1. 開放的な席で水辺の風景を眺めながらお酒を愉しめる河岸コンテナマーケット。「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」に行ってみた

2018.06.24

開放的な席で水辺の風景を眺めながらお酒を愉しめる河岸コンテナマーケット。「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」に行ってみた

ども、最近蒸し暑い日が続く台北に住んでいるナカジマチカ(@nakazimachica)です。

今回はそんな暑い日にぴったりのなかなかお洒落な台北の遊び場を見つけたので早速行ってまいりました。

信義区を除く台北市内ではあまり見かけない雰囲気の場所だったので、その「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」の様子などを紹介していきたいと思います。どうぞご覧ください。

Advertisement

目次

「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」とは?

2018年4月から始まった台北初の河岸コンテナマーケットです。河岸前の空間にお洒落なお店がお店が並び、土日はその空間を活かして音楽イベントなども開催されています。

雰囲気としては以前台北信義区の新光三越前にて期間限定で開いていたCOMMUNE A7がそのまま大稲埕の河岸に移動してきたような感じです。

PIER5 大稻埕碼頭河岸特區の場所・アクセス方法

PIER5 大稻埕碼頭河岸特區は迪化街の西にある大稻埕というエリアの河岸にあり、MRT北門駅かMRT雙連駅から歩いていけば10分ほどで到着します。

淡水河沿いの道

個人的にはMRT北門駅3番出口から出て西へ向かって歩き、延平疏散門をくぐって淡水河の景色を眺めながら現地へ向かうのが好きです。

PIER5 大稻埕碼頭河岸特區の様子

PIER5の広場

PIER5の様子を紹介していきます。と言っても規模はそこまで大きくありません。

淡水老街行きのフェリーが出ているフェリーターミナル

PIER5付近には淡水老街行きのフェリーが出ているフェリーターミナルもあります。

台湾の街並みの風景画

河を背にすれば駐車場側の壁に台湾の懐かしい街並みの風景画が広がります。

我愛豹豹 I Love Bow

こちらは台北東区にもある香港スイーツ「雞蛋仔」の専門店我愛豹豹 I Love Bow

写真撮影場所を設えたタイ式ヌードルショップ

写真を撮ってくださいと言わんばかりの壁紙を店舗横にしつらえたタイ式ヌードルショップ。

臺虎露飲車

お洒落な銀色の車型店舗で台湾のクラフトビールを提供している臺虎露飲車

Rainbow Toast

お酒の価格は台北のバーと同じくらいの水準(カクテル一杯150元〜300元)ですが、食べ物の価格はこの手の店舗にしてはそこまで高くありません。ちょっとお洒落な夜市で小吃を買うくらいの感覚で気軽に食べ物を購入できます。

虹色のチーズが入ったホットサンド

こんな虹色のチーズが入ったホットサンドが購入できるところもあります。90元(約324円)でした。

飲食用に用意された席

ゆっくり座ることができる飲食用の席もたくさん。スタンドテーブルも至るところに設置されていて便利です。

2階席があるコンテナ型店舗

さて、PIER5を歩いていると必ず気になるのはこのコンテナ型店舗の2階席。

封鎖された階段

2階へ上がる階段入口には「VIP ONLY」と書かれていて、一見予約したり特別な人でないと上がれない雰囲気が漂っています。

冉冉

実はこれ、2階がある店舗で何かを購入し店員さんへ一声かけた後、自分で階段入口のチェーンを外して2階へ上がって行っても良い仕組みになっています。

ただ2階に座席が用意されているのは「Bubbly…」と「冉冉」の2店舗なので、2階で座ってゆっくりしたい人はご注意ください。

コンテナ型店舗2階席からの眺め

僕も日が暮れる少し前に2階がある店舗で飲み物を買って2階席へ突入。少し高度が上がり、風が抜けていくのでとても開放的です。

写真撮影にいそしむ台湾美女達

隣のお店の2階で同じように写真撮影にいそしむ台湾美女達。

夕方のPIER5の風景

日が暮れてPIER5一帯に別の表情が現れはじめました。

新北市側の岸建つビル

向こう岸(新北市)に見える建物が水面に反射している景色を眺めながらゆっくり。

プールエリアのあるクラブやイベントスペースのような雰囲気になったPIER5

完全に陽が落ちると色々な場所が灯って、プールエリアのあるクラブやイベントスペースのような雰囲気になります。

PIER5のスタンドテーブル

デートにぴったりの場所ですね。

最後に

PIER5のサイン

以上、2018年の4月にオープンしたばかりの「PIER5 大稻埕碼頭河岸特區」の紹介でした。

僕が訪れたのは平日だったので、運良くコンテナ型店舗の2階に長時間居座ることができましたが、金曜夜や土日はPIER5全体および2階席が混むことが予想されるので、確実に2階席に座りたい場合は平日に行くのをおすすめします。

ただ、休日は音楽イベントやお店によっては限定メニューもあるようなので、いつ訪れても様々な楽しみ方ができると思います。是非行ってみてください。

施設情報

PIER5 大稻埕碼頭河岸特區

台北市大同區民生西路底(大稻埕碼頭-五號水門內)地図(Googleマップ)で見る

営業時間/月曜日〜木曜日 15:00〜22:00、金曜日 15:00〜23:00、土曜日・日曜日 14:00〜23:00

定休日/なし

https://www.facebook.com/DOYENPIER5/

※1元=3.6円で計算(2018年6月24日現在)

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

巨大ろくろと陶芸用粘土

巨大ろくろや巨大陶器と戯れる。鶯歌にある「三鶯之心空間藝術特區」に行ってみた

先日台湾の「鶯歌」という街へ行ってきました。鶯歌と言えば鶯歌陶瓷老街などで知られる台湾北部にある陶器・陶芸の街です。 僕も鶯歌に対しては陶器や老街などのイメージしか無かったのですが、今回鶯歌を訪れた際...

カラフルな傘のパブリックアート01

傘が開いていたらラッキー? 新北市板橋区にある複合アートスペース「板橋435藝文特區」に行ってみた

台湾の新北市板橋区にある「板橋435藝文特區」という場所を最近訪れたのですが、そこで展開されていたパブリックアートがなかなか素敵だったんですよね。 というわけで今回は板橋435藝文特區のアクセス方法や...

迪化街の入口

台湾・迪化街(ディーホアジエ)の場所と行き方を解説

ども台北在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。僕はたまに家から近い迪化街(ディーホアジエ)へふらっと遊びに行くことがあります。 そこで気付いたのですが最近その迪化街の様子が少しずつ変...

坂・階段が多い場所

廃墟感とアートが絶妙に融合する場所「寶藏巖國際藝術村」に行ってみた

廃墟とアート、どちらも好きでも嫌いでも無いんですが、雰囲気の良い場所は好きです。 今回は台北にある他の観光地とは少し異なる、独特の雰囲気を持った「寶藏巖國際藝術村」という場所を紹介してみたいと思います...

Have a nice 479外観

台湾のおしゃれアイテムを探すならこの場所へ! 台北の富錦街周辺にある雑貨屋・インテリアショップを紹介

ども、買うことは滅多にないけど雑貨やインテリア用品を見るの大好きナカジマチカ(@nakazimachica)です。 突然ですが台湾には松山空港の近くに富錦街という、台湾の他のどの地域にもない雰囲気を持...

至誠路二段側へ階段

250年以上の歴史を持つ山奥の「芝山巖惠濟宮」に行ってみた

ども、廟を見たり写真を撮ったりするのが大好きナカジマチカ(@nakazimachia)です。台湾といえば街中にたくさんの廟がありますよね。 今回は台北の士林区にある「芝山巖惠濟宮」という場所へ行ってみ...

水月池と大殿02

心洗われるスタイリッシュなお寺「法鼓山農禪寺」に行ってみた

こんにちは。新しいものから歴史のあるものまで建築物大好きナカジマチカ(@nakazimachica)です。 最近Instagramから「台北に格好良いお寺がある」という情報を仕入れまして(唐突)、早速...

益品書屋店内07

本を売らない本屋さん。上質な空間で寛ぎながら本を読むことができる台湾の本屋「益品書屋」を紹介

年末に差しかかり台北も冬を感じる日が多くなってきました。夏が終わると一瞬で秋から冬へと切り替わるのは台北のいつもの流れですね。日本の冬と違い雨もよく振るのでこの季節は外に出るのが億劫になります。 そん...

写真撮影に適した館内

穴場自撮りスポット? 毎週土曜夜に無料開放される「台北市立美術館」に行ってみた

まだまだ暑いですがそろそろ9月ということで一応秋が近づいてきましたね。秋といえば芸術の秋。日本に住んでいる時は何気に3ヶ月に1,2回は美術館や展示に足を運んでいたナカジマチカ(@nakazimachi...

映月大池

どこを切り取っても絵になるコンパクトな観光地!「林安泰古厝民俗文物館」へ行ってみた

語学留学時代は台北は台北でも新北市に住んでおりましたが、現在のワーホリでは台北の台北市に住んでおりますナカジマチカ(@nakazimachica)です。 ということで時間がある時は、徒歩またはYouB...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook