1. ガジュマルをモチーフにした台湾南部の大型国立ホール。高雄の「衛武營國家藝術文化中心」へ行ってきた
Update

ガジュマルをモチーフにした台湾南部の大型国立ホール。高雄の「衛武營國家藝術文化中心」へ行ってきた

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台湾の国立ホールと言えば、台北には國家戲劇院・國家音樂廳、台中には臺中國家歌劇院があります。そして2018年、高雄にも南部初の国立ホールとなる衛武營國家藝術文化中心がグランドオープンしました。

今回は、先日その衛武營國家藝術文化中心へ行ってきたので現地の様子を紹介していきます。それではご覧ください。

目次

衛武營國家藝術文化中心とは?

衛武營國家藝術文化中心のクラウンホール

衛武營國家藝術文化中心は、台湾の芸術・音楽を発信する目的で作られた、4つの室内ホールと屋外シアターなどを擁する高雄の大型国立ホールです。

台湾の大型インフラ整備事業である「新十大建設」にも名を連ね、計画に15年、施工に8年の歳月を重ね2018年に開業しました。

衛武營國家藝術文化中心の様子

衛武營駅6番出口

衛武營國家藝術文化中心は高雄MRT衛武營駅の6番出口から出てすぐの所にありアクセスしやすいです。

衛武營國家藝術文化中心の外観

衛武營國家藝術文化中心の外観です。

衛武營都會公園

すぐ近くには衛武營都會公園もあり、自然に囲まれた空間になっています。

各ホールの案内

衛武營國家藝術文化中心にはコンサートホール、オペラハウス、リサイタルホール、クラウンホール。それに屋外シアターも完備。

クラウン広場01

建物はガジュマルの形状や特性などからインスピレーションを得てデザインされています。

クラウン広場02

各ホールの入口と繋がる連続した曲面が視界に広がるクラウン広場は、風が優しく通り抜けていき包まれているような気持ちになります。

クラウン広場から見える天窓

1階からは葉の隙間から注ぐ木漏れ日をイメージしたかのように配置された天窓があります。

クラウン広場のピアノ

クラウン広場にはピアノが設置されていて自由に演奏可能です。

クラウンホールから見える外の景色

クラウンホールの中へ入ってみましょう。

インフォメーション・充電エリア

館内の情報を確認したり、充電ができるエリア。

リラックススペース

無料で利用できる大きいサイズのクッション付きリラックススペース。

曲線状の防護柵

隅々まで洗練されています。

レストランSTAGE5

これはクラウンホールの中にあるレストランですが、まるでデザイン事務所のようなロゴですね。

時光迴廊

「衛武營」の歴史を振り返ることができる時光迴廊。衛武營はかつて新兵の訓練センターだった歴史もあります。

衛武營國家藝術文化中心のコンサートホールの模型

こちらは衛武營國家藝術文化中心の模型の展示コーナー。写真はコンサートホールです。

客席はぶどう園のような設計になっていて、どの高さの席にいても最高の音楽が楽しめるようになっているらしいです。

衛武營國家藝術文化中心の外観の模型

外観の模型。全イベントホールが一体になっている建物は珍しいですよね。パフォーマンスが同時に行われている時の防音が少し気になります。

カフェ 興趣 x simtree

カフェもあります。

カフェのテラス席

カフェには屋内席もありますが、テラス席でゆっくり過ごすこともできます。

屋外シアターの座席

建物外観の窪んでいる部分が屋外シアターです。

イベント準備中の屋外シアター

自分が訪れた日はイベント準備の真っ最中でした。

最後に

衛武營國家藝術文化中心に置かれたイベントフライヤー

以上、高雄にある大型国立ホール衛武營國家藝術文化中心の紹介でした。

2018年にオープンしたばかりなのでとても綺麗な上、居心地の良い場所でしたが、まだ人が少なかったので高雄の穴場観光地なのではないでしょうか。

施設情報

衛武營國家藝術文化中心

高雄市鳳山區三多一路1號地図(Googleマップ)で見る

営業時間/11:00〜21:00

定休日/なし

https://www.npac-weiwuying.org/

※1元=3.6円で計算(2019年11月24日現在)

衛武營國家藝術文化中心で公演を鑑賞するなら、KKdayでのチケット購入がおすすめ

  • 外国人限定の特別チケット
  • 2枚買うと1枚無料
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

クラウン広場02
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5