1. 中華包丁で叩かれる独特の快感!? 台湾の「刀療(包丁マッサージ)」を受けてみた

2017.08.202017.09.12

中華包丁で叩かれる独特の快感!? 台湾の「刀療(包丁マッサージ)」を受けてみた

師範大学の語学学校に通っていた頃に出た、中醫(漢方医/伝統中国医学)の選択授業で紹介されてからずっと行ってみたかった「刀療(包丁マッサージ)」を受けに行ってみました。

包丁マッサージという字面だけ見ると物騒に思う方もいるかもしれません。けど、どんなマッサージなのかちょっと興味が湧きませんか? そしてその包丁マッサージを台湾では気軽に受けることができます。

というわけで今回は実際に台湾で刀療(包丁マッサージ)を体験してみた僕が、刀療の簡単な説明と刀療の施術内容などを紹介していきたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

「刀療」とは?

中国の周の時代に始まったと言われている、特殊加工された中華包丁を使って身体に刺激を与える民間療法です。

包丁を使うことで通常の手のマッサージでは届かない肉体の深部まで刺激を与えることができると言われています。

今回施術を受けた所と同じ協会に所属する日本支店のWebサイトで、イラストと動画でざっくり刀療に関する歴史などの情報を見ることができますのでご覧ください。

刀療を受けた場所

刀療の様子

今回は台北地下街Y区のY16出口付近にある「先天刀療大法(中正支店)」という場所で受けました。台北地下街Y区を通る度にいつも気になってたんですよね。台北地下街Y区に行ったことある人なら見かけたことがある人も多いと思います。

お店の人の話によると台湾にある刀療の店舗はほぼ今回僕が訪れた店舗が属している先天世界刀療協会の傘下だそうです。また海外では日本やマレーシア、タイなどに同協会の支店があるとのことです。

施術の流れ

先天刀療大法(中正支店)店頭

それでは刀療を受けてみましょう。予約などは必要ないので直接現地へ行き受付の人に声をかけます。

「包丁マッサージ」などの必要最低限の日本語は理解できるようなので、身振り手振り+「包丁マッサージ」と言えば分かってくれるはずです。

コースと料金表

次に何分間のコースを受けるか下記から選択します。

時間料金
10分コース(お試し)220元(約792円)
30分コース(上半身のみ)660元(約2,376円)
45分コース(全身)880元(約3,168円)
60分コース(全身)1,220元(約4,392円)

僕は今回この中から45分コースを選びました。

施術を受けるベッド

コースを選ぶとすぐ近くにあるベッドに案内されます。ベッドは施術毎に消毒され、枕元には使い捨てのフェイスカバーも置いてあり衛生的です。

ベッド下の収納ボックス

ベッドで横になる前に、体に身につけているものを全てベッドの下にある収納ボックスに入れます。

基本的に包丁を使う際邪魔になるようなものはポケットから全て出し、ズボンやスカート等に通したベルトも外します。よって刀療を受ける際は金属やプラスチック製などの装飾品が付いた服を着ていくのは避けたほうが良いでしょう。

マッサージに使用する中華包丁

そしてこれが施術に使う中華包丁です。

今回僕が訪れた所は、調理などに使う包丁と違い、切れないよう特殊加工された中華包丁を使用しますが、聞くところによるとどうやら切れる包丁を使う所もあるらしいです。

よく見ると刃の部分に「マサキヨ」というカタカナ表記がありますね。中華包丁なのに完全に日本製でした。

ベッドの枕元

横になった後の流れを簡単に説明すると、

  1. タオルを全身にかける
  2. スースーするハッカ系の軟膏を首・手首・足首に塗布
  3. 体をほぐす
  4. 包丁を使ったマッサージ
  5. 仕上げに再度手でマッサージ

という順番で進行していきます。

施術はタイマーで計って時間いっぱい使ってやってくれて、全行程が終わるとお茶を一杯入れてくれます。

個人的な感想と刀療を受けた後の身体の状態

先天刀療大法(中正支店)店内写真

手でのマッサージは日本の整体で受けるものと似ています。肝心の包丁マッサージの部分ですが、タオルごしに叩くので見た目の痛々しいイメージほど痛みはなく、鋭利な刃物で叩かれているというよりは、MacBook Airを縦にして叩かれているような刺激がリズミカルに身体へ届きます。

次に刀療を受けた後の身体の状態です。僕は最近常に胃に少し圧迫感があり、不快感があったり食欲を失くしたりしていたのですが、それらの症状がかなり軽減されました。

インタビュー記事

店員さん達はとても愛想が良く、気軽に写真撮影に応じてくれたり、尋ねれば施術内容を色々説明してくれました。

もちろん普通のマッサージとしても利用できますし、中華包丁を使ったちょっと特殊なマッサージを体験すればお土産話にもなりますので、是非足を運んでみてください。

※1元=3.6円で計算(2017年8月20日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

益品書屋店内07

本を売らない本屋さん。上質な空間で寛ぎながら本を読むことができる台湾の本屋「益品書屋」を紹介

年末に差しかかり台北も冬を感じる日が多くなってきました。夏が終わると一瞬で秋から冬へと切り替わるのは台北のいつもの流れですね。日本の冬と違い雨もよく振るのでこの季節は外に出るのが億劫になります。 そん...

旧正月休みのお知らせ

台湾の旧正月休み中は観光に影響あるの? 旧正月中の台北の街の様子を見に行ってみた

台湾で旧正月を迎えるのはこれで3回目、ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。台湾はおとといの2月16日に農暦の1月1日を迎え、現在旧正月休み(春節)真っ只中です。 僕が台湾で...

.TPE-Free AD WiFiロゴ

事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説

台湾を旅行する際、どうするか迷うことの1つとして挙がってくるのがインターネット環境です。そして台湾・台北へ旅行にいらっしゃる方に朗報です。 現在台北では、台北を旅行する多くの方がメイン交通機関として利...

金年華三温暖外観

台湾サウナ初心者必見!「金年華三温暖」の利用方法を詳しく紹介(お手製フロアマップ付き)

ども、台湾でフリーランスとして働きながら生活しているナカジマチカ(@nakazimahica)です。 さて僕のように家に引きこもって1日中PCに向かって同じ姿勢でピコピコしていると身体が凝り固まってく...

国際特別外来センターの入口

台湾で日本語が通じるお医者さんのいる「台安病院 国際特別外来センター」で診察を受けてみた。クレジットカード付帯の海外旅行保険も利用可能

身体で少し気になるところがあったので、台安病院の国際特別外来センターという所で診察を受けてみました。 こちらの国際特別外来センターは「お待たせしない診療」「言葉の壁を感じさせないサービス」を売りにした...

フルーツジュースの材料

厳選4店舗! 台北で濃厚生搾りフルーツジュースが飲めるドリンクスタンド

僕は日本の実家に帰ると自家製ジュースを作る習慣があるのですが、そんな僕が台湾にある好きな物のひとつに、フルーツをその場でミキサーにかけて作る新鮮なフルーツジュースがあります。 台湾に住み始める前は、そ...

掠れて見えない台北101

台湾に住む僕が台湾の大気汚染を視覚的に証明します

ども台湾在住日本人のナカジマチカ(@nakazimachica)です。いきなりですが台湾は全体的に日本と比べ空気が悪いです。 実際台湾に来てみるとマスクをして外を歩いている台湾人は非常に多く、リアルタ...

カラフルな傘のパブリックアート01

傘が開いていたらラッキー? 新北市板橋区にある複合アートスペース「板橋435藝文特區」に行ってみた

台湾の新北市板橋区にある「板橋435藝文特區」という場所を最近訪れたのですが、そこで展開されていたパブリックアートがなかなか素敵だったんですよね。 というわけで今回は板橋435藝文特區のアクセス方法や...

黒パイナップルケーキを2つに割った状態

普通の台湾パイナップルケーキに飽きた人へ。黒×黄のコントラストが美しい高女婿の黒パイナップルケーキをお土産に買ってみた

日本人の間で知られている台湾の定番土産と言えば『鳳梨酥(パイナップルケーキ)』ですが、あまりに定番すぎるので誰かに買っていくと「実は何回か貰ったことある」なんて告白されたりして軽く傷つくこともあります...

至誠路二段側へ階段

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。 今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみ...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook