1. 桃園機場MRT(桃園空港線)で桃園国際空港から台北駅へ行く方法・流れ

2017.03.052017.06.02

桃園機場MRT(桃園空港線)で桃園国際空港から台北駅へ行く方法・流れ

カテゴリー

台湾台湾役立ち情報

桃園国際空港は1979年の開港以降、旅行者は車やバスを利用する以外には空港へのアクセス手段が無かったのですが、その状況を打破すべく構想から20年以上(内10年間の建設期間を経て)、ようやく完成したのが今回紹介する桃園機場MRTです。

というわけで早速、桃園機場MRTを利用して桃園国際空港から台北駅へ行く方法と流れを紹介していきたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

桃園国際空港から台北駅までの流れ

乗り場に向かう

第2ターミナルにある桃園機場捷運の案内

空港に到着してSIMカードの購入や台湾ドルなどの準備が済んだら、「桃園機場捷運 Taoyuan Airport MRT」の案内に従って歩きましょう。

第1ターミナルの桃園機場捷運へ続く道

第2ターミナルに到着する場合は乗り場はそこそこ近いのですが、第1ターミナルの場合は出発ロビーを通って更にずっと奥まで歩いていくので乗り場まで結構かかります。

切符を買う

切符売り場・悠遊カードカードチャージ機

ずっと歩いていくと改札の手前にある切符売り場に到着するので、ここで自動販売機を利用して悠遊カードなどのICカード購入するか切符を購入しましょう。桃園国際空港から台北駅までは1人160元(約592円)です。

悠遊カードは日本で言うSUICAのようなICカードなのですが、値段もそこまで高くなくMRTを含めた公共交通機関の乗車賃の割引などがあり、持っていると台湾での移動がスムーズになるので手に入れておくのをお勧めします。

券売機のインターフェース

ここでは切符の購入方法を説明していきます。券売機の画面をタッチして「台北車站」を選び、(複数枚購入する場合は下の数字をタッチして、)お金を挿れて少し待つと下から切符とお釣りが出てきます。手順に番号が振ってあるので分かりやすいですね。

乗る

桃園機場MRTの改札

改札はこんな感じになっているので、長方形の白いエリアに切符や悠遊カードをタッチして前方のゲートが開いたら入場します。

下車時は改札で再び長方形の白いエリアにタッチすれば出れますが、切符を購入した場合は改札に投入口がありますのでそこへ投入しましょう。返却された切符は再利用されます。

臺北(台北)行きホームの案内

中に入ったら「臺北 Taipei」の案内に従って駅のホームへ進みます。

桃園機場MRT桃園空港駅のホーム

電車の本数ですが約7.5分に1回、直達車(特急)と普通車(各駅)が交互にやってきます。

直達車

普通車に乗ると台北駅までは約50分かかりますが、直達車に乗れば約35分で台北駅に到着するので、お急ぎの場合は「直達車」に乗車しましょう。

車内の様子

荷物置き場

車内にはキャリーバッグなどの大きな荷物を置くための棚が用意されています。

直達車の座席の構成

座席部分は特急(直達車)の場合、基本2列x2列でシートが配置されていて扉付近は対面式になっています。

ボックスシート

こちらの対面式シートは日本の電車ほど窮屈感はありませんが、成人男性4人で腰掛けるとギリギリなサイズ感。

現在位置表示ディスプレイ

今大体どのあたりを走っているのかが分かるディスプレイもあります。

桃園機場MRTの無料Wi-Fi

また「TyMetro」というアクセスポイント名の無料Wi-Fiもあるので、個々でWi-FiやSIMカードの準備していなくても、台北駅に着くまでの間にネットができます。

下車した後

台北車站(台北駅)

終点の「台北車站(台北駅)」に到着したら下車します。

桃園機場MRT台北駅のエスカレーター

台北MRTなどに乗り換える場合は、連絡通路となる台北地下街方面に向かってエスカレーターで上を目指します。

地下連絡通路

すると写真のような通路に到着します。

各交通機関の案内

あとは案内に従って歩きましょう。

桃園機場MRT台北駅構内

また、地下の連絡通路へ行かずに駅内の出口1〜4からそのまま地上に出ることも可能です。宿泊するホテルなど滞在先に合わせて適した出口を選びましょう。

時刻表(桃園空港発・台北駅行き)、始発・終電時間

桃園機場MRTの駅のホーム

何時何分に電車が来るかなどの細かい情報に関しては、桃園機場MRTの公式サイトからご覧ください。

始発・終電の時間については、第2ターミナル発の場合は始発が06:06、終電が23:35に出ます。第1ターミナル発の場合は始発が06:09、終電が23:37となっています。直達車(特急)に乗りたい場合は始発が少し遅め、終電が少し早くなるのでお気をつけください。

また、桃園機場MRTが営業時間外の場合は、空港内で始発を待たなくても24時間運行しているバスを利用して台北駅に向かうと便利です。運賃も桃園機場MRTより少しお得。

「バス(客運)」と比較した時のメリット

桃園機場MRT第2ターミナル駅前

僕自身何度か桃園機場MRTを利用しましたが、桃園国際空港・台北駅間における従来の主な交通機関であるバス(客運)と比較すると、下記のようなメリットがあります。

  • 移動が速い(「直達車(特急)」に乗れば35〜40分で台北駅に到着)
  • ほぼ一定の時間で台北駅に到着するので時間が読める
  • 駅・車内で安定した無料Wi-Fiが利用可能
  • 比較的乗り心地が良い

最後に

桃園機場MRT台北駅改札前

桃園機場MRTは日本で使い慣れた地下鉄のシステムとほぼ同じなので、日本人にとって非常に使いやすい交通機関です。

桃園国際空港から台北市内に向かう場合は、ご自分の状況に合わせて今回紹介した桃園機場MRTやバスなどをご利用くださいませ。

※1元=3.7円で計算(2017年3月5日現在)

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

國光客運台北車站

台北駅から桃園国際空港へバスで行く方法

台北市内から桃園空港へ移動する交通手段はいくつかありますが、バスを利用するのが一番安く、何より365日24時間運行しているので、台北市内から桃園空港へ移動する方法として多くの人に選ばれています。 以前...

國光客運の1819路線バス乗り場

桃園国際空港から台北駅へバスで行く方法

桃園国際空港から台北市内に移動する手段はMRTや新幹線だったりと色々ありますが、中でもバスは365日24時間運行していて運賃も一番安いので、地元台湾人含め多くの方に利用されています。 ですが初めて台湾...

スマホなどのイヤホンジャックに挿せる小型の悠遊カード

台湾初心者でも簡単に悠遊カードを手に入れる/購入する方法

台湾には公共交通機関の料金割引などの色々な恩恵が受けられる、日本で言うところのSUICAのような存在の「悠遊カード(ヨウヨウカード)」と呼ばれるICカードがあります。 台湾に滞在することが決まったら是...

普通代幣卡

台湾新幹線に乗れば運賃が無料に!バスに乗って嘉義新幹線駅から嘉義火車駅へ運賃無料で行く方法

先日台北から台湾新幹線を利用して嘉義まで行く機会がありました。嘉義の新幹線駅から嘉義火車駅への移動はバスを利用したのですが、その時のバスの運賃が無料だったんですね。 ということで今回は台湾新幹線を利用...

ATM操作画面01

日本のクレジットカードを使って台湾のATMでキャッシングをする方法

台湾に数日滞在するだけならわざわざ日本円を両替えしなくても、日本で作ったクレジットカードでキャッシングして台湾ドルを手に入れれば済むんじゃない。と思っています。 というわけで今回は台北の街を歩けば大体...

台湾新幹線の改札前

台北から台中や台南、高雄へ短時間で移動。台湾新幹線の乗り方を解説

台湾は日本に比べ交通費が安く、その中でも長距離バスは特に安いので長距離を移動する際はバスでの移動を選択する方も多いと思います。 それでもやっぱり台北からなら1時間で台中、2時間半で高雄へと非常に短い時...

悠遊卡加值機

悠遊カード(ヨウヨウカード)のチャージ方法

台湾にも日本のSUICAやPASMOのような存在のICカード悠遊カード(ヨウヨウカード)というものがあります。 この悠遊カードを使うことで、台北での移動に便利なMRTやバスを利用する際にわざわざ運賃を...

羽田空港国際線ターミナル

羽田空港から台湾へ行けるLCCを徹底比較!どのLCCに乗るのが良いか考えてみた

台北へ行く時の飛行機は色々あっていつも結局バニラエアを利用する(してしまう)のですが、いくら安いLCCが成田空港発着しているとはいえ神奈川に家がある僕としては成田空港までの移動が本当に面倒で毎回後悔し...

台中駅前

台北駅から台中駅へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを紹介

このブログでも何度も紹介していますが、台湾は交通費が日本と比較すると非常に安く、中でも路線が豊富でどこでも行けてしまうバスはとても便利です。 例えば台北から台中へ行こうと思ったら主な交通手段の選択肢と...

.TPE-Free AD WiFiロゴ

事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説

台湾を旅行する際、どうするか迷うことの1つとして挙がってくるのがインターネット環境です。そして台湾・台北へ旅行にいらっしゃる方に朗報です。 現在台北では、台北を旅行する多くの方がメイン交通機関として利...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook