1. 「ナカジマチカ」トップページ
  2. 台湾
  3. 台湾で暮らす準備・手続き
  4. 日本人が台湾の銀行口座を開設する方法を解説
Update

日本人が台湾の銀行口座を開設する方法を解説

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台湾で仕事をする場合や台湾で長期滞在する場合は必ず必要になってくる銀行口座を台湾で開設してきました。

今回はこれから台湾に長期滞在をする方向けに台湾の銀行口座の開設方法を紹介していきます。それではご覧ください。

目次

台湾で銀行口座を開設するメリット

  • 預金できる(現金を運ぶ必要がなくなる)
  • 銀行振込ができるようになる
  • 台湾のクレジットカード・スマホ決済アプリ等の引き落とし先として紐付けできるようになる
  • ビザ申請などで必要になる残高証明書(財力證明書)を発行できるようになる
  • 同系列の証券会社の証券口座を開設する時の手続きがスムーズになる

台湾で口座を開設した銀行

玉山銀行

台湾は日本より銀行の種類が豊富ですが、僕はその数ある銀行の中から玉山銀行という銀行を選びました。

玉山銀行を選んだポイント

最大の理由はその時住んでいた家から一番近い銀行だったからです。台湾はまだまだ現金を使う場面が多いので、ATMで現金を引き出す機会も必然的に多くなります。何度も足を運ぶことは分かりきっているので、家から近い銀行が正義だと考えました。

台湾の銀行で口座開設に必要な物

  • パスポート
  • 日本のマイナンバー※何らかの理由でマイナンバーを持っていない人は理由をしっかり説明できれば口座開設できる銀行もあります。
  • 台湾に長期滞在できることを証明できる書類(居留証、就労ビザ、入学証明書 等)
  • 中華民國統一證號※居留証を持っている人は必要なし
  • 台湾での住所
  • 台湾での電話番号
    台湾大哥大のSIMカードを購入し台湾の電話番号を手に入れる方法
  • 預金用の現金(1,000元以上)

銀行によって必要な物は異なる

僕は本記事で紹介する玉山銀行の他に、いくつか別の銀行で口座開設を試みた経験がありますが、そこで分かったのは銀行によって口座開設に必要なものや条件は若干異なります。

例えば上に記したものに加えて、通っている学校や勤め先などの固定電話番号や台湾人の友人などの電話番号を求められる場合もあります。

「中華民國統一證號」とは?

中華民國統一證號は台湾における日本のマイナンバーに近い国民番号で、銀行口座を開設する際、長期滞在ビザはあるけど居留証を持っていない人は必ず必要なものです。

外国人旅行者でもパスポートさえあれば無料で取得可能です。下記の記事で取得方法を紹介しているのでご参考ください。

台湾の住所・電話番号がない旅行者でも口座開設はできる?

中國信託銀行のように外国人の口座開設には住所と連絡先が必要と明記している銀行もあり、僕が台湾の幾つかの銀行で口座開設条件を尋ねた限りは、どの銀行でも口座開設には必ず台湾の住所・電話番号、長期滞在用ビザや学校の入学許可証などが必要でした。

台湾での銀行口座開設手順

玉山銀行

1. 銀行口座を開設したい旨を伝える

台湾人は基本的にどの銀行でもネット上から気軽に口座開設ができますが、外国人は銀行へ直接行って口座開設手続きを行う必要があるところが多いです。

まずは口座を開設したい現住所に近い銀行へ行きます。銀行に入ると入口で案内の人に何をしたいのかを聞かれるので「我要開戶(ゥオヤオカイーフー)…口座を開設したいです」と伝えます。

すると整理券を渡されるので椅子に座って待ち、自分の番号が呼ばれたら窓口へ行き、準備した書類を渡して再度「我要開戶」と伝えましょう。

2. 銀行口座開設の目的を伝える

台湾で銀行口座を開設する際は「台湾で何をしているか?」と「銀行口座の使用目的」の2点を必ず聞かれます。

「何をしているのか?」はつまり「何のために台湾に滞在しているか?」ということなのですが、語学学校に通っている(通う予定のある)方や留学生なら「讀書(ドゥウシュー)」、ワーホリや駐在員、現地採用などで働いている方なら「工作(ゴンーズオッ)」と答えます。

使用目的に関してはどちらの場合も「我想要存生活費(ゥオシャンヤオツンシェンフオフェイッ) … 生活費を預金しておきたい」と答えれば問題ありません。

3. 口座開設申請用紙に記入する

銀行口座開設申請用紙

すると口座開設用の申請用紙に名前や住所、電話番号などを記入するよう指示されます。

申請用紙はもちろん中国語ですが漢字なので項目ごとに書かれている文章をよく読めば、何の質問なのかはなんとなく理解できると思います。

この申請用紙にインターネットバンキングや外貨口座なども同時に申請するか否かのチェック欄があるはずなので、必要な方はチェックを入れるか、分からなければ申し出ましょう。

4. 通帳・クレジットカードを受け取る

申請用紙への記入を済ませて提出し、銀行側の処理が完了すると、通帳やクレジットカードの受け取り方法、(申し込んだ人は)インターネットバンキングの使い方(アプリやサイトへのログイン用ID・PW)に関する説明があります。理解できるまでしっかり確認しておきましょう。

玉山銀行の場合、通帳は即日発行でしたがキャッシュカードができあがるのは7営業日後でした。翌週に再び銀行を訪れてキャッシュカードを取りにいく必要があります。キャッシュカード受け取りの際にも通帳とパスポートが必要です。

僕は他にもいくつか台湾の銀行口座を所持していますが、中にはキャッシュカード・通帳など必要なものを全てその場で発行してくれる銀行もあれば、キャッシュカード・通帳は書留郵便で受け取り、銀行に電話して開通手続きを行う方式の銀行もありました。

台湾で銀行口座を開設してみた感想

台湾の玉山銀行のキャッシュカード入れと通帳

外国人の口座開設はやはり多少手間がかかるようで、僕が当時は中国語が満足に話せなかったこともあって、手続きが完了した時は実に2時間が経過していました。

運が良ければ日本語が話せるスタッフが対応にあたってくれる可能性もありますが、やはり日本語のみのコミュニケーションですと口座開設は厳しいというのが正直な感想です。

また台湾で銀行口座を開設した他の日本人の方の体験談を読むと、台湾で外国人が銀行口座を開設するには徐々に審査が厳しくなっているのか、その時によって必要な物も変わっていっているようですし手続きの流れも若干違うようです。

ポイントはこちらの意思をどれだけ正確に銀行側へ伝えられるかになるので、中国語や英語が話せない場合は通訳役の方についてきてもらわない限り、その場にいるスタッフの能力と対応次第となってしまいます。

外国人が台湾で銀行口座を開設するためには、必要な物を準備した上である程度の言語能力と少しの運が必要になるでしょう。

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

神奈川県出身。日本で会社員として約7年間働いた後に独立し、中国語を学ぶための台湾語学留学を経てそのまま台湾移住。現在は台中市を拠点にWebコンテンツ制作のフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

台湾の玉山銀行のキャッシュカード入れと通帳
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

神奈川県出身。日本で会社員として約7年間働いた後に独立し、中国語を学ぶための台湾語学留学を経てそのまま台湾移住。現在は台中市を拠点にWebコンテンツ制作のフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5