1. 台湾に住む僕が台湾の大気汚染を視覚的に証明します

2016.02.122018.05.21

台湾に住む僕が台湾の大気汚染を視覚的に証明します

ども台湾在住日本人のナカジマチカ(@nakazimachica)です。いきなりですが台湾は全体的に日本と比べ空気が悪いです。

実際台湾に来てみるとマスクをして外を歩いている台湾人は非常に多く、リアルタイム気質指数ビジュアルマップなどを見ても数値は悪く、特に南部は酷くなる日も多いです。

けどそういう情報があって「台湾は空気が悪い」と言われてても、空気の悪さが視覚的な情報として目に映るわけじゃないので、結局のところどのくらい大気が汚染されているかって実感分かないですよね。

というわけで今回は「台湾の空気、実際こんな感じよ」っていうことをですね、台湾は台北に住んでいる僕が身近な場所やものを通して視覚的に分かるよう証明していきたいと思います。現実はこうです。どうぞご覧ください。

Advertisement

紹介する場所は僕の住む家

台湾で借りている部屋

証明するために利用する物なんですが、大体の人は1日の1/3以上は確実に居ることになる“家”を例に挙げて紹介してみたいと思います。

場所は台湾の一般的な一人暮らし用の部屋のつくりという条件もあり僕の今住んでいる家です。(写真を撮ったりしやすく何かと勝手も良い。)

僕の家の情報

  • 住所は台湾の新北市の西の方
  • 11階建てマンションの11階
  • 外出時は換気のため窓は開けっ放しに

大気汚染の影響を受けて家はこんな感じになっています

トイレ&バスルーム

トイレ&バスルーム

それではまずはトイレ&バスルームからいってみましょう。

外と隣接しているトイレ&バスルーム

ご覧の通り僕の家のトイレ&バスルームは、外とすぐ隣接しているので窓の縁は非常に汚れやすくなっています。

黒ずんだ窓の縁

雨が直接吹き込んでくるのでこうなるのは分かります。おそらく日本もこういう感じにはなるでしょうが、まぁなかなか汚いですよね。

バルコニー

バルコニー

さて問題はこちら。もうひとつの外と隣接する窓があり、洗濯機などが設置してあるバルコニーです。

薄暗いことから分かるように、完全に北向きなのでスーパーマリオブラザーズ3の砂漠のステージに出てくる太陽(トラウマ)みたいなアクティブ太陽が居ないかぎり、太陽光は一切入ってきません。

窓を開けると目の前に建物がある

窓を開けると目と鼻の先に、僕の住んでいる部屋のある建物と同じ高さくらいの建物がそびえ立っています。

部屋の手前にもう一枚ガラス戸

ちなみに部屋の手前にはもう一枚ガラス戸があるので、外と隣接する方の窓は常に開けっ放しです。とはいえ先ほどのトイレ&バスルームと比較すれば、直接外気の影響を受けづらい環境だと思うのですが…

窓の下の床

開け放たれた窓の下の床を見てみると見事に黒ずんでいますね。

少しお掃除

一部分だけ汚れを拭きとってみました。うーん。

じゃあ、部屋の中もかなり汚れてるんじゃ…

部屋の壁

そうなんですよね。じゃあこの部屋の中の段になってる部分をティッシュで拭ってみましょう。

汚れを拭き取ったティッシュ

こんな感じです。部屋の規則上、煙草は吸ってはいけないことになっていますし僕も喫煙の習慣はないので、前の住人や僕が残したヤニ汚れとかでは決してありません。ただの積もった埃にしては黒すぎる気がします。

台湾のコインランドリー

こんな環境ですから衣類等を外干しする勇気はありません。僕は普段、服を乾かす時は基本乾燥機を使っています。といっても雨が降りやすい気候のせいもあって、台湾人も室内だったり透明なガラスで囲まれたベランダで干したりと、日本のように外に直接干す人の数は多くありません。

最後に

掠れて見えない台北101

というわけでこのような形で、台湾の大気汚染を視覚的にご理解頂けたかと思います。

ちなみにこうやって証明するまでもなく「今日は空気悪いのでマスク付けて歩きましょう」ってニュースでやってるような日は、実際体感としても外に出て少し歩くだけでも喉がイガイガしてきます。

僕自身としては台湾での生活は大好きなんですが、日本の空気と比較すると台湾の空気は決して綺麗とは言えないので、定住となると少し躊躇してしまうのは確かです。

台湾で生活される際は是非この現状を見つめ、出来る限りの対策を行った上で毎日をお過ごしください。

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

.TPE-Free AD WiFiロゴ

事前登録不要!台北MRT(台北メトロ)で使える無料Wi-Fi「.TPE-Free AD WiFi」の使用方法を解説

台湾を旅行する際、どうするか迷うことの1つとして挙がってくるのがインターネット環境です。そして台湾・台北へ旅行にいらっしゃる方に朗報です。 現在台北では、台北を旅行する多くの方がメイン交通機関として利...

お皿に持った黒落花生

ちょっと変わった台湾土産にどうぞ。 迪化街で「黒落花生(黒ピーナッツ)」を買ってみた

みなさんは黒い落花生があるのはご存知でしょうか? もともとは中国から伝わった品種で、日本の国内産落花生の約7割を生産している千葉県では希少な落花生として生産されているそうです。 実はその日本国内では貴...

チップ入れ

台湾ワーホリ1年間でかかった費用の詳細を公開

2016年5月〜2017年5月までの1年間、ワーホリビザを利用して台湾に滞在していたナカジマチカ(@nakazimachica)です。 本記事をご覧になっている方の中には「台湾でワーホリしてみたい。け...

PIER5のお店

開放的な席で水辺の風景を眺めながらお酒を愉しめる河岸コンテナマーケット。「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」に行ってみた

ども、最近蒸し暑い日が続く台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。 今回はそんな暑い日にぴったりのなかなかお洒落な台北の遊び場を見つけたので早速行ってまいりました。 信義区を...

益品書屋店内07

本を売らない本屋さん。上質な空間で寛ぎながら本を読むことができる台湾の本屋「益品書屋」を紹介

年末に差しかかり台北も冬を感じる日が多くなってきました。夏が終わると一瞬で秋から冬へと切り替わるのは台北のいつもの流れですね。日本の冬と違い雨もよく振るのでこの季節は外に出るのが億劫になります。 そん...

至誠路二段側へ階段

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。 今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみ...

電気メーター

台湾の家賃や食費はどのくらい? 台湾(台北)1ヶ月の生活費を公開

日本を出て海外で暮らしてみたいと思ったことはないでしょうか? 海外生活を考えたことのある人の中には、日本からも近く街の構造も日本と似ていて利便性も高い「台湾」での生活を検討したことがある方もいるんじゃ...

新北市移民署最寄りのYouBikeステーション

台湾・新北市在住の日本人必見! 新北市の移民署に行く時、交通費を少しでも節約したい人はYouBike(ユーバイク)で行くのがおすすめ

新北市在住の外国人ならきっと同意して頂けると思うことがあるんですがね…移民署がとにかく遠い!台北市の移民署がMRT最寄り駅から徒歩5分なのに対し、新北市の移民署は最寄り駅から歩いていくとなんと4,50...

黒パイナップルケーキを2つに割った状態

普通の台湾パイナップルケーキに飽きた人へ。黒×黄のコントラストが美しい高女婿の黒パイナップルケーキをお土産に買ってみた

日本人の間で知られている台湾の定番土産と言えば『鳳梨酥(パイナップルケーキ)』ですが、あまりに定番すぎるので誰かに買っていくと「実は何回か貰ったことある」なんて告白されたりして軽く傷つくこともあります...

巨大ろくろと陶芸用粘土

巨大ろくろや巨大陶器と戯れる。鶯歌にある「三鶯之心空間藝術特區」に行ってみた

先日台湾の「鶯歌」という街へ行ってきました。鶯歌と言えば鶯歌陶瓷老街などで知られる台湾北部にある陶器・陶芸の街です。 僕も鶯歌に対しては陶器や老街などのイメージしか無かったのですが、今回鶯歌を訪れた際...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook