1. 「ナカジマチカ」トップページ
  2. 雑記
  3. 台湾で購入してきた台湾成分強めのTシャツコレクションを紹介
Update

台湾で購入してきた台湾成分強めのTシャツコレクションを紹介

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

僕の趣味のひとつに“面白Tシャツ集め”があるのですが、1年を通して比較的暖かい日が多い台湾で暮らし始めてからはTシャツを身につける機会が増えそのTシャツ集めが加速。

台湾のローカル服屋などに入り、日本では絶対に売られていないようなデザインのプリントTを見つけては手を伸ばす日々を送っております。

今回はそんな僕が今までに台湾で購入してきたTシャツコレクションの中で、特に気に入っているものを紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

目次

  1. 勅令
  2. 吃喝玩樂
  3. 屏東天后宮
  4. 門神
  5. 戲獅甲

01. 勅令

勅令Tシャツ

ローカル服屋さんで購入。290元(約1,044円)。勅令のお札をイメージしたデザインで、くだらないことが書かれています。

この価格帯のTシャツにしては珍しく、前だけではなくバックの襟下にも印字されているのがポイント。

ちなみにこの後も度々出てくる“ローカル服屋”とは、主に台湾の市場エリアなどに店を構える服屋で、日本で言うところのスーパーのファッション・服飾雑貨コーナーで売られているような服を揃えた、メイン客層を小学生以下の子供がいる親や服に無頓着な中高年としている服屋です。

02. 吃喝玩樂

吃喝玩樂Tシャツ

こちらもローカル服屋さんで購入。199元(約716円)。この4文字は直訳すると食って飲んで遊んで楽しむですが、欲望のままに楽しむ生活という意味がある成語です。

色合いが気に入って買ったのですが、ご覧の通り複数色使われているのでカラーパンツと合わせやすいです。敢えてなのかは分かりませんが配置されたフォントの抜け感がイラストを可愛くしすぎない塩梅を生んでいます。

ちなみに当初はL〜XLくらいの着用感だったんですが、1回乾燥機にかけたらMまで縮みました。

03. 屏東天后宮

屏東天后宮Tシャツ

数年前、所謂「進香團」の人達が身につけている帽子やTシャツなどのグッズを探していたのですが、その過程で念願かなって手に入ったTシャツです。

これは屏東にある天后宮のTシャツで、日本ではなかなか見かけない目が覚めるような黄緑の色味に、人間の血液のように深いトーンの「天后宮」の文字が特徴的。

右袖に人名、バックには表面のクラシックなフォントとは真反対のラブリーな媽祖様のイラストが入っているので1枚で着ることは滅多にありませんが、インナーとして差し色で使うことが多いです。

値段はすみません、記事タイトルに反しますが頂きものなので不明。こういったTシャツは基本的に非売品らしいので、欲しい場合は台湾人の友人・知人、普段着として身につけている方などに尋ねてみましょう。

04. 門神

門神Tシャツ

ローカル服屋さんで購入。299元(約1,076円)。

文字通り門の神様をデフォルメしたキャラクターに小4くらいが好きそうなフォントでそれっぽい英文が添えられた一枚。ギリギリダサい。だがそれが良い。

05. 戲獅甲

戲獅甲Tシャツ

こちらは高雄市歷史博物館のお土産売り場で購入した、戲獅甲という高雄のサーカス的なイベントTです。

美術館や博物館で売られているTシャツは素敵なデザインが多いのでお土産売り場は必ず覗くようにしています。実際この1枚もかなり格好良い。

アピールポイントとしては鮮やかな色彩のでかプリントがフロントだけではなくバックにも入っていて、前からも後ろからも楽しめます。

値段は今回紹介した中ではやや高めの599元(約2,156円)。それでもこの充実のデザインならお得でしょう。

最後に

以上、僕が台湾で収集してきた台湾成分強めのTシャツコレクションの紹介でした。

台湾で着ると子供っぽく見られてしまう可能性の高いTシャツも混じっていますが、日本では着こなし次第で中国語が分からない効果もあり逆に格好良く見せられるTシャツも混じってるんじゃないかなと思います。

興味がある方は台湾のローカル服屋に入って、お気に入りの一枚を探してみてください。

※1元=3.6円で計算(2020年7月5日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

神奈川県出身。日本で会社員として約7年間働いた後、台湾で語学留学・ワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にWebコンテンツ制作のフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

戲獅甲Tシャツ
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

神奈川県出身。日本で会社員として約7年間働いた後、台湾で語学留学・ワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外す。現在も台湾を拠点にWebコンテンツ制作のフリーランスとして生活中。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5