1. 台湾の語学センターで使われている中国語の教科書を安く買う方法

2015.10.142018.06.23 Update

台湾の語学センターで使われている中国語の教科書を安く買う方法

これから台湾の語学センターで中国語を勉強される方は勿論のこと、独学で中国語を勉強している方で、台湾の語学センターで使われている中国語の教科書が欲しいと思ったことはありませんか?

僕はかつて日本に住んでいた頃、独学を始めた時に日本に台湾中国語の書籍が少なかったこともあり、台湾の語学センターで使われている教科書に思いを馳せたことがありました。

ということで今回は台湾の語学センターで使われている中国語の教科書を、安く買うことができる場所や方法を紹介します。

Advertisement

どうすれば台湾の語学センターで使われている中国語の教科書を安く買えるの?

教科書出張販売時の台湾師範大学博愛大樓7階

完結に言うと『台湾師範大学の語学センターで行われる、新入生向けオリエンテーション日か始業日に博愛大樓の7階で購入する』ことで安く確実に購入できます。

教科書がすぐ必要になる新入生のために、写真のように業者さんが2日間限定で台湾師範大学の博愛大樓(語学センターがあるビル)7階へ出張販売に来てくれます。支払い方法については現金のみです。

オリエンテーション日は台湾師範大学の語学センターのサイトの「入学登録」ページで確認可能で、オリエンテーション日の翌日が始業日となっております。

普段の台湾師範大学博愛大樓7階

ちなみに普段の台湾師範大学博愛大樓の7階スペースはこんな感じ。

どのくらい安くなる?

教科書価格表

7階の掲示板に出張販売で教科書を買った場合の料金表が貼ってあったので写真を撮ってきました。「定價」が「定価」、「折扣價」が「割引価格」という意味でして、ご覧のように全ての教科書が10%オフになります。

気付かれたかと思いますが、これから台湾師範大学の語学センターで中国語を勉強する場合に使う「當代中文課程課本」の1冊目だけ馬鹿みたいに高いんですよね。教科書+宿題帳+漢字練習帳をセットで買うと日本円で5千円以上。僕の時はまだ試用版だったためここまで高くありませんでした。(1,000元は違う)

皮肉にもこの新しく作られた「當代中文課程課本」より、かなり評判の良い1つ前の教科書「新版實用視聽華語」は同じ1冊目をセットで買っても630元なので、新しい教科書は実に3倍近い値段に…。

あと、実は既に正規版として出来上がっている『當代中文課程課本の1冊目』に限ってはもっと安く買う方法がありまして、台湾のオンラインショッピングサイト「博客來」で購入すると21%オフになります。ちなみにひとつ前の教科書「新版實用視聽華語」は15%オフになっているようです。

ただここで買う際の注意点として台湾、香港、マカオ以外の国の発送すると、海外への送料や燃料費がプラスで掛かって21%オフ分がチャラになってしまうので、當代中文課程課本の1冊目を買うことが決まっていて、協力してくれる台湾在住の友人がいる方はここで代理購入してもらい後で受け取るのが良い方法だと思います。

実は新入生以外もココで購入できちゃう

現在台湾師範大学の語学センターで使われている中国語の教科書

オリエンテーションの翌日は始業日となるわけですが、1日目の授業は先生やクラスメイトの自己紹介に始まり、ざっとその学期のスケジュール及びどんなことを勉強するのか先生から簡単に説明を受けると思います。

この説明の際、「1学期中に教科書が切り替わるよ~」というお知らせがあった場合は、休み時間になったら出張販売が行われている7階へ教科書を買いに走ってください。

つまり近いうちいつかは必ず次の教科書が必要になるため、安くお手軽に買えるうちに出張販売を利用して購入しておきましょうって話です。

僕のケースを紹介すると、今僕が語学センターで使用している當代中文課程課本は1冊全12~15課から成るのですが、僕は1冊目の11課という中途半端な位置からスタートした関係で、毎学期とも1ヶ月経たない内に今使っている教科書が終わってしまい、すぐに次の教科書が必要でした。

ちなみにこの出張販売、一般人も学校に出入りすることが出来るため、学生証を持っていない人でも購入可能です。本来は学生以外の購入は駄目なんでしょうけど限りなくグレーです。

台湾の本屋

2日間限定の出張販売サービスが終わると、教科書は授業2日目以降に購入する場合、指定の書店(師大の一番近くの書店は師大書苑有限公司)で買うことになります。

書店で買うと販売価格が定価になる上、現在正規版を作っている最中の當代中文課程課本2冊目以降を買う場合は、学生証を求められるので指定校の学生しか購入出来ないようになっています。(2015年10月14日現在)

プチ情報ですが、語学センターに通っている人なら一回は見たことがあるであろう、ピンク色の漢字練習帳的な装いの小さなノートもこの書店で購入できます。先生によっては課題などの提出用にこのノートを買うよう言われる場合もあるので、頭の隅に置いておくといいかも。

最後に一言

その他の学校の語学センターにもこういったサービスはあると思いますが、台湾師範大学の語学センターに通う予定の新入生、在校生なら覚えておいて損はない情報かと思います。是非有効にご活用ください。

台湾が好きでちょくちょく台湾に来ている、且つ中国語を独学している方なら、この2日間にタイミングを合わせて旅行ついでに買えないことも…ないですね!

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

教科書出張販売時の台湾師範大学博愛大樓7階

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5