1. 元旦に台湾の総統府で行われる「国旗掲揚式」を見に行ってみた

2018.01.072018.01.31

元旦に台湾の総統府で行われる「国旗掲揚式」を見に行ってみた

2018年、明けましておめでとうございます。今年もナカジマチカをどうぞよろしくお願いします。

さて新年と言えば年越し、そして年越しと言えば僕が住む台北の12月31日の夜は、毎年やめるやめる詐欺を繰り返しながらも101から花火が打ち上がったり各所でライブが行われるなど、毎年年越しイベントで盛り上がります。(そして2日からは通常営業)

僕の年越しはというと、101の花火を現場で見ながらの年越しは既に2回経験済みで、またそれを繰り返すのはやや食傷気味。ということで2017年の12月31日は早々に床に就き、年が明けた早朝に起きて年始限定のイベント「国旗掲揚式」に行ってまいりました。

そこで今回は毎年元旦に行われている総統府の国旗掲揚式の様子をお届けしたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

「国旗掲揚式」とは?

総統府の国旗掲揚式の様子

元旦に総統府前広場で行われる、読んで字のごとく国旗を掲げるセレモニーです。ちなみに中国語では『升旗典禮』と言います。

実はこの国旗掲揚式は総統府だけで行うものではなく、1月1日になると台北北部だけでも台北市・新北市・基隆市など各市でそれぞれ行い、更には2016年の政権交代で野党となった中国国民党も2018年は自分達で独自に行っています。

今回僕は初めての参加だったので、せっかく見るなら一番見応えがありそう(?)な総統府かな…ということで早起きして総統府まで行ってきました。ま、一番家からも近いって理由もあります。

総統府の国旗掲揚式の様子

荷物検査を待つ人の行列

それでは紹介していきましょう。こちらは朝5時頃の総統府付近の様子です。

国旗掲揚式そのものは6時半頃に行われますが、それが始まるまでに色々な催しがあるので人が続々と集まってきています。総統府正面に向かって長い行列が何本かできていますね…。

チェックを受ける人

長い行列の先は…。このように式会場へ入るためには総統府の中を見学する時と同じように厳重なチェックを受ける必要があります。

大きめのバッグやリュックを持っていると先程の列に並んで荷物検査を受けないといけないので、もしサッと中へ入りたい場合は何も持たず軽装で来るのをオススメします。

総統府前の広場

想像ではそこまで人は来ていないと思っていたのですが、かなり賑わっています。

国旗を持って総統府前で記念撮影をする台湾人

国旗を持って総統府前で記念撮影をする台湾人の若年層。

国旗掲揚式に集まった人々

日本だと新年に行われる皇居での一般参賀の際、皇室の方々のお出ましを国民が日本国旗を持って歓迎することはありますが、国内ではこういった国旗自体を取り扱うセレモニーはあまり馴染みがありませんよね。

チャリティーイベントのブース

同日同時刻に総統府のすぐ側のスペースでチャリティーイベントも開催。募金の他、社会福祉団体への寄付を証明する領収書を持参すると参加団体や業者から台湾製品や朝食と交換できるようになっていました。

第一女子高校、中山女子高校、建国高校のマーチングカラーガードによるリレー方式の合同演出

こちらは国旗掲揚式以外の催し物のひとつ。台北市にある第一女子高校、中山女子高校、建国高校のマーチングカラーガードによるリレー方式の合同パフォーマンスです。

陸軍・海軍・空軍のマーチングバンドによるパフォーマンス

陸軍・海軍・空軍のマーチングバンドによるパフォーマンス。徐々に厳かな雰囲気になってきました。

祭英文総統

そして蔡英文総統の登場。横に台北市長の柯Pもいますね。

国歌掲揚式を見る人々

国歌の斉唱。実はこの日初めて台湾の国歌をちゃんと聞きました。

国旗が上がった総統府

これらの演目を経てついに高々と上がる国旗。あいにく自分が立っていた位置からは角度が悪く旗が綺麗にたなびく様子は収められず。

事前に確認していたスケジュールでは、6時27分とやけに細かく指定された時刻に国旗が上がる予定になっていて、「ほんとにこんなぴったりに上がるんかいな?」と思っていたら1分のズレもなく国旗が上がったので驚き。

バンドによるライブ演奏

最後に木頭鏡というバンドによるライブ演奏が始まり会場はお開きムードに。

卒業式に着るガウン姿で記念撮影をする台湾の大学生

演奏が終わる頃には辺りもすっかり明るくなりました。この日用におめかしされた総統府が結構格好良いので、それをバックに卒業式に着るガウン姿で記念撮影をする大学生もたくさん見かけました。

最後に

ライトアップされた総統府

以上、2018年の元旦に行われた総統府の国旗掲揚式の様子でした。

個人的にはまだ夜が明けていない中ライトアップされた総統府はなかなかインパクトがあったので、101の花火と同じくらい見に来る価値があると思います。

今回の総統府の国旗掲揚式の様子をもっと詳しく知りたい方は、色々な角度から綺麗に撮影されたTVBSのライブ配信をどうぞ。

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

総統府見上げ

月に一度だけ自由に見学できるようになる台湾の総統府に行ってきた。開放日の調べ方や行き方、内部の様子を紹介

いやーほんと歴史って知ってても女の子にモテないですよね。先日学校で歴史をテーマに色々と討論しまして、男の子たちが食い気味で自国の歴史を語っていたのですが、その時の同じクラスの女の子達の全く興味無さそう...

至誠路二段側へ階段

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。 今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみ...

カラフルな傘のパブリックアート01

傘が開いていたらラッキー? 新北市板橋区にある複合アートスペース「板橋435藝文特區」に行ってみた

台湾の新北市板橋区にある「板橋435藝文特區」という場所を最近訪れたのですが、そこで展開されていたパブリックアートがなかなか素敵だったんですよね。 というわけで今回は板橋435藝文特區のアクセス方法や...

巨大ろくろと陶芸用粘土

巨大ろくろや巨大陶器と戯れる。鶯歌にある「三鶯之心空間藝術特區」に行ってみた

先日台湾の「鶯歌」という街へ行ってきました。鶯歌と言えば鶯歌陶瓷老街などで知られる台湾北部にある陶器・陶芸の街です。 僕も鶯歌に対しては陶器や老街などのイメージしか無かったのですが、今回鶯歌を訪れた際...

旧正月休みのお知らせ

台湾の旧正月休み中は観光に影響あるの? 旧正月中の台北の街の様子を見に行ってみた

台湾で旧正月を迎えるのはこれで3回目、ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。台湾はおとといの2月16日に農暦の1月1日を迎え、現在旧正月休み(春節)真っ只中です。 僕が台湾で...

お皿に持った黒落花生

ちょっと変わった台湾土産にどうぞ。 迪化街で「黒落花生(黒ピーナッツ)」を買ってみた

みなさんは黒い落花生があるのはご存知でしょうか? もともとは中国から伝わった品種で、日本の国内産落花生の約7割を生産している千葉県では希少な落花生として生産されているそうです。 実はその日本国内では貴...

水月池と大殿02

心洗われるスタイリッシュなお寺「法鼓山農禪寺」に行ってみた

こんにちは。新しいものから歴史のあるものまで建築物大好きナカジマチカ(@nakazimachica)です。 最近Instagramから「台北に格好良いお寺がある」という情報を仕入れまして(唐突)、早速...

華新街(ミャンマー人街)

台湾で普段お目にかかれないグルメを求め、台北のミャンマー人街を訪れてみた

ども台湾を拠点に時々東南アジアの国々を旅行しているナカジマチカ(@nakazimachica)です。 東南アジアの国々にあるもので僕が特に好きなのが現地にある所謂“東南アジアグルメ”と呼ばれる料理で、...

.TPE-Free AD WiFiロゴ

事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説

台湾を旅行する際、どうするか迷うことの1つとして挙がってくるのがインターネット環境です。そして台湾・台北へ旅行にいらっしゃる方に朗報です。 現在台北では、台北を旅行する多くの方がメイン交通機関として利...

基隆駅近くの国光客運バスターミナル

台北から基隆(キールン)へバスで行く方法

先日台北から基隆(キールン)へ遊びに行ってきました。基隆は台湾北部にある港町で、日が暮れると基隆廟口夜市という比較的大きな夜市が盛り上がる場所です。 台北駅から基隆へのアクセスは台鉄で行く方法もありま...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook