1. 身体を芯から温める冬に食べたい台湾にあるオススメ鍋料理3選

身体を芯から温める冬に食べたい台湾にあるオススメ鍋料理3選

ども台湾に住んで数年経ち、耐えられる寒さが台湾人並になってしまった日本人のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台湾は沖縄より南に位置するので1年を通して温暖な気候と思われがちですが、冬には気温が10度近くまで落ちることもある上、特に台北は曇りがちで1日中陽が出ないことも多いので、冬用のコートが必要になるくらい寒くなる時があります。

そんな身体が冷え切ってしまう日に食べたくなる料理といえばそう、鍋です。台湾は寒い時期になると御飯時の鍋料理店はどこもお客さんで賑わっています。

しかも台湾の鍋料理は日本と比べ、外で気軽に食べることができ比較的安価で提供しているお店も多いので、僕も台湾に冬がやってくると身体が自然と鍋を欲します。

というわけで今回は、僕が台湾生活の中で食べてきた中で冬におすすめな台湾にある鍋料理を紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

冬に食べたい台湾のおすすめ鍋料理3選

  1. 麻辣鍋(マーラーグオー)
  2. 薑母鴨(ジヤンムーヤー)
  3. 羊肉爐(ヤンロウルゥ)

01. 麻辣鍋(マーラーグオー)

麻辣鍋

「麻辣鍋(マーラーグオー)」は色々な食材を一度に食べることができる、漢方がたっぷり入ったスパイシーな鍋です。漢方の効用と辛さで身体が温まります。

「辛いのは得意ではないけど麻辣鍋に挑戦してみたい。」という方には、いざという時のために半分は豆乳スープなどで食べることができる「鴛鴦(おしどり)鍋」を提供しているお店で食べるのをおすすめします。

個人的に台湾ならばひとりで食べるなら老先覺麻辣窯燒鍋、複数人で食べるなら問鼎の麻辣鍋が好きです。

02. 薑母鴨(ジヤンムーヤー)

薑母鴨

「薑母鴨(ジヤンムーヤー)」は生姜や漢方などを使って作られる鴨肉の鍋料理です。鍋にゴロゴロ入った生姜や漢方が溶け込んだスープで手足が温まります。

ちなみに薑母鴨を提供するお店は基本的に冬季限定でオープンするので、冬に台湾を訪れる機会がある人はお見逃しのないよう。

個人的に新北市の三重区にある霸味薑母鴨の本店はめちゃくちゃ混みますが、台湾では鼎泰豐本店くらい行く価値があると思います。

03. 羊肉爐(ヤンロウルゥ)

羊肉爐

「羊肉爐(ヤンロウルゥ)」は、薑母鴨と同じく色々な漢方を煮込んで作る羊肉の鍋料理です。

各漢方を配合してつくられたスープに加え、羊肉自体の特性で身体を温め良い血液をつくる効用があるそうなので、羊肉に鍋という組み合わせはまさに冬にうってつけの料理と言えます。

羊肉と言えば匂いが気になるところですが、同じく台北在住のCocoさんが紹介していたお店「岡山羊肉爐」で提供される羊肉は臭みがほとんどないのでオススメです。

最後に

以上、台湾の冬に食べたいおすすめ鍋料理の紹介でした。

調べたうんちくを少し入れてみましたが、それを抜きにして僕の大好きな台湾の鍋料理なので是非食べてみてください。

ただ台湾の料理を食べ慣れていない人にとって薑母鴨や羊肉爐は好き嫌いが分かれる味だと思うので、まずは麻辣火鍋からお試し頂き、慣れてきたら薑母鴨、羊肉爐と食べてみてください。

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

羊肉爐

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5