1. 緑に囲まれた美しき芸術空間「草山玉渓」へ行ってみた。アクセス方法や現地の様子を紹介

2017.11.122017.11.15

緑に囲まれた美しき芸術空間「草山玉渓」へ行ってみた。アクセス方法や現地の様子を紹介

先日台湾現地のお洒落さん達が写真を撮りに集まる博物館が台北にあるという噂をキャッチしたので早速行ってまいりました。

その場所の名前を「草山玉渓」と言いまして、事前にInstagramなどで現地の写真を見て情報収集をしていると確かに心くすぐられる雰囲気。

今回はその草山玉渓のアクセス方法や現地の様子などを写真とともに紹介していきます。それではご覧ください。

Advertisement

「草山玉渓」へのアクセス方法

バス停「捷運劍潭站(基河)」

行き方はいくつかありますが今回はMRT劍潭駅を出てすぐの所にある捷運劍潭站(基河)というバス停から、「紅5」「小15」「小16」「小17」「303」この5つの路線いずれかのバスに乗っていきます。

バス停「永嶺」

バスに乗って大体20分くらいで到着する「永嶺」で降ります。

草山玉渓の入口

道路を挟んで向かい側に目的地の草山玉渓があります。この道路は車通りが多く、横断歩道の信号も短めなので気をつけて渡りましょう。

Uberで行くのもおすすめ

バスを待っていると時間も読みにくくなりますし、しかも上述したバス停「捷運劍潭站(基河)」は屋根がない場所なので、雨が降っていたり日差しが強い日だと待つのがなかなか辛いです。

そんな時はUberという配車アプリを使えば、タクシーのように車を捕まえて運転手に目的地を伝えるという手間もなくなるので、バスだけでなくタクシーに乗るよりも簡単です。

下記のコードを入力すると運賃が割引になるクーポンが手に入るのでこの機会にご利用ください。MRT劍潭駅からクーポンを適用してUberに乗れば100元(約380円)未満で草山玉渓に辿り着けます。

クーポン入手コード:744zaxueue

「草山玉渓」の様子を紹介

草山玉渓入口の窓口

早速中へ入っていきたいですがその前に入場料を支払います。入場料は一般 が150元(約570円)、そして20歳〜30歳ならば120元(約456円)になるので、該当する方は身分証を持ってきましょう。

博物館の文物の説明を聞くための音声ガイドをこちらの窓口で無料レンタルすることも可能です。

入場券代わりの小石

窓口で入場料を払うと不意に渡されるのがこちらの小石。

本当にただの石なのですが入場券代わりになっているのでその辺に捨てないようにしてください。帰る時に返却します。なぜ石を入場券にしているのかは後々分かります。

肖像画

まず博物館から紹介していきます。ここはオーナーの林文雄さんが収集していた文物をシェアするために建てられた場所なんだとか。

仏像

館内は石で作られた仏像が多めです。

分銅

こちらは石でできた分銅。

猫の置物

猫かな? こちらも石。

年代を感じる石像

というわけで気付かれたと思いますがオーナーの林文雄さんは大の石好きで、美術館内だけでなく敷地内に配置された文物もほぼ石のコレクションです。だから入場券も石だったんですね。

博物館内のカフェ

博物館の最下層はカフェになっています。

建物を覆う独特なオブジェ

次は外を見ていきましょう。実は先程から意図的に隠してきたのですが、この草山玉渓の目玉は博物館ではなく博物館となっている建物を覆うように生えているアミアミといっても過言ではありません。

特に若い来場者は十中八九このオブジェと一緒に写真を撮ることを目的にやってきます。

草山玉渓外観

正面からのカット。ただ普通の建物があるだけなら「綺麗だな」という感想だけで終わりますが、あのアミアミが良いスパイスになっていますよね。

2階の眺望エリア

2階ではそのオブジェを周囲に、そして眺望をバックに写真を撮れるようになっています。ここから撮れる写真がSNS行きになるのは自然な流れか…。

陽明山草山玉溪 • Instagram写真と動画

写真撮影をしに来た台湾人カップル

1人で来ると上の構図での写真撮影が難しくなってしまうので、写真を撮ってもらいたい方は複数人で来るのをお勧めします。自撮りのために単身三脚担いで乗り込むのも鋼の心臓レベルなので。

鏡張りの博物館

ただ眺望の後ろにある博物館は鏡張りになっているので、こんな風に1人で写真を撮ることは可能です。

マジックミラー

しかしこの鏡、実はマジックミラーで美術館内から見ると外にいる人が何しているのか丸見えになります。

写真撮影などの前に髪や服を直しながらアホ面で鏡を見ていると、中の人に全て筒抜けになってしまうのでお気をつけくださいませ。

庭園

これだけ現代的な建物なのに周囲は緑に囲まれていて、しかも陽明山を登り始めているので街中より少し高い位置にあって空気が清々しいです。

池

心もとても落ち着く環境です。台湾人と一緒に来ると風水がどうのこうのって話が始まるんだろうなぁ。

最後に

草山玉渓で写真撮影を楽しむ人々

草山玉渓は入場料がかかりますが、個人的には法鼓山農禪寺と並ぶ台北お気に入りスポットのひとつとなりました。観光の際は比較的近い故宮博物館士林夜市と合わせて行くのもいいですね。

夏季や特別なイベントが行われる時は夜も開放しているようなので、夜の草山玉渓へ遊びに行ってみたい方は草山玉渓の公式ブログから最近情報をご確認ください。

施設情報

草山玉溪 Garden91

台北市士林區仰德大道二段91號地図(Googleマップ)で見る

営業時間/火曜日〜日曜日 10:00〜18:00(夏季は21:00まで)

定休日/月曜日

http://www.garden91.org/garden_01.html

※1元=3.8円で計算(2017年11月12日現在)

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

內灣駅

新竹駅から台鉄に乗って「内灣老街」へ行ってみたのでアクセス方法や現地の様子を紹介

台湾の老街と言えば台湾鉄道のローカル線である平渓線に乗って行くことができるスカイランタンでお馴染みの十分などが有名かと思います。 先日、その平渓線と並ぶ台湾鉄道ローカル線のひとつである内灣線に乗って「...

映月大池

どこを切り取っても絵になるコンパクトな観光地!「林安泰古厝民俗文物館」へ行ってみた

語学留学時代は台北は台北でも新北市に住んでおりましたが、現在のワーホリでは台北の台北市に住んでおりますナカジマチカ(@nakazimachica)です。 ということで時間がある時は、徒歩またはYouB...

ATM操作画面01

日本のクレジットカードを使って台湾のATMでキャッシングをする方法

台湾に数日滞在するだけならわざわざ日本円を両替えしなくても、日本で作ったクレジットカードでキャッシングして台湾ドルを手に入れれば済むでしょう。 というわけで今回は、台北の街を歩けば大体3分くらいで見つ...

普通代幣卡

台湾新幹線に乗れば運賃が無料に! バスに乗って嘉義新幹線駅から嘉義火車駅へ運賃無料で行く方法

先日台北から台湾新幹線を利用して嘉義まで行く機会がありました。嘉義の新幹線駅から嘉義火車駅への移動はバスを利用したのですが、その時のバスの運賃が無料だったんですね。 ということで今回は台湾新幹線を利用...

お皿に持った黒落花生

ちょっと変わった台湾土産にどうぞ。 迪化街で「黒落花生(黒ピーナッツ)」を買ってみた

みなさんは黒い落花生があるのはご存知でしょうか? もともとは中国から伝わった品種で、日本の国内産落花生の約7割を生産している千葉県では希少な落花生として生産されているそうです。 実はその日本国内では貴...

故宮博物院内部

古代のお宝達を見に行こう! 台北・故宮博物院への行き方

さてさて故宮博物院といえば台湾の中ではかなり有名な部類に入る観光スポットですが、先日人生で2回目となる故宮博物院へ行って参りました。 僕が1回目に訪れた時は週末で観光客が多かったということもあり、あま...

一卡通(iPASS)

250元(約800円)で高雄MRTが2日間乗り放題! 高雄を観光するなら必ず利用したい「二日卡」

先日高雄へ4日間旅行してきました。高雄旅行はこれで2回目となります。 今回は現地の友人に高雄でまだ訪れたことがない場所を案内してもらったんですが、その友人から「高雄に着いたら買うと高雄の交通が便利にな...

水月池と大殿02

心洗われるスタイリッシュなお寺「法鼓山農禪寺」に行ってみた

こんにちは。新しいものから歴史のあるものまで建築物大好きナカジマチカ(@nakazimachica)です。 最近Instagramから「台北に格好良いお寺がある」という情報を仕入れまして(唐突)、早速...

新竹駅(新竹火車站)

台北駅から新竹へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを紹介

先日、所用で台湾の新竹へ行ってまいりました。新竹と言えば「台湾のシリコンバレー」とも呼ばれ、多くの日本企業が進出している場所です。 その新竹には台鉄や新幹線も通っており台北からのアクセスも比較的便利な...

悠遊卡加值機

悠遊カード(ヨウヨウカード)のチャージ方法

台湾にも日本のSUICAやPASMOのような存在のICカード悠遊カード(ヨウヨウカード)というものがあります。 この悠遊カードを使うことで、台北での移動に便利なMRTやバスを利用する際にわざわざ運賃を...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook