1. 台湾の果物屋さんでフルーツを購入する方法。台湾現地で新鮮なマンゴーをお得な価格で買って食べてみよう!

2017.07.162018.07.04 Update

台湾の果物屋さんでフルーツを購入する方法。台湾現地で新鮮なマンゴーをお得な価格で買って食べてみよう!

台湾に夏がやってくると連日マンゴーを食べるようになる台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。台湾で食べるマンゴーって美味しいですよね。

ところで皆さんは台湾に来た時、どのようにしてマンゴーなどの台湾フルーツを口にすることが多いでしょうか。

おそらく台湾へ観光などで来ている場合だとかき氷に添えられているものや、夜市などで売られている予めカットされたもの、ホテルの朝食ビュッフェで提供されているものなどが一番身近だと思います。

もっと安くて新鮮な美味しいフルーツを食べたいと思いませんか? そこで今回は皆さんに台湾の果物屋さんで売られているマンゴーなどのフルーツを購入して食べる方法を紹介したいと思います。

Advertisement

目次

マンゴーなどの台湾フルーツは日本へ持ち帰り可能なのか?

植物防疫所のサイトによると、台湾で購入したココヤシやドリアン、パイナップルなどは日本入国時に検査を受けることで日本国内への持ち込みが可能になりますが、残念ながらマンゴーをはじめとした大部分のフルーツは個人の持ち込みが許可されていません。

だったら「台湾の果物屋さんで売られているフルーツを現地で買って食べちゃえばいいよ!」というのが今回の趣旨です。

一応台湾では道端や夜市、スーパーなどですぐ食べることができるカットフルーツが売られていますが値段はそこまで安くない上、衛生面も気になります。よって自分で果物屋へ行って選んだフルーツを自分で切って食べたほうがいくらか安心なわけです。

台湾フルーツを購入したお店

今回は台北のMRT中山駅から歩いて7,8分ほどのところにある「金大心水果行」という果物屋さんにて購入してみました。

金大心水果行

朝早くから夜遅くまで営業している上、駅からも近く分かりやすい大通り沿いにあるので利用しやすいです。いつもこうやって年配の方々がフルーツを手に取っては品定めしている光景が見られます。

台湾の果物屋さんでのフルーツ購入方法

レジに置かれた秤

購入方法はとても簡単。食べたいフルーツを選んだらレジまで持っていき、そこに置いてある秤に乗せるだけです。数種類のフルーツを購入する場合はフルーツ毎に秤の上に乗せていきます。

秤に表示された金額

後は店員さんが計算してくれるので全てのフルーツが量り終わったら、秤の下の画面に表示された合計金額を払いましょう。今回は玉文という種類のマンゴーを2つ購入して合計104元(約384円)でした。

黑葉荔枝(ライチ)

台湾のフルーツは基本的に量り売りで「1斤(600g)XX元」といった具合にフルーツごとに値段が決められています。

例えば日本では入手が比較的面倒な黑葉荔枝(ライチ)は、このお店では1斤79元(292円)と設定されていて1袋100元(約370円)前後で購入できます。

愛文芒果(愛文マンゴー)

また、こちらの小ぶりの愛文芒果(愛文マンゴー)のように1個だと30元(約111円)、4個まとめて購入すると100元(約370円)のようにシンプルな計算方法で売られるタイプのフルーツもあります。

台湾で購入したフルーツのおすすめの食べ方

カットされた玉文マンゴー

もし旅行中なら日中に果物屋さんでフルーツを買って宿泊しているホテルの冷蔵庫で冷やしておき、ホテルに戻ってきた後や翌日の朝などに食べると美味しく頂けると思います。

またマンゴー等の皮のあるフルーツは皮剥きの作業が必要ですよね。今回紹介した果物屋「金大心水果行」の近くにはダイソーもあるので、こちらで使い捨て紙皿やプラスチック製果物ナイフを購入しておくとより食べやすくなるでしょう。

最後に

金煌芒果(金煌マンゴー)

日本では食べる機会がそう多くない人気の南国フルーツと言えばマンゴーですが、日本人からするとマンゴーは数千円出して2〜4個やっと手に入る高級フルーツというイメージですよね。

ですが台湾へやって来れば日本へ持ち帰ることはできないものの日本円で1,000円もあれば美味しいマンゴーなどのフルーツを沢山買って食べることができます。

夏季に台湾などの暑い国への旅行は敬遠されがちですが、この時期にしか食べられない美味しくて新鮮なフルーツを食べに台湾へ来る旅行も全然有りだと思います。

※1元=3.7円で計算(2017年7月16日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

金煌芒果(金煌マンゴー)

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5