1. 町中にひっそりと佇む料亭旅館廃墟。高雄の「林園安樂樓」へ行ってみた
Update

町中にひっそりと佇む料亭旅館廃墟。高雄の「林園安樂樓」へ行ってみた

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

先日高雄へ行ってきたのですが、高雄市の東端にある林園区という場所に日本統治時代に建てられた料亭旅館の廃墟があるという話を聞き、実際に現地へ行ってきました。

今回はその林園安樂樓の概要や行き方、現地の様子を紹介していきます。それではご覧ください。

目次

林園安樂樓とは?

林園安樂樓の2階

林園安樂樓は元々1930年頃に建てられた料亭旅館でした。

しかし1933年に入ると日本軍の将校集会所として利用され、終戦後は再び料亭旅館に戻ったり、別の施設としても利用されてきましたが、時代と共に廃れ今は廃墟となっています。

2015年に放送された台湾の人気歴史ドラマ「一把青」のロケ地としても使われました。

林園安樂樓への行き方

高雄MRT小港駅1番出口

高雄MRT小港駅の1番出口を出ます。

小港バスターミナル(小港轉運站)

1番出口を出て後ろに振り返ると、小港轉運站というバスターミナルがあるのでそこでバスを待ちます。

紅3路線のバス

乗るバスは紅3路線です。ただこの路線のバスは一時間に2〜4本しかないのでご注意ください。

その代わり、周辺にはタクシーも待機していますしUberも利用できます。

紅3路線のバス車内

バスに乗って30分くらいで到着する「鳳林路一段」というバス停で下車します。

運賃はICカード利用で片道21元(約76円)、現金だと24元(約86円)です。

バス停から歩いて5分ほどで林園安樂樓に到着します。

林園北路に並ぶお店

林園安樂樓はお店が軒を連ねている通りにあり入口が少し奥まっているので、現地周辺に近づいたら建物の隙間を注意深く観察してみてください。

林園安樂樓の現地の様子

林園安樂樓の入口

こちらが入口です。お店の間を通っていきます。

林園安樂樓の1階

奥に進んだところ。ひと目見ただけで現代の建築ではないことが分かりますね。

林園安樂樓の部屋

林園安樂樓にある部屋は現在がらんどうになっていますが、天井も高くはなく小さめのつくりです。

林園安樂樓の部屋の窓

部屋の窓から見える景色。樹の枝に覆われています。

林園安樂樓の屋根

今はもう機能していない朽ち果てた屋根。

林園安樂樓の2階から見た景色

2階に上がってみた様子です。建材にはレンガと石材の両方が使われているんですね。

林園安樂樓の石柱

石柱などにバロック式の装飾が見られます。

林園安樂樓の柵

鉄筋がむき出しになってしまっている柵。

林園安樂樓のお手洗いだった場所

構造的にお手洗いだった場所でしょうか。

林園安樂樓の洗面台だった場所

こちらは洗面台?

林園安樂樓のダンスホールだった場所

2階の奥に位置する大広間。当時はダンスホールとして利用されていたそうです。

最後に

林園安樂樓から見た林園北路

以上、高雄にある料亭旅館廃墟「林園安樂樓」の紹介でした。

実際に現地へ行ってみると思ったより小規模の場所でしたが、歩き回りながら当時利用していた人々がどんな時間を過ごしていたのかあれこれ考えを巡らせました。

観光地らしい観光地というわけでもなく管理されているわけではありませんが、日本と繋がりを持つ台湾の建築物に興味がある方は覗いてみても良いと思います。

施設情報

林園安樂樓

高雄市林園區林園北路91號地図(Googleマップ)で見る

※1元=3.6円で計算(2019年12月1日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

林園安樂樓の1階
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5