1. 「ナカジマチカ」トップページ
  2. 台湾
  3. 台湾生活記
  4. 台湾人のオレオ愛。台湾で見かけるオレオスイーツ集

台湾人のオレオ愛。台湾で見かけるオレオスイーツ集

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

突然ですが僕はお菓子の中でオレオが一番好きです(同点1位でたけのこの里も好き)。

僕が暮らしている台湾ではそのオレオを使ったデザートに出会う機会が多く、オレオ好きの自分は見たことのないオレオを活用した商品を見かける度に試しています。

そこで今回は僕が今までに台湾で見つけたオレオスイーツを紹介したいと思います。それではご覧ください。

台湾で見かけるオレオスイーツ

マックフルーリー

まずは日本のマクドナルドでも販売されているオレオクッキーのマックフルーリー。台湾のマクドナルドでも購入することができます。

どうでもいいのですが『冰炫風』という中国語名が漫画のキャラの必殺技みたいで格好良いですね。さて本番はここから。

かき氷

オレオ乗せかき氷

台湾でかき氷を食べる時は、マンゴーなどの台湾ならではのフルーツを使用したかき氷に心引かれますが、日本でもお馴染みのスイーツを使ったかき氷もなかなか侮れません。

写真は小琉球で食べたチョコかき氷オレオ・プリン・バナナ乗せ。

ケーキ

オレオケーキ

台湾にはオレオケーキという名を冠するケーキは多種多様の形状・味が存在しますが、こちらは台湾のスーパーのひとつ全聯で見かけ、そのオレオをそのままスケールアップしたような見た目に引かれて購入したオレオケーキです。

ただこの商品に関しては、OREOと刻まれたブラウニーっぽい生地に普通のクリームが挟まっているだけで、オレオ要素は見た目だけでした。

ダックワーズ

オレオダックワーズ

フランスの焼き菓子ダックワーズとアメリカのお菓子に台湾の発想を加えて生まれた一品。サンドされたクリームの中へオレオがまるまるひとつ豪快に差し込まれています。

オレオトースト

オレオトースト

台湾ではジャムなどを使ったトーストを売る朝ごはん屋さんが多数存在するのですが、中にはオレオを材料としたトーストを提供するお店もあります。

銀絲卷

オレオ銀絲卷

銀絲卷は小麦粉から作られた生地の中に、これまた小麦粉で作った糸状のものが入った料理です。燒餅油條と並ぶパンの中にパンのような個人的に少し不思議に感じる食べ物のひとつ。

そのまま食べると餡なしの饅頭のようなほのかに甘みを感じる素朴な味の食べ物なんですが、トーストと同様に練乳と砕いだオレオをかけると魅力的なスイーツへと変化を遂げます。

紅豆餅

オレオ紅豆餅

小腹が空いた時のお供、お馴染み紅豆餅(車輪餅)。台湾では路上で販売している屋台も多いので、台湾に来たことがある人ならご存知の方も多いと思います。

食べたことがない方のために説明すると、簡単に言えば日本の今川焼き(又は大判焼き/回転焼き)です。

名称に紅豆と書かれていますが、小豆だけでなくお店によっては餡のバリエーションを豊富に用意している所もあり、各店新商品の開発に勤しむ中で生み出されたと思われるのがこちらのオレオ紅豆餅。

外皮からオレオのクッキー部分が形状を保ったまま美しく露出、なんとも興味をそそるビジュアルになっています。

串揚げ

串揚げオレオ

こちらはスイーツに分類されるかどうか怪しいのですが、鹽酥雞のお店で見つけた串揚げオレオです。

写真の状態はまだ揚げられていない“生”の状態で、注文するとその場で揚げてくれます。

発想が90年代に日本の純粋な少年少女に良くも悪くも影響を与えた(? グルメ漫画のひとつ『OH!MYコンブ』っぽいですね。

最後に

以上、台湾にあるオレオスイーツの紹介でした。

実は台湾で生活を始めた当初は、オレオ好きとは言え「オレオは単独で食べたほうがうまいのでは?」と思っていたのですが、試してみると悔しいけど意外に美味しいものが多いんですよね。

オレオ好きのみなさんは台湾でオレオスイーツを見かけたら是非試してみてください。

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

神奈川県出身。日本で会社員として約7年間働いた後に独立し、中国語を学ぶための台湾語学留学を経てそのまま台湾移住。現在は台中市を拠点にWebコンテンツ制作のフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

オレオケーキ
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

神奈川県出身。日本で会社員として約7年間働いた後に独立し、中国語を学ぶための台湾語学留学を経てそのまま台湾移住。現在は台中市を拠点にWebコンテンツ制作のフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5