1. 桃園空港から台北駅へ電車(桃園MRT)で行く方法

2017.03.052018.02.18

桃園空港から台北駅へ電車(桃園MRT)で行く方法

台湾旅行の計画を立てる際、日本からもアクセスが良い台北にいらっしゃる方は多いと思いますが、その時に真っ先に疑問に思うのは桃園空港から台北市内への移動方法ですよね。

桃園空港から台北市内へ移動する方法は、タクシー、バス、台湾新幹線など色々ありますが、台湾に住み日本と台湾を何度も往復している僕が選ぶ一番便利で安全な分かりやすい移動方法は電車(桃園MRT)です。

というわけで今回は桃園MRTを利用して桃園空港から台北駅へ行く方法やその流れを紹介していきたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

桃園MRTに乗って桃園空港から台北駅へ行く流れ

乗り場に向かう

第2ターミナルにある桃園MRT

空港に到着してSIMカードの購入や台湾ドルなどの準備が済んだら、紫色の「桃園機場捷運 Taoyuan Airport MRT」の案内に従って歩きましょう。

第1ターミナルの桃園MRTへ続く道

第2ターミナルから乗り場に向かう場合はそこそこ近いのですが、第1ターミナルの場合は出発ロビーを通り、更にその奥まで歩いていくので乗り場まで結構かかります。

切符を買う

切符売り場・悠遊カードカードチャージ機

ずっと歩いていくと改札の手前にある切符売り場に到着するので、ここで自動販売機を利用して悠遊カードなどのICカード購入するか切符を購入しましょう。桃園空港から台北駅までは1人160元(約592円)です。

悠遊カードとは日本で言うSUICAのようなICカードなのですが、本体の値段も1枚100元(約370円)と安く、ICカードを使用すると割引特典になる場合もあり、持っていると台湾での移動がスムーズになるので購入をおすすめします。

券売機のインターフェース

ここでは切符の購入方法を説明していきます。券売機の画面をタッチして「台北車站」を選び、(複数枚購入する場合は下の数字をタッチして、)お金を挿れて少し待つと下からコイン型の切符とお釣りが出てきます。

券売機には購入手順に番号が振ってあるので非常に分かりやすいです。

乗る

桃園MRTの改札

改札は日本の電車のものと非常に似ています。長方形の白いエリアに切符やICカードをかざして前方のゲートが開いたら入場します。

下車時は改札で再び長方形の白いエリアにタッチすれば出れますが、切符を購入した場合は改札に投入口がありますのでそこへ投入しましょう。

そこで返却された切符はまた別の人が再利用できるエコな仕組みになっています。

臺北(台北)行きホームの案内

中に入ったら「臺北 Taipei」の案内に従って駅のホームへ進みます。

MRT(桃園空港線)桃園空港駅のホーム

電車の本数ですが約7.5分に1回、直達車(特急)と普通車(各駅)が交互にやってきます。

直達車

普通車に乗ると台北駅までは約50分かかりますが、直達車に乗れば約35分で台北駅に到着するので急ぎの場合は「直達車」に乗車しましょう。

車内の様子

荷物置き場

車内にはキャリーバッグなどの大きな荷物を置くための棚が用意されています。

直達車の座席の構成

座席部分は特急(直達車)の場合、基本2列x2列でシートが配置されていて扉付近は対面式になっています。

ボックスシート

こちらの対面式シートは日本の電車ほど窮屈感はありませんが、成人男性4人で腰掛けるとギリギリなサイズ感。

現在位置表示ディスプレイ

香港のAELとよく似た、今どのあたりを走っているのかが分かるディスプレイもあります。

桃園MRTの無料Wi-Fi

また「TyMetro」というアクセスポイント名の無料Wi-Fiもあるので、個々でWi-FiやSIMカードの準備していなくても、台北駅に着くまでの間にネットができます。

下車した後

台北車站(台北駅)

終点の「台北車站(台北駅)」に到着したら下車します。

桃園MRT台北駅のエスカレーター

台北MRTなどに乗り換える場合は、連絡通路となる台北地下街方面に向かってエスカレーターで上を目指します。

地下連絡通路

すると写真のような通路に到着します。

各交通機関の案内

あとは案内に従って目的地に向かって歩きましょう。

桃園MRT台北駅構内

また、地下の連絡通路へ行かずに駅内の出口1〜4からそのまま地上に出ることも可能です。宿泊するホテルなど滞在先に合わせて適した出口を選びましょう。

電車(桃園MRT)の時刻表、始発と終電時間

桃園MRTの駅のホーム

何時何分に電車が来るのか厳密な情報を知りたい場合は桃園MRTの公式サイトにある時刻表からご覧ください。

桃園MRTの始発・終電の時間

始発終電
第2ターミナル発06:0623:35
第1ターミナル発06:0923:37

上記の始発・最終電車の時間表は普通車(各駅)のもので、台北駅までより早くたどり着ける直達車(特急)に乗る場合は始発が少し遅め、終電が少し早くなるのでお気をつけください。

