1. 【台湾初心者向け】悠遊カードの簡単な購入方法や入手方法を紹介
Update

【台湾初心者向け】悠遊カードの簡単な購入方法や入手方法を紹介

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。台湾には日本で言うところのSUICAのような存在の「悠遊カード(ヨウヨウカード)」と呼ばれるICカードがあります。

悠遊カードを持っていれば、日本と同じ感覚でスムーズに公共交通機関を利用することができるようになり、場合によっては運賃の割引もあります。

そして何より言葉が異なる海外では各交通機関を利用する際に運賃の確認が一手間になりますが、ICカードを持っていればカードリーダーにかざすだけで乗車できるようになるので運賃確認の必要がなくなるメリットもあります。

デメリットは無いので台湾に出張や旅行などで数日間滞在することが決まったら是非手に入れておきたいこのICカード。台湾に住んでいる人だけではなく海外から来た旅行者でも簡単に購入して使うことができます。

そしてこちらの悠遊カードを手に入れる方法としてよく挙げられるのは、台湾のサービスセンターやMRTの窓口へ行き購入する方法です。しかしやはり海外ということで英語や中国語が少し必要です。

こういった時、言語上の不安からか「できれば外国人とコミュニケーションをとるのは避けたい…。」と思う方もきっといらっしゃるでしょう。

今回これから紹介する方法は、英語や中国語を使わなくても確実に悠遊カードを手に入れることができる方法です。どうぞご覧ください。

悠遊カードを簡単に手に入れる4つの方法

  1. 台湾の観光局が行うプレゼントキャンペーンに応募して貰う
  2. 台湾現地ツアーへの申し込み特典で貰う
  3. 桃園空港直結のMRT駅内の自動券売機で買う
  4. 台湾のコンビニで買う

01. 台湾の観光局が行うプレゼントキャンペーンに応募して貰う

台湾観光協会から送られてきた悠遊カード

不定期ですが台湾の観光局がこれから台湾を旅行される予定のある方向けに、悠遊カードをはじめとしたICカードなどのプレゼントキャンペーンを行うことがあります。

応募するだけで台湾への出発前や台湾の空港で入手でき、予めチャージされていることもあって至れり尽くせりなので、まだ悠遊カードをお持ちでない方は台湾の観光局公式サイトをまめにチェックしてみてください。

台湾の観光局公式サイト

02. 台湾現地ツアーへの申し込み特典で貰う

観光バス

以前はJTBやJALやHISなどの代理店が組む台湾ツアーに参加すれば悠遊カードが貰える特典をよく見かけたのですが、最近はあまり見なくなりましたね。

本当に消滅してしまったのか確認するために色々な旅行代理店の台湾ツアー情報を調べていたら、阪急交通社という代理店では時々現地台湾ツアー参加特典として悠遊カードのプレゼントを行っているようです。

普段から海外に行く時は全てを自分で手配する人は必要ないと思いますが、初めて台湾を旅行する人にとっては旅行に必要なことを色々と面倒を見てくれる上、悠遊カードも手に入るツアーは非常にありがたいです。

悠遊カードプレゼント付き台湾ツアーはこちら

03. 桃園空港直結のMRT駅内の自動券売機で買う

售卡機/加值機

桃園空港に直結している地下鉄「桃園MRT」では切符売り場に悠遊カードが購入できる「售卡機/加值機」と書かれた自動券売機が設置されています。

悠遊カード購入画面01

画面の下に並ぶ言語選択ボタンで「日本語」を選べば、以降は悠遊カードを受け取るまで全て日本語で進めることができます。

悠遊カード購入画面02

上の画面で左の「EasyCard」と書かれたボタンをタッチします。

台北駅で購入する場合は販売価格が200元(約680円)となっており、その内半分がカード本体の価格でもう半分の100元は最初からチャージされている金額となっています。(桃園空港駅で購入する場合は販売価格が500元で400元がチャージされている。)

購入するカードの種類を決めた後に何度か「はい/いいえ」の選択肢が出てきますが、旅行で使うだけなら全て「いいえ」を選んでも問題ありません。

04. 台湾のコンビニで買う

セブンイレブンのレジ前の商品棚に置いてある悠遊カード

台湾の一部のセブンイレブンやファミリーマート(全家)などのコンビニでは、悠遊カードがレジ前の小さな商品棚に普通に置いてあり、他の商品と同じようにレジへ持っていってお金を払うだけで購入できるようになっています。

スマホなどのイヤホンジャックに挿せる小型の悠遊カード

最近はカード型だけではなくスマホなどのイヤホンジャックに挿せる小型の悠遊カードも流通していて、MRTの窓口などで購入できるカードタイプと比較するとデザインに遊びがあります。

ちなみに悠遊カードの販売価格はカードタイプが100元(約340円)、そして小型のタイプが150元(約510円)となっております。

悠遊カードがレジ前に置いてあるコンビニの具体的な場所

桃園国際空港 第2ターミナル 地下2階のセブンイレブン

悠遊カードがレジ前に置いてあるコンビニの具体的な場所ですが、空港では桃園国際空港の第2ターミナル地下2階にあるセブンイレブンで取り扱っています。

他にも台北駅付近ですとM8出口から出てすぐの壽德大樓というビルの中に入っているセブンイレブンや、ホテルが建ち並ぶMRT中山駅付近では新光三越南西店の横の路地にあるセブンイレブンなどで売られているのを確認しました。

最後に

以上、台湾初心者でも簡単に悠遊カードを購入したり手に入れる方法の紹介でした。

外国人とコミュニケーションをとるの全然抵抗ないよ、むしろ英語や中国語話せるよって人は、言うまでもなく現地サービスセンターやMRTの窓口を見つけ次第購入する方がてっとり早いです。

海外及び台湾へ行くのに慣れておらず、まだ悠遊カードを持っていないという方は是非今回紹介した方法を参考に悠遊カードをゲットしてみてください。

※1元=3.4円で計算(2019年8月22日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

スマホなどのイヤホンジャックに挿せる小型の悠遊カード
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5