612号室(学費を払う所と同じ部屋)に入ってすぐ左側にある棚に置いてあります。

ただそのままでは必要な項目が埋められていない状態なので、今自分が受けているクラスの先生に記入してもらった後、612号室の5番窓口で学校のスタンプを押してもらうことで書類として完成します。

申請場所

内政部入出国及移民署 新北市服務站

ビザの延長手続き行う場所は自分の住んでいるエリアによって異なります。今回は僕と同じように台北にあるいずれかの語学センターで中国語を勉強している前提で話を進めます。

もし住所が台北市なら台北市の移民署(台北市服務站)へ、住所が新北市なら新北市の移民署(新北市服務站)へ、という具合に自分が住んでいるエリアを管轄している移民署へ行くことになります。

ちなみに僕は新北市に住んでいるので新北市の移民署へ行きました。ちょっとイラッとしたのは台北市の移民署は最寄りMRT駅から徒歩5分なのに対し、新北市の移民署は最寄りMRT駅からなんと徒歩30分以上。

板橋駅からバスも出てるらしいのですが最寄りのバス停からもそこそこ歩くので、お金に余裕がある場合は府中駅からタクシーを利用して行った方が良いでしょう。5月中旬で30度を越える台北の晴天を背に歩き続け汗だくで移民署へ到着した時、駐在妻っぽい人が涼しげにタクシーから出てくるのを見た時はウーン。

停留ビザ延長手続きの流れ

内政部入出国及移民署内部

移民署に入ったら入口付近にある機械で、「停留ビザ延長」申請に関する手続きの整理券を発行します。

自分の番号が呼ばれたら受付へ用意した7点を提出します。あとは書類等に不備がなければ特に何も聞かれず、その場で停留ビザ延長が完了したパスポートを受け取ることが出来ます。

てっきり貼り付けられたビザの上に日付を延長する旨を記したシールでも貼るのかと思いきや、出入国スタンプが押されるところと同じ場所の最終ページに、ここまで停留期限が伸びたよってスタンプが押されるだけでした。

次回は居留証申請の時にまたココに来ます。ではまた。(遠いからできればもう来たくない)

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

移民署内部

台湾のワーホリビザ延長の申請方法を紹介(延長する必要がないケースも紹介)

僕は現在ワーホリビザを利用して台湾に滞在しています。ワーホリビザは語学研修の停留ビザと違い、半年に一度だけ更新すれば良いので台湾へ長期滞在したい人にとっては非常に便利なビザです。 今回はワーホリビザを...

台北駐日経済文化代表処受付

台湾の語学留学用の停留ビザの申請方法を紹介

台湾に中国語の語学留学生として長期滞在するために台北駐日経済文化代表処(いわゆる台湾の大使館)へ必要な語学留学用の停留ビザを申請しに行ってきました。 今回は台湾の停留ビザについて簡単な説明するとともに...

居留証

台湾で語学留学用の居留証(ARC)を申請する方法。申請に必要なものや取得までの流れを紹介

居留ビザが手に入り居留証申請の条件が整ったので、居留証を申請するために移民署へ行ってまいりました。 今回紹介するのは語学研修用の停留ビザを日本で取得して、そこからステップアップしていった場合の居留証申...

台湾のオンラインビザ申請サイト01

台湾へ語学留学する際に必要なオンライン停留・居留ビザ申請書の書き方

台湾で停留ビザや居留ビザを新規取得する場合はネットでの事前申請が必要です。 その時中国語と英語で書かれているので分かりにくいってのもあるんですが、翻訳しながら進めても何やら紛らわしい箇所もあるわけです...

銀行内

台湾の銀行で残高証明書(財力證明書)を取得してきた

台湾で生活するための手続きとして難易度はトップクラスだと思われる、居留ビザ申請のための書類集めを最近始めました。 停留ビザ延長の時はパスポートをコピーしたり学校に設置された専用の機械から出力すれば必要...

外交部

台湾の居留ビザを申請してきた。申請に必要なもの、取得までの流れや注意点を紹介

先日居留ビザを申請してきました。正直この居留ビザ申請のための書類集めは中国語を1から勉強してる身にはとても堪えましたね。その苦労の集大成ということでさながら神龍でも喚び出すような気持ちで外交部領事事務...

ワーキング・ホリデービザ申請窓口

台湾のワーホリビザを申請してきたので、申請に必要なものや取得までの流れを紹介

ども、少し前に1年間の台湾語学留学から帰ってきて、今度はワーホリビザを利用して台湾に長期滞在しようとしているナカジマチカ(@nakazimachica)です。 台湾のワーホリビザの申請方法は語学研修用...

台湾のオンラインビザ申請サイト05

台湾でワーホリをするためのオンラインビザ申請書の書き方

台湾でワーホリをするために書類を集める段階で気づくことがあるのですが、台湾のワーキング・ホリデービザを申請するためには事前に一部オンラインでの手続きが必要です。 ところがそのオンライン申請、当然っちゃ...

サポート係のお姉さん02

台湾の外交部へ証明写真を撮影しに行ったら、日本じゃ考えられない写真が出来上がった

引き続き居留ビザ申請のための必要な書類等を台北市内を駆けまわり集めているわけですが、今回は証明写真を撮ってきました。 以前証明写真を自作する技を紹介しましたが、台湾はコンビニに置いてあるプリンタはそも...

台湾師範大学

居留ビザ申請を通して普段考えないことを沢山考えて喋った6ヶ月目。台湾師範大学で中国語を学んで6ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

はいこんにちは。8月だというのに最近は台北より東京の方が暑い!?みたいな話を伺っておりますが、月末ということでいつものように「台湾師範大学で中国語を学ぶとどれだけ上達するのか!?」シリーズをお送りして...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook