1. 圧倒的コンビニ密度を誇る台湾。台北に住む僕が自宅から500m圏内に何軒コンビニがあるか検証してみた

2018.07.082018.07.16

圧倒的コンビニ密度を誇る台湾。台北に住む僕が自宅から500m圏内に何軒コンビニがあるか検証してみた

ども台湾の台北市に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。

一時はUFOキャッチャー店で島が覆われてしまうのではないかと心配しましたが、台湾の街はやっぱりコンビニの多さが目立ちます。

台湾にあるコンビニがどのくらい多いかというと、台北市某所に住む僕の家から徒歩3分以内の距離でもサッと数えただけで4,5軒は見つかります。コンビニがある区画の次の区画の角にまた別のコンビニがあるのは割と普通の光景です。

というわけで今回は台北にある自宅から500m圏内を歩き回り、一体何軒のコンビニが見つかるのか検証してみました。どうぞご覧ください。

Advertisement

目次

台湾のコンビニ密度についての事前知識

コンビニが並んだ通り

いきなり本題に入る前に台湾のコンビニ密度についての知識を共有しておこうと思います。

台湾の4大新聞のひとつ自由時報の発表したデータをもとに、日本と比較した台湾のコンビニ数と人口あたりのコンビニ数をまとめてみます。

コンビニの総数人口あたりのコンビニ数
日本55,3222,248人あたり1店舗
台湾10,6622,211人あたり1店舗

このように結構コンビニがあると思っていた母国の日本より台湾の方がコンビニ密度が高いです。国ごとにコンビニ密度を見ていくと台湾は世界第2位、そして日本が3位と続きます。

では1位はどこかというと同じく東アジアの韓国がトップに君臨していて、そのコンビニ密度はなんと1,452人あたり1店舗だそうです。ぶち抜けていますね。

※各数値は2017年12月末の情報

自宅周辺にあるコンビニの数を検証

条件

  • 台北市の自宅から500m圏内にあるコンビニを調査(距離円表示 by Google Mapsを使用)
  • セブンイレブン、ファミリーマート(全家)、ハイ・ライフ(萊爾富)、OK Martを対象とする
  • 真のコンビニエンスさに欠ける地下や建物2階以上にある店舗はカウントしない

台北駅から500m圏内

500m圏の距離感ですが、台北駅(台北車站)を中心にした場合は上記のような範囲となります。上は台北市現代美術館、下は二二八和平公園に多少かかるくらいの距離です。

検証スタート

セブンイレブン

家から出発して30秒で1軒目を見つけました。まずは王道セブンイレブンです。日本と同じで台湾でも一番店舗数が多いコンビニチェーン。

ファミリーマート

早くも2軒目。コンビニを発見するごとに店舗写真を収めていくつもりではありましたが、ただ看板や外観を撮っていくだけだと面白くないので、台湾のコンビニで売っている物や日本のコンビニとの違いなどを、コンビニを見つけた数だけ書き添えていこうと思います。

台湾のコンビニの飲み物コーナー

3軒目。台湾といえば食だと思っているので、まずは台湾のコンビニにある飲食物を見ていきましょう。

ドリンクスタンドが街に溢れる台湾らしく色彩豊かなパッケージの飲み物が並びます。ただ砂糖が入っていない飲み物を探すのが難しかったりします。

味全の農榨

4軒目。ちなみに台湾のコンビニで購入できる僕のおすすめドリンクは、自分のTwitter(@nakazimachica)でも再三アップしていますが味全の農榨シリーズ

各ドリンクスタンドと泰山がコラボしたドリンク

5軒目。あと最近は各ドリンクスタンドと泰山がコラボしたドリンクシリーズもなかなか。中でもおすすめは檸檬小紫蘇(レモンバジルシード)。

常温飲料コーナー

6軒目。こちらは常温飲料コーナー。

恋人が生理中に冷たいものを摂取しようとすると叱ってくれるのが台湾人男子で、一緒に居る台湾人女性の生理中に何気なく暖かくないもの(生野菜のサラダなどを含む)を食べることを提案してしまい怒られるのが僕。

カットフルーツ

7軒目。南国っぽくカットフルーツが並ぶ棚も。季節によってフルーツの内容は変わります。

焼き芋

8軒目。検証している現在の季節は夏ですが焼き芋が売っています(一部店舗除く)。個人的には甘い食べ物が苦手でなければ台湾で是非食べて欲しい一品です。

台湾のおでん

9軒目。焼き芋同様、日本では寒い季節の食べ物というイメージの強いおでんも1年中販売。

ソーセージ

10軒目。これも台湾のコンビニでは一般的なソーセージコーナー。初めて見た時は何だかシュールでしたが意外と美味しいです。

茶葉蛋

11軒目。多くの日本人が苦手な臭いを発する茶葉蛋。ただ台湾で数ヶ月間生活をすると何も感じなくなります。

台湾のコンビニに置かれた海外のお菓子

12軒目。日本や韓国、アメリカなどのお菓子も置いてありますが、海外のお菓子の価格は大体1.5倍〜2倍に設定されているので、日本から台湾へ旅行に来ている人達は台湾で日本のお菓子を買わないようにしましょう。たまに日本メーカーの台湾限定商品もあります。

台湾のコンビニで販売されている日本のアイスの価格

13軒目。日本のアイスはべらぼうに高い。ガリガリ君は驚異の39元(約140円)で日本の約2倍。

お酒コーナー

14軒目。日本人観光客が多く滞在するエリアのコンビニではお酒コーナーの充実度が高い気がします。

台湾のフルーツビール

15軒目。台湾のフルーツビールシリーズ。昔はマンゴーやパッションフルーツ、桃などのフレーバーもありましたが最近見かける機会が減りました。

台湾セブンイレブンで売られているタピオカミルクティー(黑糖珍珠撞奶)

16軒目。時給が良くない割に色々なことをやらなくてはいけないコンビニのアルバイト。セブンイレブンでは業務のひとつにタピオカミルクティー(黑糖珍珠撞奶)の販売があります。

雨傘

17軒目。ここから飲食物以外のものを紹介していきます。台湾の北部・東部のような雨の多い地域では必需品の傘。置いてある傘はパステルカラーが多め。

雨傘

18軒目。使い捨ての雨合羽もあります。雨が降りがちな九份や雨の日の夜市へ向かう際に1枚買っておくと役立ちます。安いのは30元(約108円)で購入できるお手頃価格。

紅い封筒

19軒目。日本では結婚式の祝儀の包みのベースカラーは白ですが、白は中華圏では葬式を連想させてしまう色なのでタブーとなっており、めでたい場においては紅い封筒を使用します。

書籍コーナー

20軒目。書籍コーナーは日本に比べて小さいか書籍コーナー自体がありません。そんな限られたスペースの棚に日本語の学習本が置いてあり日本人としては嬉しい限りです。

ATM

21軒目。日本のクレジットカードで台湾ドルをキャッシングできるATMも設置してあります。

台湾ではどこで日本円を台湾ドルに両替するのがお得なのか? について台湾に来る誰もが一度は考えることだと思いますが、旅行で使う程度のお金でしたら空港の銀行で両替えするかATMでキャッシングするのが一番良いです。

ibon

22軒目。店内にある端末を使用すると、各種交通機関のチケットを購入やネット上で予約したチケットの受け取りができるので、観光の際にうまく活用すると旅がスムーズになります。

台湾のコンビニの品出し風景

23軒目。台湾のスーパーも同じですが、客の導線を遮る品出しも辞さない。

台湾のコンビニのお手洗い

24軒目。日本のコンビニとの大きな違いですが、台湾のコンビニはお手洗いがある店舗が非常に少ないです。

台湾東部ではトイレ付きのコンビニもよく見かけましたが、基本的に台北で街を歩いている時に催したらコンビニではなくマクドナルド(麥當勞)などのファーストフード店を探すのが賢明です。

イートスペース

25軒目。逆に日本にコンビニであまり見られない台湾のコンビニで一般的なものは、客が自由に利用できる(建前上はそのコンビニで商品を購入した人のみ)イートスペースです。

大体はお店の一部をスペースに当てることが多いのですが、たまに地下や2階をまるまるイートスペースにしている店舗もあります。

また登録すれば無料で利用できるWi-Fiも飛んでいますし、基本的に何時間居ても文句を言われることはないので喫茶店代わりに利用している人もいますね。

検証結果

さて約2時間に及ぶ自宅から500m圏内にあるコンビニの調査が完了しました。まずはコンビニの分布概念図をご覧ください。

自宅を中心とした500m圏内のコンビニ分布概念図

図全体の方位はランダムに変更しておりますが、台北市に僕の自宅周辺のコンビニ密度はこの通りです。

今回検証した500mの半分の距離である250m圏内でも既に8軒のコンビニがあるので相当な密度です。ちなみに250mは徒歩にして大体3〜4分の距離。

次に各コンビニの店舗数と合計です。

店名店舗数
セブンイレブン13
ファミリーマート9
ハイ・ライフ3
合計25

各コンビニの店舗数の比率は台湾全体にあるコンビニの比率から見ても順当で、1位はセブンイレブンで13軒、2位がファミリーマートで9軒、3位がハイ・ライフで3軒、ちなみに台湾全体に1,000軒弱しか店舗がないOK martは0軒でした。

台北市に住む僕の自宅から500m圏内にあるコンビニの総数は25軒という結果になりました。

最後に

OK mart

以上、コンビニ密度世界第2位台湾は伊達じゃないことが分かる検証結果でした。

検証前は「大体15軒くらいかな?」と想定していたのですが、あまりに次から次へと見つかるので途中で数えるのが嫌になりました。

みなさんも台湾へいらした際には、このように比較的すぐに見つかる台湾人の生活に密接している台湾のコンビニに入って、台湾の特色や日本との違いを楽しんでみてください。

※1元=3.6円で計算(2018年7月8日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

バスチケット

台湾のコンビニで高速バスのチケットを事前購入する方法

台湾は日本に比べると交通費が非常に安いです。中でもバスの運賃は非常にお得で、例えば各都市へ移動するための高速バスの場合、台北から台南(大体東京→名古屋くらいの距離)を移動したしても、運賃は1,500円...

茶葉蛋が煮込まれた電気鍋

台湾のコンビニが臭いのはなぜ!? 異臭の元?「茶葉蛋」を買って食べてみる

台湾のコンビニで飲み物でも買おうとお店のドアを開けた瞬間強烈に匂ってくる、お茶と八角などの香辛料で煮込まれた日本には無いアイツの存在をご存知でしょうか。 匂い自体を知っていたとしても近寄り難い雰囲気を...

經濟宅急便專用包材

台湾クロネコヤマトを利用して配達日指定で郵便物を送ってみた

最近台湾国内で配達日を指定して郵便物を送る用がありまして手軽な方法を探していたのですが、そこで見つけたのが台湾クロネコヤマトの經濟宅急便と呼ばれる、日本のクロネコヤマトの宅急便コンパクトにあたる商品で...

台湾の焼き芋

これを食べたら日本の焼き芋はもう食べれない?! 台湾のおすすめ冬スイーツ「烤地瓜」

日本でのさつまいもの思い出といえば、よくスーパーでなるべく大きめの生のさつまいもを一本100円~150円くらいで買ってきて炊飯器で蒸して食べてましたが、やっぱりさつまいもは専用機器を使って調理した方が...

黒パイナップルケーキを2つに割った状態

普通の台湾パイナップルケーキに飽きた人へ。黒×黄のコントラストが美しい高女婿の黒パイナップルケーキをお土産に買ってみた

日本人の間で知られている台湾の定番土産と言えば『鳳梨酥(パイナップルケーキ)』ですが、あまりに定番すぎるので誰かに買っていくと「実は何回か貰ったことある」なんて告白されたりして軽く傷つくこともあります...

旧正月休みのお知らせ

台湾の旧正月休み中は観光に影響あるの? 旧正月中の台北の街の様子を見に行ってみた

台湾で旧正月を迎えるのはこれで3回目、ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。台湾はおとといの2月16日に農暦の1月1日を迎え、現在旧正月休み(春節)真っ只中です。 僕が台湾で...

PIER5のお店

開放的な席で水辺の風景を眺めながらお酒を愉しめる河岸コンテナマーケット。「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」に行ってみた

ども、最近蒸し暑い日が続く台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。 今回はそんな暑い日にぴったりのなかなかお洒落な台北の遊び場を見つけたので早速行ってまいりました。 信義区を...

「Free Wi-Fi & TOKYO」アクセスポイント

一時帰国中でネット環境に飢えている僕が東京都公式フリーWi-FIサービス「Free Wi-Fi & TOKYO」は実用に耐えるレベルなのか検証してみた

現在一時帰国みたいな形で日本に居るわけですが、スマホでネット使うためだけに月極の契約を結ぶのも勿体無いので、糞高いプリペイドSIMカードを買ったりして何とかスマホでのネットライフをしのいでます。 その...

台湾のセブンイレブン

台湾セブンイレブンの無料Wi-Fi「7Wi-Fi」の利用方法を紹介

僕は現在台湾に住んでいるのですが、ある朝起きたらいつもなら繋がるはずの部屋のWi-Fiに繋がらず、更には普段チャージして使っているスマホのプリペイドSIMの残額も0になるという状況が同時に起こってしま...

至誠路二段側へ階段

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。 今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみ...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook