1. 日本人も絶対好きになる味! チェーン店だけど安くて美味しい台湾の餃子専門店「八方雲集」を紹介するよ

2015.07.232017.10.06

日本人も絶対好きになる味! チェーン店だけど安くて美味しい台湾の餃子専門店「八方雲集」を紹介するよ

カテゴリー

台湾台湾生活記

こんにちは、元から餃子はご飯と一緒に食べなくても別にいい派のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

台湾は餃子専門店が至る所にあり、台湾に来てから餃子は主食というその絶対的な何かはますます加速していく一方です。餃子とコーンスープという台湾ならではの奇っ怪な組み合わせにもすっかり慣れました。

というわけで今回はその台湾に並み居る餃子専門店の中で僕が台湾移住後に訪れた回数が確実に1位の有名餃子チェーン店を紹介したいと思います。

僕の周りにいる日本人でもこのお店が好きな人は多いので日本人なら絶対気に入る味なんだと思います。それではご覧ください。

Advertisement

そのお店の名は「八方雲集」

八方雲集外観

「鍋貼水餃專賣店」というキャッチコピーのこちらのお店がそうです。中国語が分からなくても漢字の雰囲気で餃子専門店なんだなというのは何となくご理解頂けるでしょう。

台湾ではパッと見なんのお店だか分からないような初見殺しのお店が多いのですが、その中ではかなり分かりやすい部類だと思います。

お店の探し方

最寄りの店舗の場所は八方雲集の公式サイトにアクセスして、門市資訊というところから調べることができます。

もしくはGoogleマップを使って「八方雲集」と検索しても場所が表示されます。或いは探さなくても結構な数が街の中にあるので、周囲に注意して歩いていれば偶然見つかるかもしれません。

どのくらい数のお店があるかというと公式サイト上のデータでは、僕の住む新北市には約170店舗、新北市より小さい台北市でも約110店舗が存在し、僕の家から徒歩15分以内のところにもなぜか3店舗もあるので、この八方雲集というお店の人気の高さが伺えます。

注文する

注文票

注文方法は台湾のレストランでは一般的なスタイルを採用していて、お店に入り空いている席に座ったら、座席に置いてある(店頭に置いてある場合もあります)注文票に自分の座った座席の番号(内用桌號)と注文したい料理の横に数字を書いて店員さんに渡す方式です。

今回は2種類の水餃子と酸辣湯を注文してみます。僕が試した限り餃子は2個からでも注文できます。注文票に何も注意書きが無いところを見ると1個からでもいけるかもしれません。

餃子のタレをつくる

醬料區

注文した商品を待っている間に「醬料區」へ行き餃子のタレや食器の準備をします。箸やスープ用のレンゲもここからセルフサービスで持ってきます。

餃子のタレの用意

個人的には一番大きいボトルに入っている(店舗によっては壺に入ってるところもある)少しとろみのある少し甘いタレが、水餃子の皮とよく絡んで美味しいのでお薦めです。(お好み焼きに合いそうな味を想像してください。)

だから僕はいつもこのとろみのある甘いタレと、日本で餃子を食べる時によく作る餃子のタレ(醤油・お酢・ラー油の組み合わせ)、この2種類を用意して食べることが多いです。

店内の様子

注文した料理が来るまで少し掛かりそうなので店内の様子を見ていきましょう。

幅広い年齢層

八方雲集店内01

子どもから高齢者の方までの広い年齢層の方々が利用していることが分かります。ちなみにお昼時や夕方などのピークの時間帯には席はほぼ埋まります。

餃子をその場で詰める

餃子の餡を皮に詰める作業

チェーン店の餃子というと「冷凍」「作りおき」などのイメージがあり「味はそこそこだろうなぁ」と思いがちですが、ここ八方雲集では店員さんが店内で常に餃子の餡を皮に詰める作業を行っており、提供される餃子は常に作りたての新鮮な状態で保たれています。

冷蔵庫から自分で取り出せるメニュー

店内に設置されているセルフ用冷蔵庫

台湾ではレストランに入った時に頼んだものを待つ間、「小菜」と呼ばれる小皿に乗った小さな料理をそのお店の冷蔵庫から取り出してそれを皆でつつくという文化があります。

八方雲集でもその文化に則り、店内に設置されている冷蔵庫から小菜や飲料類を取り出して、料理を待つ間の時間に軽い食事を楽しむことが出来ます。

もし食べたいメニューが既に決まっている場合は、最初から注文票の「小菜類」のところに記入しておき店員さんに渡した後セルフで取り出しましょう。

豆漿

僕はたまにハゲ防止のために料理を待つ間、豆漿(豆乳)を飲んで大豆イソフラボン摂ることもあります。

ご飯と乳製品という組み合わせが小学生の頃の給食の時間を思い出させますが美味しいです。この豆漿は全部で3種類ありどれも値段は15元(約49円)です。

食べる

注文した料理

と、色々準備をしていると注文した物が全て揃いました。

タレをつけた水餃子

餡がぎっしり詰まったぷりぷりの水餃子にタレをつけて頂きます。

古早味乾麺

餃子専門店ですがメニューは餃子だけではなく他にも色々なメニューがあるので少し紹介します。例えば上の写真は別の日に撮影したもので今回オーダーしたものではありませんが「古早味乾麺」35元(約115円)という麺料理。

珍珠抄手(紅油)

こちらも以前来た時に注文した「珍珠抄手(紅油)」50元(約165円)。

燙青菜

野菜を摂りたい時は「燙青菜」30元(約99円)を頼んでもいいでしょう。写真は地瓜葉(さつまいもの葉っぱ)を茹でたものです。この燙青菜は日によって選べる野菜が変わるので、注文すると店員さんからどの野菜が良いか聞かれることもあります。

お会計

レジに持っていく注文票

お会計です。店員さんが持ってきた注文票を持ってレジに行きます。今回は水餃子9個と酸辣湯をいただきまして全部で72元(約237円)でした。もちろんお腹いっぱいです。

激安・ボリュームたっぷりで有名な日本のチェーン店「餃子の王将」ですら6個入り餃子の値段は税込み259円(餃子ひとつにつき約43円)なので、八方雲集の餃子ひとつ5元~5.5元(約16~18円)という値段が驚異的な安さであることが分かります。

※ちなみに八方雲集に限らず台湾で売られている水餃子は大体このくらいが相場です。
※1元=3.3円で計算(2015年7月23日現在)
※店舗によっては注文時にお会計になる場合もございます。

まとめ 餃子専門店「八方雲集」はチェーン店とは思えないほどレベルが高い

八方雲集店内02

メニューが豊富で新鮮、味も美味しく値段もリーズナブルで店内もとても清潔なので、おそらく台湾の庶民向けのレストランの中で最高峰に位置する存在でしょう。冒頭にも書きましたが街を歩けば必ずぶつかるほど店舗が沢山あることも頷けます。

日本だと美味しい水餃子を値段を気にせずお腹いっぱい食べられるお店は滅多に見かけないと思うので、台湾へお越しの際は街中でよく見かけるチェーン店だと侮らずに是非「八方雲集」へ足を運んでみてください。

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

注文表兼メニュー

台湾のレストランでメニューを見てもどんな料理か想像できない! そんな時はGoogle翻訳を利用して料理名を検索するとなんとなく分かるよ

台湾でご飯を食べようと思ってお店に入って、漢字を見て想像で適当に頼んでみたら全部ご飯物が出てきちゃったり、全部スープものが出てきちゃった事とかありませんか!?僕はあります。 こういった海外でご飯を食べ...

お皿に持った黒落花生

ちょっと変わった台湾土産にどうぞ。 迪化街で「黒落花生(黒ピーナッツ)」を買ってみた

みなさんは黒い落花生があるのはご存知でしょうか? もともとは中国から伝わった品種で、日本の国内産落花生の約7割を生産している千葉県では希少な落花生として生産されているそうです。 実はその日本国内では貴...

日式涮涮鍋

台湾での外食生活で不足しがちな野菜を食べるならこのお店! 野菜もしっかり摂れてお腹いっぱい食べられる台湾のおすすめ飲食店4つ

さて台湾に移住してからというものの、日本で一人暮らしをしていた頃は徹底した自炊生活を行っていた僕も、今では食事は完全に外食だけになってしまいました。家にあるキッチン雑貨は飲み物用のコップくらいしかあり...

台湾の飲食店01

台湾の屋台(飲食店)での注文方法を紹介。台湾でご飯を食べる時に役立つ中国語フレーズまとめ

台湾と言えばやっぱり台湾グルメということで、台湾に来たら食を存分に楽しみたいですよね。 そこで今回は、台湾の屋台(飲食店)における流れと注文時及び店員さんと会話する時に使える中国語フレーズを、台湾に住...

雞肉木盆沙拉(チキンサラダボウル)

阜杭豆漿が大行列?それならすぐ近くにある「Cube Branch.」がオススメだよ

阜杭豆漿というお店をご存知でしょうか。おそらく台北へ来たことがある人なら一度は耳にしたことがあると思いますが、地元台湾人から海外から来た観光客までとにかく沢山の人が朝ご飯を買い求めにやってくる有名店で...

ガラスケースの中に入った食材

台湾お馴染みのB級グルメ「滷味(ルーウェイ)」の購入方法を紹介

みなさんは台湾の路上や夜市などで台湾人がザルとトングを構え、店頭に並べられた茶色っぽい物体を熱心に選んでいる様子を見かけた経験はないでしょうか? それはおそらく台湾でスタンダードなB級グルメとして愛さ...

苺ミルク+チョコチップバニラ

ハーゲンダッツ級に美味しいアイスが破格でたっぷり食べられる台北地下街の「3546冰淇淋」を紹介

台湾は1年を通して比較的暑い日が多いのですが、そこで食べたくなるのはやはり冷たいものでしょう。 おそらく日本人にとっての台湾の冷たい食べ物といえば『マンゴーかき氷』などが挙がるかと思います。が、台湾通...

金煌芒果(金煌マンゴー)

台湾現地で買って食べれば新鮮でお得! 台湾の果物屋さんでマンゴーなどのフルーツを購入して食べてみよう

今年2017年の台湾の夏はマンゴーが豊作なようで連日マンゴーを食べまくっておりますナカジマチカ(@nakazimachica)です。 ところで皆さんは台湾に来た時、どのようにして台湾のフルーツを口にす...

茶葉蛋が煮込まれた電気鍋

台湾のコンビニが臭いのはなぜ!? 異臭の元?「茶葉蛋」を買って食べてみる

台湾のコンビニで飲み物でも買おうとお店のドアを開けた瞬間強烈に匂ってくる、お茶と八角などの香辛料で煮込まれた日本には無いアイツの存在をご存知でしょうか。 匂い自体を知っていたとしても近寄り難い雰囲気を...

並べられたカットフルーツ

フルーツ盛り合わせが200円! ビタミンが足りない台湾師範大学の学生はMRT古亭駅近くにある「古亭水果吧」で摂取するといいかも

台湾で生活を始めてから肉や米、麺が中心の食生活になってしまい、尚且つそいつらは大体油っこいときてるので、日本人なら日本で生野菜をかじっていたフレッシュな私を取り戻したいと思う方もきっと多いんじゃないで...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook