1. 台湾旅行リピーター必見! 台湾の出入国審査がスムーズになる「常客証」の申請・使用方法

2016.12.112018.07.07

台湾旅行リピーター必見! 台湾の出入国審査がスムーズになる「常客証」の申請・使用方法

最近台湾を出たり入ったりする機会が多いので、少しでも出入国を楽にするため出入国時に専用カウンターで審査を受けられるようになる「常客証」を申請してきました。

常客証は、台湾居住者ではないけれど旅行などで1年の内に何度も台湾に来る人にとっての、台湾出入国がスムーズになる便利ツールです。

今回はこの常客証の申請と使用方法について紹介していきます。どうぞご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

常客証の申請・取得条件

常客証を申請できるのは過去12ヶ月間の内3回以上台湾を訪れたことがある人です。

申請方法

常客証申請ページ

常客証の申請ページにアクセスし下記の項目を埋めます。

項目記入するもの、補足説明
First Name/Given Name名前
Last Name/Family Name名字
Date of Birth生年月日
Sex性別
Nationality国籍
Email Addressメールアドレス
Home Address日本の住所
Cell Phone Number携帯電話番号
Home Telephone Number「Telephone Country Code」に81と入力し、Telephone Numberに先頭の0を抜いた自宅電話番号を入力。(携帯電話番号でも可)
Passport Numberパスポート番号
Passport Issuing Countryパスポート発行国
Passport Issuance Dateパスポート発行日
Passport Expiration Dateパスポート期限日
Identity Card Numberマイナンバーカードや運転免許証などの常に携帯している第2身分証の番号を入力
Visa Type「Visa-Exempt」を選択
Visa Number※省略可
Another Passport過去12ヶ月間の内3回以上台湾を訪問した証明が別パスポートに渡る場合は「Yes」を選択した上で該当パスポートの番号を入力、1冊で直近3回の台湾訪問を全て証明できる場合は「No」。
Entry Date 1最近台湾に来た日1を入力
Entry Date 2最近台湾に来た日2を入力
Entry Date 3最近台湾に来た日3を入力
Permit Number※香港、マカオ、中国大陸の方以外は省略可
Permit Issuance Date※香港、マカオ、中国大陸の方以外は省略可
Permit Expiry Date※香港、マカオ、中国大陸の方以外は省略可
Purpose of Visit旅行目的を選択
Address in Taiwan or Hotel Name台湾の住所、または宿泊したことがある(予定含む)宿泊施設の住所
Telephone Number in Taiwan(option)台湾の電話番号 ※省略可能
Verify Code右に表示されている数字を入力

入力し終わったら「Appy」をクリックします。

申請に必要な記入項目の確認

確認画面が表示されるので、記入した内容に誤りがないかチェックして「Print」をクリックします。

常客証のPDFデータ

すると常客証のPDFデータがダウンロードされるので、このPDFデータを印刷しておきます。元の申請フォームの画面は閉じてしまって問題ありません。

常客証の使い方(桃園国際空港における入国時)

「常客證 Speedy Immigration Inspection」レーン

常客証の使い方を解説していきます。ここでは桃園国際空港での入国時を例に紹介します。イミグレーションに到着したら「常客證 Speedy Immigration Inspection」と表示されているレーンに並びます。

パスポート、入国カード、常客証

自分の番がきたら、パスポート、入国カード、印刷した常客証の3点を提出します。顔写真撮影や指紋採取などの手続きは通常レーンに並んだ時の審査と同じように行います。

ちなみに常客証はPDFをDropbox等に入れておき手持ちの端末上で見せても問題ありません。更に入国カードも事前にオンライン提出しておけば手持ちの荷物はパスポートだけにすることも可能です。