もし桃園MRTが運転していない時間帯に空港へ到着してしまう場合はバスを利用して台北駅に向かうのが良いでしょう。24時間運行していて運賃も桃園MRTより少しお得です。

バス(客運)と比較した時のメリット

桃園MRT第2ターミナル駅前

僕自身何度か桃園MRTを利用しましたが、従来の桃園空港・台北駅間における主な交通機関だったバス(客運)と比較すると、下記のようなメリットがあります。

  • 移動が速い(「直達車(特急)」に乗れば35〜40分で台北駅に到着)
  • ほぼ一定の時間で台北駅に到着するので時間が読める
  • 駅・車内で安定した無料Wi-Fiが利用可能
  • 比較的乗り心地が良い

最後に

桃園MRTの台北駅改札前

桃園MRTは日本で使い慣れた電車のシステムとほぼ同じなので、日本人にとって非常に使いやすい交通機関です。

桃園空港から台北市内に向かう際は、ご自分の状況に合わせて今回紹介した桃園MRT、バスなどの交通機関をご利用ください。

※1元=3.7円で計算(2017年11月22日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

國光客運台北車站

台北駅から桃園空港へバスで行く方法を解説

台北市内から桃園空港へ移動する交通手段はいくつかありますが、バスを利用するのが一番安く、何より365日24時間運行しているので、台北市内から桃園空港へ移動する方法として多くの人に選ばれています。 以前...

國光客運の1819路線バス乗り場

桃園空港から台北駅へバスで行く方法を解説

桃園空港から台北市内に移動する手段はMRTや新幹線だったりと色々ありますが、中でもバスは365日24時間運行していて運賃も一番安いので、地元台湾人含め多くの方に利用されています。 ですが初めて台湾にく...

基隆駅近くの国光客運バスターミナル

台北から基隆(キールン)へバスで行く方法

先日台北から基隆(キールン)へ遊びに行ってきました。基隆は台湾北部にある港町で、日が暮れると基隆廟口夜市という比較的大きな夜市が盛り上がる場所です。 台北駅から基隆へのアクセスは台鉄で行く方法もありま...

ATM操作画面01

日本のクレジットカードを使って台湾のATMでキャッシングをする方法

台湾に数日滞在するだけならわざわざ日本円を両替えしなくても、日本で作ったクレジットカードでキャッシングして台湾ドルを手に入れれば済むでしょう。 というわけで今回は、台北の街を歩けば大体3分くらいで見つ...

悠遊卡加值機

悠遊カード(ヨウヨウカード)のチャージ方法

台湾にも日本のSUICAやPASMOのような存在のICカード悠遊カード(ヨウヨウカード)というものがあります。 この悠遊カードを使うことで、台北での移動に便利なMRTやバスを利用する際にわざわざ運賃を...

新竹駅(新竹火車站)

台北駅から新竹へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを紹介

先日、所用で台湾の新竹へ行ってまいりました。新竹と言えば「台湾のシリコンバレー」とも呼ばれ、多くの日本企業が進出している場所です。 その新竹には台鉄や新幹線も通っており台北からのアクセスも比較的便利な...

一卡通(iPASS)

約800円で高雄MRTが2日間乗り放題! 高雄を観光するなら必ず利用したい「二日卡」

先日高雄へ4日間旅行してきました。高雄旅行はこれで2回目となります。 今回は現地の友人に高雄でまだ訪れたことがない場所を案内してもらったんですが、その友人から「高雄に着いたら買うと高雄の交通が便利にな...

スマホなどのイヤホンジャックに挿せる小型の悠遊カード

台湾初心者でも問題なし! 悠遊カードの簡単な買い方/入手方法を紹介

台湾には日本で言うところのSUICAのような存在の「悠遊カード(ヨウヨウカード)」と呼ばれるICカードがあります。 悠遊カードを持っていれば日本のICカードと同じようスムーズに公共交通機関を利用するこ...

巨大ろくろと陶芸用粘土

巨大ろくろや巨大陶器と戯れる。鶯歌にある「三鶯之心空間藝術特區」に行ってみた

先日台湾の「鶯歌」という街へ行ってきました。鶯歌と言えば鶯歌陶瓷老街などで知られる台湾北部にある陶器・陶芸の街です。 僕も鶯歌に対しては陶器や老街などのイメージしか無かったのですが、今回鶯歌を訪れた際...

台湾新幹線の改札前

台湾新幹線の乗り方を解説。短時間で台北から台中や台南、高雄へ移動しよう

台湾は日本に比べ交通費が安く、その中でも長距離バスは特に安いので長距離を移動する際はバスでの移動を選択する方も多いと思います。 それでもやっぱり台北からなら1時間で台中、2時間半で高雄へと非常に短い時...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook