1. 台北から台南へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを解説
Update

台北から台南へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを解説

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台北から台南へのアクセス方法は色々あります。中でも高速バスはやや時間がかかるものの、運賃が非常に安く車内設備も充実していて、快適に台南へ行くことが可能です。

今回は台北(台北轉運站)から台南(台南北門總站)へ高速バスで行く方法を紹介していきます。どうぞご覧ください。

目次

台南行きバスチケットの買い方

台北にある台北轉運站というバスターミナルからは、色々な会社が台湾全国各地へ行く高速バスが出ていて、もちろん中には台南行きのバスを出している会社もあります。

今回はその数あるバス会社の中から、和欣客運のバス(2列シート)で台南へ行く方法を説明していきます。

台北轉運站1階

まず台北轉運站の1階へ行きます。各バス会社の窓口が並んでいるので05〜08番の和欣客運の窓口でチケットを購入します。

購入する時は「台南北門總站,二排,一張(タイナンベイメンゾンヂャン、アーパイ、イーヂャン)」と窓口の人に伝えるか、この文言を紙に書くかスマホ上に表示して見せましょう。

料金は僕が選んだ時間帯の2列シートだと630元(約2,268円)でした。詳細を後述しますが和欣客運のバスは時間帯や乗るバスの種類によっては運賃が変わります。支払いには現金とクレジットカードが使用できます。

またバスチケットはバスターミナルだけではなくコンビニの端末でも購入できます。

手数料として10元(約36円)の追加手数料が発生しますが、乗車する時間帯や席などの希望を口頭で伝える必要がなく、自分のペースでゆっくり選びながら購入することができます。

バス乗り場の場所

バス乗り場の案内

チケットが購入できたら各バス会社の窓口裏手にあるエスカレーターで4階へ上がります。

和欣客運の乗り場

4階へ行くと乗り場が更に何個かに分かれていますが、和欣客運のバスは401〜405乗り場から出ます。

バスの乗り方

乗車する人々

出発時刻の数分前になりバスがやってくると、401〜405のいずれかの乗り場の上部にあるディスプレイが「発車時刻・行き先」に切り替わります。

その表示されている内容と自分が乗るバスの発車時刻と行き先が一致していたら、その乗り場前に立っている係員にチケットを見せてバスに乗りましょう。

バスの荷物格納庫

大きな荷物を持っている場合は乗車前に荷物を格納庫に預けます。

バスチケット

車内に入ってバスチケットの「座號」に書かれている番号の座席に座ります。

和欣客運のバスの車内設備

共有設備

和欣客運の2列シートバス

今回乗車したバスは2列シートの少しグレードの高いタイプで、非常に広々としています。

日本の高速バスからすると、台湾の高速バスのスタンダードである3列シートでも既にゆったりなのですがその上をいく開放感。

バス内のお手洗い

車内にはお手洗いもあります。バスを利用した台北から台南への移動時間は約4時間半と少し長旅になるので、いざという時もこれで安心ですね。

無料提供されている水

無料提供されている水は和欣客運のカウンターでバス乗車前にも取ることができますが、バス内にもお手洗い前の棚にも入っています。

各座席設備

和欣客運2列シートバスの各座席

これが各座席です。

フットレスト

充分なゆとりがある足元の空間。座席の下からフットレストを伸ばすこともできます。

USBの充電用コンセント

USBの充電用コンセントも設置されています。

マッサージ機能と背もたれ調節機能

右手側の肘置きを上げると、椅子に内蔵されているマッサージ機能を使ったり、背もたれの角度だけでなく色々な箇所を細かく調整できるコントローラーがあります。

ブランケット

左手側の肘置きを上げるとブランケットが入っています。

備え付けモニターで映画視聴

他にも備え付けのモニターで映画を視聴したり

テレビゲーム画面とコントローラー

右手側の肘置きの中にあるコントローラーを取り出すことでテレビゲームも楽しめます。(但し自分が乗ったことがあるバスは全てコントローラーのキーが効かず、デモ画面を眺めることしかできませんでした。笑)

バスの降り方

和欣客運のバス

台北を発って4時間半くらい走ると終点「台南北門總站」に到着するので下車します(時間帯によっては少し離れた場所に到着することもあります)。

乗車前に荷物を預けている場合は忘れないよう受け取ります。

台南火車站(台南駅)の案内

下車した地点から「台南火車站」の案内を追って歩いていくと台南駅に行くことができます。

バスの基本情報(運賃・所要時間・時刻表)

和欣客運のバス車内

運賃(料金)

バスの運賃は今回乗った2列シートのバスは片道450元〜630元(約1,620円〜約2,268円)です。

料金が一定ではない理由は、和欣客運の運賃は平日深夜から早朝が一番安く、週末から週明けにかけては高くなるように設定されています。

※3列シートのバスに乗る場合は片道370元〜460元(約1,332円〜約1,656円)。

和欣客運の各路線の料金表

所要時間

台北(台北轉運站)から台南(台南北門總站)まではスムーズにいけば大体4時間半で到着します。連休と重なったり時間帯によっては渋滞が発生し、更に時間がかかることもあります

時刻表

バスは24時間運行していて30分に1本は必ずやってきます。詳しい時刻表は下記の和欣客運のサイトからご覧ください。

和欣客運の各路線の時刻表

※1元=3.6円で計算(2019年4月14日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

和欣客運のバス
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5