常客証の有効期限と更新方法について

常客証の有効期限は申請日から1年間です。

更新する場合は有効期限が切れたらもう一度同じ手順で常客証の申請ページから再申請してください。

最後に

常客証は申請無料の上、ネットで気軽に申請可能です。年に何回も台湾へ行くことがあり申請条件を満たしている方は、所持しておくと台湾への出入国がスムーズになります。

また台湾に住んでいて居留証をお持ちの方は、下記で紹介している「自動出入国審査システム(e-Gate)」を申請しておくと、全自動の無人ゲートを通ることが出来るようになるので更に台湾の出入国が簡単になります。是非お試しください。

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

台湾のオンライン入国カードのサイト01

台湾のオンライン入国カードの利用方法と空港到着後の流れを紹介

海外旅行は楽しい。けど楽しいだけじゃなくて面倒なこともある。それがパスポートを取得したり飛行機の航空券を購入したりホテルを予約したりといった必須となる各種手続きです。 その中でも海外旅行慣れしていない...

空港

無人ゲートで楽々出入国。台湾出入国がスムーズになる自動化ゲート(e-Gate)の申請に行ってきた

日本の空港には出入国をスムーズにする自動化ゲートというものがありますが、台湾にも自動出入国審査システム(e-Gate)という台湾人および台湾の居留証を持っている人のみが使用できる類似サービスがあります...

新しいパスポートと古いパスポート

台湾で日本のパスポートを更新(新規発給申請)してみた。更新に必要なものや申請手順を紹介

パスポートの有効期限が残り1年を切ったのでパスポートの更新(新規発給申請)を行ってきました。 ちなみに僕は現在1年の2/3以上は台湾にいる生活を送っています。そこでせっかくなので台湾にある日本台湾交流...

ATM操作画面01

日本のクレジットカードを使って台湾のATMでキャッシングをする方法

台湾に数日滞在するだけならわざわざ日本円を両替えしなくても、日本で作ったクレジットカードでキャッシングして台湾ドルを手に入れれば済むでしょう。 というわけで今回は、台北の街を歩けば大体3分くらいで見つ...

App StoreのEasy Wallet紹介ページ

台湾の悠遊カードの使用履歴や残高が確認できるアプリ「Easy Wallet」

持っていてチャージしておけば現金を出さずに済む上、割引などもあって何かと便利な悠遊カードですが、グングン減っていく残高を見て「あれ?いつどこで何に使ったっけ、こんなに?」と、ふと我に返る瞬間もたまにあ...

台湾新幹線のチケット

台湾新幹線のオンライン予約・チケット受け取り方法を紹介

何度か台湾を旅行していると台北だけではなく中部・南部などの地方へ行きたくなり、その時の交通手段として台湾新幹線(高鐵)の利用を考える方もいるんじゃないでしょうか。僕もそんな風に思った1人で過去の台湾旅...

自動券売機

台鉄の切符をオンラインで予約購入し、受け取るまでの手順を解説。台湾鉄道(臺鐵)に乗って台北から宜蘭や花連や台東へ行こう!

台湾旅行で台北・台中・台南・高雄などの台湾主要都市をある程度回ると、台湾東部へ行ってみようかなと考えたりすることがあるかと思います。 ですがその台湾の東部は自然がまだ多く残されている、つまり開発があま...

中華電信のSIMカード

中華電信のSIMカードを日本から予めオンライン予約しておき台湾旅行初日に空港で受け取る方法

台湾旅行等でスマホでインターネットを使いたい場合は、Wi-Fiルーターを借りていく、海外パケットサービスを利用する等の方法がありますが、最も安く済むのは台湾現地でプリペイドSIMカードを購入して使う方...

Taipei Freeロゴ

無料Wi-Fi「Taipei Free(台北フリー)」の登録方法・使い方を紹介

ども台湾の台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。 僕が住むこの台湾の台北エリアには「Taipei Free(台北フリー)」という無料で利用できるWi-Fiサービスが提供され...

iTaiwan公式サイト

台湾の無料Wi-Fi「iTaiwan(愛台湾)」の登録方法・使い方を紹介

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。日本から台湾へ旅行・出張などで来るにあたり、まず考えることのひとつとしてインターネット環境のことがあるかと思います。 台北に関してはTa...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook