1. 本を売らない本屋さん。上質な空間で寛ぎながら本を読むことができる台湾の本屋「益品書屋」を紹介

2017.12.24

本を売らない本屋さん。上質な空間で寛ぎながら本を読むことができる台湾の本屋「益品書屋」を紹介

年末に差しかかり台北も冬を感じる日が多くなってきました。夏が終わると一瞬で秋から冬へと切り替わるのは台北のいつもの流れですね。日本の冬と違い雨もよく振るのでこの季節は外に出るのが億劫になります。

そんな中、入場料100元さえ払えば暖かい室内でドリンクを飲みながら店内においてある本を時間無制限でゆっくり読むことができる、この時期にうってつけの本屋があるということを知りまして早速行ってきました。

というわけで今回はその本屋「益品書屋」を紹介していきたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

益品書屋の場所

MRT「忠孝新生」駅と「東門」駅の間にありますが、歩いて行くなら忠孝新生駅からの方が若干近いです。

益品書屋外観

益品書屋は現在、こちらの台北店と更に立派な台中店の2つがあります。

益品書屋の利用方法と店内の紹介

益品書屋受付

初めての来店の場合、まず受付でシステムの説明を受けます。そして入場料の100元(約380円)を支払います。

益品書屋店内01

営業時間内(11:30〜19:30)ならば何時間滞在しても入場料金は一律100元(約380円)で店内にある本は全て読み放題です。

レシート

入場料のレシートを受付で提示すれば再入場できるので、途中で食事のために外へ出て再び戻ってくることも可能です。

ドリンクバー

店内にはドリンクバーがあり、コーヒー、各種お茶、冬瓜スムージー(謎のこだわり)は飲み放題になっています。

お手洗い

もちろんお手洗いもあります。非常に清潔で安心して使用できます。

益品書屋店内02

置いてある書籍のジャンルは普通の本屋と異なり、料理、旅行、芸術、デザイン、建築、歴史、画集、絵本などがメインです。漫画や小説はありません。

日本食に関する書籍

日本語や英語の本もあります。

益品書屋店内03

本を手に取ったら空いている席に座りましょう。こちらは開放的な窓際席。

益品書屋店内04

店内に置かれている椅子は鉄製・プラスチック製がメインですが、カフェのような柔らかい椅子もあります。

益品書屋店内05

今回は平日に訪れたのですが、客層は身なりのきちんとした人が多かったです。

益品書屋店内06

店内は足音を立てるのを躊躇するくらい静寂が響いています。会話をしている人も勿論いましたがかなり声量を抑えていました。電話を受ける人も一旦外へ出るなどの対応をしていて台湾にいる気がしなかったです。

ヴァイオリンの生演奏

その静寂にそっと華を添えるようなヴァイオリンの生演奏まであります。

益品書屋にある書籍

考えていることを整理したり何かアイデアを出す必要がある時に使えそうですね。

益品書屋の惜しい点?

益品書屋店内07

ただこれだけ素晴らしい環境に対し残念なのは、Wi-Fiやコンセントの提供無し、飲食類の持ち込み禁止という点です。そこは普通の本屋と同じ環境とルールですね。

裏を返せば本屋として一定ラインの規律を設けていることが上質な環境を維持できている秘訣でしょうし、この空間では本を読むことに集中して欲しいという理念が伝わってきます。

最後に

益品書屋店内08

以上、本を売らない本屋「益品書屋」の紹介でした。日本にある「泊まれる本屋」がコンセプトのBOOK AND BED TOKYOに近いシステムの本屋ですね。

シトシト雨が振り続け底冷えする台北の冬にぴったりの室内レジャースポットだと思うので是非利用してみてください。

施設情報

益品書屋 EP BOOKS

台北市中正區仁愛路二段69號地図(Googleマップ)で見る

営業時間/11:30〜19:30

定休日/なし

http://epbooks.com.tw/

※1元=3.8円で計算(2017年12月24日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

益品書屋店内07

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5