1. 250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

2018.04.22

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。

今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみました。

ということで、芝山巖惠濟宮への行き方や現地の様子を紹介していきます。どうぞご覧ください。

Advertisement

目次

「芝山巖惠濟宮」とは?

芝山巖惠濟宮の門

芝山巖惠濟宮は台北士林区の芝山の中にある神様が祭られている御殿です。

その歴史は今から250年以上前と古く、1751年に福建漳州の人々が台北の士林に移住した後に建立し、1900年代後半に数回の修繕を経て今の形となりました。

芝山巖惠濟宮への行き方

台北MRT芝山駅で降り、1番出口から出て15分ほど歩くと到着します。

芝山巖惠濟宮の様子

芝山の山路01

まずは芝山巖惠濟宮へ行くために、「雨聲街」というロマンチックな名前を持つ通りに面する山路から芝山を登っていきます。

なかなか急な坂になっていますが象山ほどではありません。

芝山の山路02

ドラえもんの下校風景のような4つの道が交わる十字路があることから分かるように、芝山内の山路は少しだけ入り組んでいます。

芝山巖惠濟宮正殿

御殿があるところに到着しました。こちらが芝山巖惠濟宮正殿です。

芝山巖惠濟宮から見た街の風景

御殿があるところは高台になっているので台北の街を見渡すこともできます。

石像

某有名な方々の石像がありますね。

龍の頭の水場

龍の頭が並んだ水場。

250年の記念石柱

廟が建てられてから250年を記念する石柱です。

日本の台湾統治後初の日本語教育学校の歴史

芝山巖惠濟宮の一部はかつて日本の台湾統治後初の日本語教育学校(公学校の前身)があった場所でした。よって学業成就のご利益もあります。

芝山巖惠濟宮内部

山奥にしてはここで働いている方は意外と多く、廟内部はかなり綺麗に整備されています。

参拝順序および御殿のつくり

参拝順序および御殿のつくりはこのようになっております。

仏道修行者の石像

至誠路二段側へ階段を降りていくと、十六羅漢、十八羅漢、五百羅漢と呼ばれる仏道修行者の美しい石像が並んでいます。

至誠路二段側へ階段

芝山巖惠濟宮へと続く至誠路二段側の山を登る階段はこのように両脇に提灯がびっしりと敷き詰められています。夜中は灯りが点くのでより幻想的な風景になります。

最後に

芝山巖惠濟宮正面

以上、長い歴史を持つ芝山巖惠濟宮の紹介でした。

芝山巖惠濟宮は清朝統治時代、日本統治時代、中華民国統治時代を経ており、様々な史観が交わる台湾の歴史が一筋縄ではいかないことを思い知らされる場所でもあります。

当時の日本人がこの場所へどのように関わったのか気になる人は「六氏先生」などで検索してみるとより色々なことがわかります。

施設情報

芝山巖惠濟宮

臺北市士林區至誠路1段326巷26號地図(Googleマップ)で見る

営業時間/05:00〜19:00

定休日/なし

https://www.travel.taipei/ja/attraction/details/775

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

基隆駅近くの国光客運バスターミナル

台北から基隆(キールン)へバスで行く方法

先日台北から基隆(キールン)へ遊びに行ってきました。基隆は台湾北部にある港町で、日が暮れると基隆廟口夜市という比較的大きな夜市が盛り上がる場所です。 台北駅から基隆へのアクセスは台鉄で行く方法もありま...

PIER5のお店

開放的な席で水辺の風景を眺めながらお酒を愉しめる河岸コンテナマーケット。「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」に行ってみた

ども、最近蒸し暑い日が続く台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。 今回はそんな暑い日にぴったりのなかなかお洒落な台北の遊び場を見つけたので早速行ってまいりました。 信義区を...

カラフルな傘のパブリックアート01

傘が開いていたらラッキー? 新北市板橋区にある複合アートスペース「板橋435藝文特區」に行ってみた

台湾の新北市板橋区にある「板橋435藝文特區」という場所を最近訪れたのですが、そこで展開されていたパブリックアートがなかなか素敵だったんですよね。 というわけで今回は板橋435藝文特區のアクセス方法や...

普通代幣卡

台湾新幹線に乗れば運賃が無料に! バスに乗って嘉義新幹線駅から嘉義火車駅へ運賃無料で行く方法

先日台北から台湾新幹線を利用して嘉義まで行く機会がありました。嘉義の新幹線駅から嘉義火車駅への移動はバスを利用したのですが、その時のバスの運賃が無料だったんですね。 ということで今回は台湾新幹線を利用...

.TPE-Free AD WiFiロゴ

事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説

台湾を旅行する際、どうするか迷うことの1つとして挙がってくるのがインターネット環境です。そして台湾・台北へ旅行にいらっしゃる方に朗報です。 現在台北では、台北を旅行する多くの方がメイン交通機関として利...

迪化街の入口

台湾・迪化街(ディーホアジエ)の場所と行き方を解説

ども台北在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。僕はたまに家から近い迪化街(ディーホアジエ)へふらっと遊びに行くことがあります。 そこで気付いたのですが最近その迪化街の様子が少しずつ変...

益品書屋店内07

本を売らない本屋さん。上質な空間で寛ぎながら本を読むことができる台湾の本屋「益品書屋」を紹介

年末に差しかかり台北も冬を感じる日が多くなってきました。夏が終わると一瞬で秋から冬へと切り替わるのは台北のいつもの流れですね。日本の冬と違い雨もよく振るのでこの季節は外に出るのが億劫になります。 そん...

水月池と大殿02

心洗われるスタイリッシュなお寺「法鼓山農禪寺」に行ってみた

こんにちは。新しいものから歴史のあるものまで建築物大好きナカジマチカ(@nakazimachica)です。 最近Instagramから「台北に格好良いお寺がある」という情報を仕入れまして(唐突)、早速...

新竹駅(新竹火車站)

台北駅から新竹へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを紹介

先日、所用で台湾の新竹へ行ってまいりました。新竹と言えば「台湾のシリコンバレー」とも呼ばれ、多くの日本企業が進出している場所です。 その新竹には台鉄や新幹線も通っており台北からのアクセスも比較的便利な...

ATM操作画面01

日本のクレジットカードを使って台湾のATMでキャッシングをする方法

台湾に数日滞在するだけならわざわざ日本円を両替えしなくても、日本で作ったクレジットカードでキャッシングして台湾ドルを手に入れれば済むでしょう。 というわけで今回は、台北の街を歩けば大体3分くらいで見つ...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook