1. 台湾で貸切個室温泉を日帰りで楽しもう。烏来(ウーライ)にある温泉民宿の利用方法や様子を紹介

2018.06.17

台湾で貸切個室温泉を日帰りで楽しもう。烏来(ウーライ)にある温泉民宿の利用方法や様子を紹介

日本で貸切個室温泉を楽しもうと思ったら、大体の人は車や電車などで何時間かかけて温泉地へ行き、決して安くない値段の個室温泉付き旅館やホテルに宿泊する必要がありますよね。

ところが日本各地から飛行機が飛んでいて比較的気軽に来れる台湾の台北なら、バスに乗って1時間強で温泉地「烏来(ウーライ)」という場所へ行くことができ、比較的安い料金で「温泉民宿」と呼ばれる施設の客室付き温泉を貸切で楽しんで台北へ日帰りすることができます。

ということで今回は烏来にある温泉民宿の貸切個室温泉の利用方法や様子などを紹介したいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

日帰りで貸切個室温泉が楽しめる「温泉民宿」がある場所

貸切個室温泉が楽しめる温泉民宿は烏来の温泉街という通りにたくさんあります。

鳥来の温泉街入口

目印は大きな「雲の湯」の文字。あの辺りから烏来の温泉街がはじまります。

台北駅から烏來へのアクセス方法や烏来の温泉街以外の様子は下記の記事をご参考ください。

今回利用した温泉民宿「鶴雅溫泉會館」の紹介

「鶴雅溫泉會館」を選んだ理由

鶴雅溫泉會館

温泉街にはいくつか温泉民宿があるのですが、今回はその中から「鶴雅溫泉會館」を選びました。その理由を少し説明します。

まず建物がしっかりしてそうで清潔な雰囲気という見た目の印象がひとつ。

烏来の風景

そして温泉街の通りには左右にいくつか温泉民宿が並んでいるのですが、その温泉街の川側(左側)に建つ温泉民宿を利用すると川や自然などの景色を眺めながら温泉に浸かることができるプランを選べるようになります。

やはりせっかく台北の中心地から離れ自然の多いところまで来ているわけですし、景色を眺めながら開放的な気分で温泉に入りたかったので、川側に建っていた鶴雅溫泉會館を選びました。

温泉街

温泉街の川側にある温泉民宿は他にも情人温泉民宿湯布苑温泉館などがあるので、ネットで写真を見たり実際に現地へ行って好みの雰囲気の温泉民宿を利用するのが良いでしょう。

温泉民宿の利用方法

プラン表

建物外や建物内のカウンターに写真付きプラン表があるので、スタッフへ表の中から利用したいプランを指差しで選び、休憩か宿泊かを伝えましょう。

湯屋

ちなみに客室がない湯船のみの「湯屋」を選んだ場合、宿泊はできないので自然と休憩になります。

鶴雅套房

今回はせっかくだったので鶴雅溫泉會館で選べるプランの中で一番良い、客室付きで外の景色も眺めながら大きい湯船で温泉に浸かることができる「鶴雅套房」を選んでみました。

料金は前払いです。休憩利用の場合は2時間半滞在可能で、2人で980元(約3,626円)でした。つまりひとり490元(約1,813円)です。(通常の最大利用可能時間は2時間だけどこの日は客が全くいなかったので30分オマケしてくれた?)

鶴雅溫泉會館のプランおよび価格

繁忙期や休日は値段が上がり、利用可能時間も2時間ではなく1時間〜1.5時間と制限がかかってしまうので平日に行くのがオススメです。

客室付き個室温泉の様子を写真で紹介

天蓋付きベッド

客室付き個室温泉の様子を紹介していきます。部屋に入ると天蓋付きベッドがいきなりドーンと。

個室温泉の客室

部屋を別角度から。クイーンベッドを2.5個くらい置けそうなスペース。

湯船

仕切りドアを開けると温泉スペースが現れます。湯船は大人4人でも同時に入れそうなくらい広いです。

シャワー

もちろんシャワーで身体を流せます。

トイレ

比較的清潔なトイレ。ただ湯船・シャワー・トイレはすべて同じスペースにあります。

椅子と丸テーブル

湯船のすぐ横に椅子と丸テーブルが置いてあるので、自然の風を感じながら椅子に座って休憩を取ることも可能です。

バスタオル

ちゃんとバスタオルも用意されています。もちろんドライヤーもあるのでお風呂上がりに髪を乾かすことができます。

ボディーソープ、シャンプー、歯ブラシ、カミソリなどのアメニティ

ボディーソープ、シャンプー、歯ブラシ、カミソリなどのアメニティもこのように。

烏来の弱酸性炭酸泉

烏来の温泉は飲用もできる無味無臭の弱酸性炭酸泉。同じく台北市から1時間前後でアクセスできる北投や礁溪などの温泉地で湧いている硫黄泉が苦手な人でも楽しめます。

浴室

湯の効能はお肌がスベスベになるいわゆる美人の湯だそうです。確かに温泉から上がった後お肌が少ししっとりしてスベスベになったような気も? 他にも関節痛や神経痛、慢性胃炎などにも効果があるそうです。

ルームキー

チェックアウトする時は、湯船に貯めた湯を抜き、ルームキーを持って1階の受付にいる方に渡します。

ケーキと各種ドリンクの無料サービス

チェックアウトを済ませた後、ケーキと各種ドリンクの無料サービスまでありました。

最後に

以上、気軽に利用できる烏来の貸切個室温泉の紹介でした。

烏来の温泉民宿は2人以上入れるプランを用意しているところもありますが、基本的に2人用のプランが多いのでカップルにおすすめです。

今回は気温35度の猛暑日が連日続くような状況で行ってきましたが、他の客がほぼゼロで非常にリラックスできたので、繁忙期がくる直前の10月あたりにまた来たいなと思っています。

施設情報

鶴雅溫泉會館

新北市烏來區溫泉街89號地図(Googleマップ)で見る

定休日/なし

http://hoya-ya.tidi.tw/

※1元=3.7円で計算(2018年6月17日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

礁溪 森林風呂の男湯

台湾人の温泉の楽しみ方はフリーダム。台湾の温泉地「礁渓(ジャオシー)」で温泉に入ってみた

僕は現在台北に住んでいるのですが気分転換をするために時々バスに乗って、台湾北東部に位置する温泉地のひとつの礁渓(ジャオシー)という地域まで温泉へ入りに行くことがあります。 今でこそ慣れましたが最初はそ...

烏来老街を抜けた先

台北駅から烏来(ウーライ)への行き方を紹介。台湾原住民文化やトロッコ列車、日帰り温泉が楽しめる烏来へ遊びに行ってみた

先日、台北から「烏来(ウーライ)」へ遊びに行ってきました。台湾にある程度詳しい方なら「烏来」と聞けば「あぁ名前は聞いたことあるな」と思う方もいるでしょう。 その烏来にはどんなイメージをお持ちでしょうか...

萬華運動中心

台湾生活中の運動不足やリフレッシュに。運動中心(スポーツセンター)でプールとサウナを利用してみた

ども、台湾で生活を始め30を超えてからやたらと健康に気を遣いだし、適度に身体を動かすことを意識し始めたナカジマチカ(@nakazimachica)です。 僕はフリーランスで生活していることもあり比較的...

.TPE-Free AD WiFiロゴ

事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説

台湾を旅行する際、どうするか迷うことの1つとして挙がってくるのがインターネット環境です。そして台湾・台北へ旅行にいらっしゃる方に朗報です。 現在台北では、台北を旅行する多くの方がメイン交通機関として利...

基隆駅近くの国光客運バスターミナル

台北から基隆(キールン)へバスで行く方法

先日台北から基隆(キールン)へ遊びに行ってきました。基隆は台湾北部にある港町で、日が暮れると基隆廟口夜市という比較的大きな夜市が盛り上がる場所です。 台北駅から基隆へのアクセスは台鉄で行く方法もありま...

一卡通(iPASS)

約800円で高雄MRTが2日間乗り放題! 高雄を観光するなら必ず利用したい「二日卡」

先日高雄へ4日間旅行してきました。高雄旅行はこれで2回目となります。 今回は現地の友人に高雄でまだ訪れたことがない場所を案内してもらったんですが、その友人から「高雄に着いたら買うと高雄の交通が便利にな...

普通代幣卡

台湾新幹線に乗れば運賃が無料に! バスに乗って嘉義新幹線駅から嘉義火車駅へ運賃無料で行く方法

先日台北から台湾新幹線を利用して嘉義まで行く機会がありました。嘉義の新幹線駅から嘉義火車駅への移動はバスを利用したのですが、その時のバスの運賃が無料だったんですね。 ということで今回は台湾新幹線を利用...

益品書屋店内07

本を売らない本屋さん。上質な空間で寛ぎながら本を読むことができる台湾の本屋「益品書屋」を紹介

年末に差しかかり台北も冬を感じる日が多くなってきました。夏が終わると一瞬で秋から冬へと切り替わるのは台北のいつもの流れですね。日本の冬と違い雨もよく振るのでこの季節は外に出るのが億劫になります。 そん...

台湾新幹線の改札前

台湾新幹線の乗り方を解説。短時間で台北から台中や台南、高雄へ移動しよう

台湾は日本に比べ交通費が安く、その中でも長距離バスは特に安いので長距離を移動する際はバスでの移動を選択する方も多いと思います。 それでもやっぱり台北からなら1時間で台中、2時間半で高雄へと非常に短い時...

龍虎塔

蓮池潭の龍虎塔への行き方を紹介。高雄きっての観光名所へのMRT+台鉄を利用したアクセス方法

台湾の高雄を旅行する計画を立てる際、「高雄 おすすめ 観光地」なんてググってしまったら絶対避けられない高雄の観光スポット、それが「龍虎塔」です。 ですが龍虎塔は高雄にいくつかある観光地の中でMRTの利...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook