1. リニューアル工事に入る前の台北・南門市場を撮り納めしてきた

リニューアル工事に入る前の台北・南門市場を撮り納めしてきた

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

最近もの凄い勢いで台北の街並みの風景が変化している気がします。数週間台北から離れて戻ってくると、街の一角の景色が一変していることも珍しくありません。

そんな中、台北の歴史ある場所のひとつ「南門市場」が生まれ変わるために2019年10月から数年間、大規模なリニューアル工事に入るという情報を耳にしました。

そこで今回はリニューアル工事前の南門市場の姿を収めるべく現地へ撮影に行ってまいりました。その様子をご覧ください。

目次

南門市場とは?

南門市場1階入口と駐輪場

南門市場は100年以上の歴史を持つ台北の市場です。

日本統治時代は「千歳町市場(千歳市場)」と呼ばれていましたが、1946年に名前を当初の南門市場に改めます。

1983年には現在の10階建て総合行政ビルに市場の店舗が入り、2012年のリニューアルなどを経て今の状態になりました。

2019年10月リニューアル工事開始

その南門市場が入るビルですが老朽化のため2019年10月からビル丸ごとのリニューアル工事に入ります。それに伴い南門市場も中継ぎ営業用スペースに移設されます。

工事は2022年内に完了する予定で、建物の完成後再び市場の店舗を戻し、新しい南門市場が一般開放される段取りになっています。

リニューアル後は、南門市場が入るビルは地下5階・地上12階の建物になり(南門市場エリアは地下2階から地上2階までの予定)、台北MRT中正紀念堂駅とも連結する構造になるそうです。

新しい南門市場の完成予想CGはこちら

2019年の南門市場の様子

外観など

南門市場が入るビル外観

南門市場が入っている建物の全景。南門市場の範囲は地下1階〜地上2階の3フロアです。

南門市場前の通路

場所は最寄り駅である台北MRT中正紀念堂駅の2番出口を出てすぐのところ。右にあるのはこの後に紹介するフードコート直通の階段です。

南門市場が入る建物の騎樓

建物の騎樓(日差しや雨を凌ぎなら歩くことができるようになっている拱廊)部分。

騎樓の隅で下ごしらえをする人

その騎樓の隅で下ごしらえをする人。

木造スロープ

後付け風の木造スロープ。傾斜とコーナーの角度がエグいです。

建物裏の駐車場

建物の裏手は車の駐車場になっています。

建物外壁に設置された室外機

外壁に設置された室外機がゴツい。

ソーラーパワーシステムの情報パネル

建物全景写真の屋上部分に見えましたが、ソーラーパワーシステムを採用しているようですね。

地下1階:生鮮売場

生鮮売場の通路

次は南門市場の中を見てきましょう。まずは地下1階の肉や野菜、海鮮などがある生鮮売場へ。

吊るされたビニール袋

生鮮売場は地下なので薄暗い独特の空間が展開されています。

八百屋

八百屋さん。

魚屋

幼児の熱視線を浴びる魚屋さん。

肉屋

精肉売場。強面の2人が生肉を眼前にやりとりしている様子は怪しい雰囲気が漂います。

加工食品売場

加工食品のお店。

こね台

複数人が同時に作業ができる大きなこね台。

焼く前のパン

これから焼かれるために待機している塊たち。

棚

台湾ではこういうゴチャっと露出した棚をよく見かけますが、店員さんは配置を把握してるのか気になります。

バイク

駐輪場から少しはみ出て市場内に食い込む単車達。

地上1階:食料品・おやつ・お土産売場

南門市場1階入口

さてお次は1階へ。地上入口から入っていきましょう。

お客さんを待ち構える店員さん

1階売場を利用する人は現地の台湾人に限らず外国人観光客も少なくないからなのか店員さんがやや積極的。

南門市場地上1階の通路

フロアの雰囲気も地下1階生鮮売場とは打って変わって明るいです。

ドライフルーツ売場

台湾土産の定番ドライフルーツ。

惣菜売場

美味しそうなお惣菜とそれを買い求めるお客さん対応のために待機しているピンクポロシャツの方々。

生々しいハム

脚の形状がそのまま残っている生々しいハム。

積まれたケース

売場の裏側の様子。

謎の役割を務める新聞紙

フィルター代わりの新聞紙ですかね…?

AEDの取扱方法

このフロアに貼ってあった中国語版AEDの取扱方法。

地上2階:服飾売場 / フードコート

南門市場自治会会長のパネルが置かれた1階と2階の踊り場

最後のフロアである2階にやってきました。1階と2階の階段の踊り場ではおじさんx2がお出迎え。実は南門市場自治会の会長を務めている御方です。

服飾エリア

2階は半分が服飾エリアになっています。

ベンチ

ベンチが短い間隔で設置されているので、中正紀念堂を観光した後に休む場所が見つからない場合はここが穴場かもしれません。

フードコート入口

2階のもう半分を占めるフードコートの入口。直通階段ではなくこちらからやって来ると目立ちませんがこの扉の奥がフードコートです。

多くの人が利用するフードコート内

観光客だけではなく平日は近くに勤めている方々も多く利用しています。

南門市場フードコートにあるお店

色々なお店がありますが、

合歡刀削麵のトマト牛肉麵

僕は合歡刀削麵で食べることができる麺料理が好きです。ご飯時は行列が絶えない台湾人からの支持も厚いお店です。

合歡刀削麵のトマト牛肉麵を食べに行った動画

南門市場自治会の事務所

2階には他にも、お手洗いの方に進んでいくと南門市場自治会の事務所があります。

給湯兼ゴミ捨てスペース

すぐ近くにある給湯兼ゴミ捨てスペースのDIY感。

南門市場の一時的な移転先

愛國東路と杭州南路二段の交差点

リニューアル前の南門市場の様子を紹介してきましたが、ついでにリニューアル工事が完了するまでの南門市場の一時的な移転先も見に行ってみましょう。

場所は愛國東路と杭州南路二段が交わる一角で、今の南門市場から歩いて10分くらいです。

南門市場の一時移転先の建物

2019年10月中には移転作業を完了させる予定らしいので、建物はほぼ完成しているように見えました。スムーズにいくと良いですね。

最後に

南門市場地下1階

以上、大規模なリニューアル工事に入る前の2019年現在の南門市場の紹介でした。

今の南門市場の雰囲気を味わえるのはあと少しなので、まだ行ったことがない人は是非どうぞ。

施設情報

南門市場

台北市中正區羅斯福路一段8號地図(Googleマップ)で見る

営業時間/07:30〜19:00

定休日/月曜日

http://www.nanmenmarket.org.tw/

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

本ブログの更新情報をチェック

八百屋
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間の中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5