1. ベトナム旅行なら「Vietnamobile」のSIMカードをAmazonで購入するのがオススメ

2018.03.182018.06.02

ベトナム旅行なら「Vietnamobile」のSIMカードをAmazonで購入するのがオススメ

先日、ベトナムのホーチミンへ行ってきたナカジマチカ(@nakazimachica)です。

さて普段は海外でネットを使用するために現地に到着したらまず空港でSIMカードを購入することが多いのですが、今回はベトナムの通信事業者のひとつであるVietnamobileのSIMカードを事前にAmazonで購入してみました。

その「Vietnamobile」のSIMカードをAmazonで購入した理由と、現地で使用してみた感想などを書きたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

目次

AmazonでVietnamobileのSIMカードを購入した理由

日本で購入してもかなり安い

タンソンニャット空港前で売られていたSIMカード

街中のショップで購入すればもっと安いSIMカード(プラン)も購入できると思いますが、以前ベトナムのハノイがあるノイバイ空港でmobifoneのSIMカードを買った時は、ネット使い放題でしたがネットのみしか使えないプランで900円くらいでした。

ですがAmazonでベトナムで使用できるSIMカードを探してみると、VietnamobileのSIMカードが500円前後、しかも関東への配送なら送料も無料で売られています。

今回訪れたホーチミンのタンソンニャット空港前で売られていたSIMカードも150,000ドン(約720円)〜だったので、日本で事前に購入しても現地で売られているSIMカードの価格と同じくらいか、むしろ安いことがわかります。

しかも現地ですぐにSIMカードが必要な場合でも、LCCを利用して深夜や早朝に到着したら空港でSIMカードを販売するショップが開いている保証はないので、事前に日本で購入しておいた方が安心です。

数日間の旅行なら充分な容量

Vietnamobileのパラソル

今回Amazonで購入したVietnamobileのSIMカードは、現地で使用を開始してから30日間15GB分使用可能でした。

空港で購入すると○日間無制限ネット使い放題タイプのSIMカードが販売されていますが、正直言うと数日間の旅行なら15GBあれば充分です。

電話番号(30分間の無料通話)付き

ベトナムで配車したUber MOTO

電車やメトロなどが無いベトナムの移動には必須とも言える配車アプリUberを使用するためにはアプリ上で電話番号認証が必要です。その点を考えて今回購入したVietnamobileのSIMカードは、電話番号と無料通話30分間が付いてくる点も良かったです。

ちなみにUberの競合であるGrabを使用する場合、ベトナムの電話番号は必須ではありませんが、同様に電話番号を用意しておいた方が良いでしょう。

なぜならベトナムで配車アプリを利用する場合、ベトナム語が話せない利用者に対してはドライバーがピックアップ場所周辺で利用者に電話をかけて電話に応じた人を目印に探したりする場面もよく見られました。

VietnamobileのSIMカードの使い方

Amazonで購入したVietnamobileのSIMカード

封筒にSIMカードと説明書がそのまま入っている状態で送られてくるので、台紙からSIMカードを取り外してスマホに挿入するだけです。

iPhoneならプロファイルが何もインストールされていない場合、SIMカードを挿入したら全てが自動で設定され、ベトナムに到着したらすぐにネットを使用できるようになります。

Androidの場合は

  • 名前:Veitnamobile
  • APN:Internet
  • ユーザー名:[空欄]
  • パスワード:[空欄]
  • 認証方式:CHAP

と入力して新しいAPNを作成して保存し、このAPNに設定しましょう。

電話番号はどこに書いてある?

VietnamobileのSIMカードの台紙

電話番号はSIMカードの台紙の左上に太字で書いてある0から始まる11桁の番号です。Uberなどの認証をする時はこちらの番号を入力してください。

ベトナム・ホーチミンでVietnamobileのSIMカードを使ってみた感想

ベトナム・ホーチミンの街並み

現地での使用した主なアプリはSNS系アプリ、Uber、Googleマップです。繋がる回線は3Gとなるので速度はやや遅めですが基本的には問題ありませんでした。

※1,000ベトナム・ドン=4.8円で計算(2018年3月18日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

mobifoneのSIMカード台紙

ベトナム・ノイバイ空港で「mobifone」のプリペイドSIMカードを購入してネット接続してみた

先日ベトナムのハノイへ行ってきたのですが、ハノイにあるノイバイ空港にてプリペイドSIMカードを購入してインターネットをしてみました。 そこで今回はベトナム・ノイバイ空港でのプリペイドSIMカードの購入...

台湾大哥大 公式サイト トップページ01

台湾大哥大(台湾モバイル)の会員登録方法を紹介

台湾大哥大のプリペイドSIMカードは会員登録をしなくてもパスポート番号と電話番号さえあれば公式サイトからオンラインチャージなどが出来るようになっていて、台湾でネットを使うための基本的な部分に関しては特...

FREETELのPrepaid Data SIM for Japan

主要コミュニケーションアプリの通信費が無料! 台湾でFREETEL「Prepaid Data SIM for Japan」を買って日本で使ってみた

僕は現在台湾で生活していて時々日本へ帰るのですが、今までは比較的短い期間の帰国だったので、8日間利用できるWi-Ho!の日本卡というプリペイドSIMカードを買っていました。 ですが今回は少し長めの帰国...

ハノイ市内行きの専用高速バス

ベトナム・ノイバイ空港からハノイ市内(ハノイ駅)へ専用高速バスで行く方法

先日ベトナムのハノイを旅行してきたのですが、ハノイは観光に適している市内と空港が少し離れているので、市内周辺で遊びたい場合は何らかの方法で市内へ行く必要があります。 旅行前に交通手段を調べてみたところ...

ツーリストSIM「TrueMove H」のパッケージ

タイ(バンコク)のドンムアン空港でSIMカード「TrueMove H」を買って試してみた

今回はタイのバンコクを中心に旅行してきまして、その際タイの通信事業Trueが販売する「TrueMove H」というツーリストsimカードを現地で購入し、自分のiPhoneに挿れて使ってみました。 とい...

csl Discover Hong Kong Tourist SIM Card

香港国際空港でcslのSIMカードを購入して使ってみた。買い方と設定方法を紹介

先日香港を旅行してきたのですが、その際に香港現地で購入したプリペイドSIMカードを初めて使用してみました。 使用するプリペイドSIMカードを旅行前に色々と調べて検討してみたところ、比較的手に入れやすく...

台湾大哥大のチャージに関するページ

台湾大哥大(台湾モバイル)のSIMカードをオンラインチャージする・有効期限を延長する方法

台湾でプリペイドSIMカードを購入したことがある方は、再び台湾を訪れた際に以前購入したSIMカードを再利用してネットに繋ぐことができるのか、それともまた新しいSIMカードを買い直す必要があるのか? と...

中国联通のSIMカード

中国・広州白雲国際空港でプリペイドSIMカードを購入してみた。販売場所や買い方を紹介

最近はよっぽどのことがない限り、海外へ行く時は現地キャリアのSIMカードを購入しSIMフリーのスマホでインターネットを楽しんでいます。 少し前に僕が現在住んでいる台北から2時間ほどで行ける中国の広州へ...

LINEモバイルのロゴ

【台湾在住日本人の一時帰国用SIMカード選び】3ヶ月に1回以上帰国するならお得な「LINEモバイル」を契約した

この度、日本に帰国したタイミングで「LINEモバイル」のSIMを契約してきました。 今までは日本へ帰る時に都度台湾で日本用のプリペイドSIMカードを購入すればいいやと思ってたのですが、台湾に長期滞在で...

Wi-Ho!のプリペイドSIMカード自動販売機

台湾から日本へ一時期帰国する際に台湾で売られている日本用のWi-Ho!プリペイドSIMカード「日本SIM卡」を買って試してみた

僕は台湾で暮らしていて時々短期で日本へ帰ったりするのですが、日本で契約している回線が無いので毎回プリペイドSIMカードを購入し、SIMフリーのスマホに挿すことでネットを利用しています。 日本に着いてか...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook