1. 台湾にある日本人向け日系語学学校「ジオスランゲージアカデミー台湾」に行ってきた。校内の様子やメリットなどを紹介

2018.09.302018.11.24 Update

台湾にある日本人向け日系語学学校「ジオスランゲージアカデミー台湾」に行ってきた。校内の様子やメリットなどを紹介

ども、かつて台北にある台湾師範大学の語学センターで中国語を学んだ台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台湾で中国語を学ぶ選択肢は色々ありますが、台湾には入学手続きや授業の解説に至るまでの全てを日本語で提供しているジオスランゲージアカデミー台湾という日系の語学学校があります。

20代以下の方はあまりご存じないかもしれませんが、自分の世代にとってジオスは耳に残るテレビCMを打った英会話教室として有名でした。そのCMには台湾人と日本人の両親を持つ、台湾でも有名な俳優の金城武さんが出演されていたこともあります。

今回はそんな僕にとっては馴染み深いジオスランゲージアカデミー台湾にお邪魔して、校内の様子を撮影したり、ジオスで語学を学ぶメリットなどを伺ってきたので紹介します。それではご覧ください。

Advertisement

目次

「ジオスランゲージアカデミー台湾」とは?

ジオスのロゴ

もともとジオスは「日本人の英語をなんとかしたい」という想いから1973年に日本の徳島県ではじまった英会話教室で、日本人向けのオリジナルテキストやオリジナルメソッド等を開発し、日本人のための英語教育に力を入れてきました。

ジオスはやがて日本全国に広がっていき、日本の英会話教室界を牽引しながら語学学習のノウハウを蓄積して、1990年代に入ると今度は世界進出を果たし1991年には台湾でも開校します。

その1991年の開校から現在に至るまでずっと続いていて、日本時代から数えれば40年以上の長い歴史と、語学学習のノウハウを継承した語学学校が「ジオスランゲージアカデミー台湾」です。

台湾のジオスでは英話だけではなく台湾の公用語である中国語、更には韓国語も学べるようになっていて、台湾にある語学学校ではありますが、台湾現地へ来られた日本人の方向けの中国語や英語などの語学学習サポートに力を入れています。

ジオスランゲージアカデミー台湾の校内紹介

ジオスランゲージアカデミー台湾忠孝校が入っているビル

現在台湾のジオスは合計3つあります。台北MRT忠孝敦化駅3番出口から徒歩3分ほどの忠孝校、その忠孝校から徒歩2分の延吉校、そして天母にある日本人学校から徒歩1分の天母校です。

今回はその中で台北市の中心にある好立地の忠孝校へお邪魔しました。

ジオスランゲージアカデミー台湾忠孝校入口

エレベーターで5階へ上がると見えてくるのがこちらの入口です。

ジオスランゲージアカデミー台湾忠孝校受付

中へ入ると笑顔の素敵なスタッフがお出迎え。

ジオスランゲージアカデミー台湾忠孝校の教室

レッスンを受けるための教室は白を基調としていて、非常に清潔感と開放感があります。

ジオスランゲージアカデミー台湾忠孝校の廊下

忠孝校の教室は全部で14室。

フリーWi-Fi

校内には無料で使用できるフリーWi-Fiもあります。

公式ラインアカウント

ジオスへの個別の連絡や相談にはもちろん電話でも対応していますが、LINEにも対応しています。そしてどの連絡手段においても日本語サポートは完璧。

ウォーターサーバー

こちらは自由に使用して良いウォーターサーバー。コーヒーやお茶もあります。

簡易キッチンスペース

簡易キッチンスペースも備えています。

休憩スペース

電子レンジや冷蔵もあるこちらの空間で休憩することが可能です。

ジオスランゲージアカデミー台湾で語学を学ぶ6つのメリット

僕個人の感想を正直に言うと、ジオスランゲージアカデミー台湾の授業料は、他の台湾にある中国語を学習できる機関と比べるとそこまで安くありません。

ただその料金設定にはそれ相応の理由があります。ここではジオスランゲージアカデミー台湾で語学を学ぶ6つのメリット紹介します。

1. 日本スタッフが常駐

日本語と英語が話せる日本人スタッフ

ジオスランゲージアカデミー台湾では日本人スタッフが常駐しており、日本人の受講生に対してスピーディー且つきめ細やかな対応を提供しています。

日本人スタッフ直通の電話番号やLINEアカウントもあるので、緊急時から授業内容やスケジュールなどの相談まで、いつでも日本人スタッフと直接連絡が取れる環境があります。

2. レッスンの質が高い

ジオスでは、講師業を生業としているプロの講師、かつ教務部によるデモレッスンチェックなどを通して合格した講師のみを採用しています。

実際にジオスの講師となった講師は、ジオスの教務部から正式採用前、そして採用後も定期的にトレーニングを受け、レッスン内容について常に高い品質を求められています。

他にもレッスンプランの確認、ミーティング、講師同士で教え方などを共有するワークショップを行うなど、ジオス全体で日々レッスンの質の研鑽に取り組んでいます。

3. 採用講師は基本的にネイティブのみ

英語のネイティブ講師

ジオスで採用している講師は基本的にネイティブのみで、例えば対象の言語が中国語なら中国語で育った講師が中国語を教え、英語なら英語で育った講師が英語を教えます。

4. 豊富な語学力を持った講師陣

全くの0から中国語を学ぶ場合においても、日本人に対しての授業経験も豊富な日本語で中国語の解説をすることができる台湾人講師がいます。

また英語が堪能な台湾人講師もいるので「英語力をキープするために英語で中国語を学びたい」という日本人の需要に応えることも可能です。

更には複数の国にルーツを持ち、日本語+中国語、日本語+英語など2つ以上の言語をネイティブレベルに話せるバイリンガル講師も在籍していて、発音の矯正や日本における検定対策などにも強い講師もいます。

5. 他国のジオスとも提携

ジオスランゲージアカデミー台湾の広告

ジオスは北米、オセアニア、アジアなど世界各国に存在するので、ジオスがある国への転勤、留学の希望などは、行き先の国のジオスと連携してスムーズなサポートを行うことができます。

6. 受講生の要望に合わせた柔軟な対応

ジオスの最大の強みは何と行っても、受講生の要望に合わせて柔軟な対応ができることです。

受講生の進捗状況やレベルに合わせて授業内容を都度カスタマイズをしたり、出張、長期休暇、授業の振り替えなどの対応システムも確立されています。希望があれば自宅や会社への講師派遣も可能です。

また台北日本人学校の近くにある天母校では、子供やその保護者の方々に向けたレッスンプランも充実しています。

更に小さなお子様がいる場合でも、レッスンを受けている間に校内で面倒を見てもらうことができるベビー&キッズシッター制度があるなど様々なライフスタイルの方へ最適なレッスンおよび環境を提供しています。

次回、実際にジオスで語学を学ぶ?

中国語の学習テキスト

さて、色々ジオスランゲージアカデミー台湾のことを紹介してまいりましたが、実はこれで終わりではありません。

これで終わってしまうとただ表面を紹介しただけになってしまい、僕がかつて中国語を学ぶために通っていた台湾師範大学の語学センターと比較をするなどの中身の検証ができません。

というわけで今回はご協力のもと、ジオスランゲージアカデミー台湾で実際に中国語、そして英語のレッスンを受講させて頂くことになりました。

まず実際の受講生と同じようにまず体験レッスンとレベルチェックを受け、僕の目標にあったレッスンプランをご提案頂き、それに従ってレッスンを受けていきます。

僕がジオスランゲージアカデミー台湾で語学を学び、どういう結果を残していくかなどの模様は、また別の記事に書いていきますのでどうぞご期待ください。

本ブログからジオス台湾へお問い合わせをすると様々な特典が受けられます

  • 入学金1,000元(約3,700円)が無料
  • 1対1の体験レッスン無料ご招待(台北市内の学校限定)
  • スムーズな日本語対応

※入学金無料の本ブログ特典は他の割引キャンペーン併用不可とさせて頂きます。
※1元=3.7円で計算(2018年11月15日現在)

施設情報

GEOS大世界外語學院-忠孝分校

台北市大安區忠孝東路四段212號5樓之1地図(Googleマップ)で見る

営業時間/月曜日〜金曜日 12:30〜21:30、土曜日 10:00〜19:00

定休日/日曜日

http://www.geos.com.tw/

施設情報

GEOS大世界外語學院-天母分校

台北市天母西路3號3之5 3樓地図(Googleマップ)で見る

営業時間/月曜日〜金曜日 12:30〜21:30、土曜日 10:00〜19:00

定休日/日曜日

http://www.geos.com.tw/

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

ジオスのロゴ

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5