1. 台湾で不在時に受け取れなかった郵便物を郵便局へ取りに行ってみた

2016.07.112018.01.27

台湾で不在時に受け取れなかった郵便物を郵便局へ取りに行ってみた

実は先月に31歳の誕生日を迎えたのですが、なんとありがたい事にその僕の誕生日に合わせて、とある方が僕が現在住んでいる台湾の家にこっそりプレゼントを郵送してくれました。

ですが僕の家の構造上色々と問題があり、誕生日当日は結局その送ってくれたプレゼントを自宅で受け取れず、サプライズ失敗という結果に終わりました。ちゃんちゃん

という風にせっかく送ってくれた物を無下にするわけにもいかないので、今回は台湾で家を借りて生活している場合、受け取れなかった郵便物をどのようにして手に入れるのか? という話をしてみたいと思います。

ちなみに学生なら学校に代理で郵便物を受け取って保管しておいてくれるサービスがあるはずなのでこういった問題は避けられます。台湾師範大学の語学センターにも何気にそういったサービスがあり、現在留学中で利用してみたい方はnackle氏の下記の記事をご参考ください。

今回は家の構造に問題があって、台湾のどこかしらの機関に頼ったりできない独り者が郵便物を受け取れなかったケースです。あまりいないとは思いますがどうぞご覧ください。

Advertisement

目次

なぜ郵便物が受け取れない?

1. 家の構造の問題

住んでいる家のオートロック

僕の住んでいる部屋のある建物は住人たちが住む各部屋の手前にオートロックの扉があります。ですが、なぜかその扉に各部屋の住人を呼び出すための呼び鈴が付いてないんですね。そして建物入口には郵便ボックスもありません。(そもそもエントランス自体無い)

それじゃどうやって郵便物受け取るの? って話なんですが、無論この状況では郵便物を受け取るのは無理です。1日中外で配達員さんを張ったりすればいけるでしょうが、流石にそれはやりたくない。

2. 郵便局の配達員の問題

構造に問題があってスムーズに郵便物を渡せない、それなら配達員の方が僕の家に到着した際に電話をくれて郵便物が届いたことをその場で知らせてくれれば問題ないでしょう。

ですが台湾人に聞いたところ配達元が中華郵政の場合は電話をかけてまで荷物が届いたことを知らせてくれることはないそうです。他の配達業者の場合は建物の前に来た時に電話をかけてくれる場合もあります。

幸い僕にプレゼントを送ってくれた方はずっとネット上で郵便物の行方を追ってくれていたんですが、以上の問題から毎回「受取人不在→再送」という郵送状況になるので、しびれを切らして僕に直接連絡してネタバレ。事情を聞いた僕は「実は今住んでいる家がこういう状態なんだよね。」という説明をしました。

そして相手と相談して、届け先の住所変更や受取時間の指定なども出来ないようだったので、最終的には郵便物の追跡番号を教えてもらい、僕が直接荷物保管場所まで郵便物を受け取りに行くということで話がまとまりました。

というわけでここからようやく本題です。

郵便物の追跡方法

台湾の郵便局のサイト 中華郵政

まずは郵便物がどういう状況にあるか調べたいので、台湾の郵便局サイト中華郵政にアクセスします。

郵便物追跡画面01

同じページにある「郵件查詢」をクリックします。

郵便物追跡画面02

「郵件號碼-1」の欄に追跡番号(郵件號碼)を入力し、キャプチャ(圖形驗證碼)の番号を入力して「確定」をクリックします。

郵便物追跡画面03

「查明細」をクリックします。

郵便物追跡画面04

これで履歴を含めた郵送状況が分かります。最上段の「狀態」欄に「到達支局招領中」と書いてあれば、以降は再送されず受け取れなかった郵便物は郵便局に保管されている状態です。

郵便局の名前と住所

そして最上段の處理單位の欄ある文字列のリンクをクリックすると郵便物が保管されている郵便局の名前と住所が分かります。こちらの住所へ受け取れなかった郵便物を取りに向かいます。

最後に先ほどの追跡番号(郵件號碼)が記載してある郵送状況の画面のスクリーンショットを撮ってスマホに保存しておきます。不在票が無い場合はこの追跡番号が郵便物を受け取るための引換証代わりになります。

郵便局へ受け取り残った郵便物を取りに行く

郵便局

郵便局のサイト上で確認した住所の郵便局へ来ました。

郵便局の窓口

「郵件招領」と書いてある窓口へ行き、「我漏收到包裹的,投遞不成功所以來拿包裹的」と伝え、追跡番号(郵件號碼)を見せます。

郵便物

すると郵便物を持ってきてくれて「これかな?」と確認されるので、最後に本人確認のために身分証明書(パスポートや居留証)を見せて受け取りのサインをすれば完了です。

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook