1. 台湾師範大学の語学センターの新入生向けオリエンテーションの流れを紹介

2015.03.052018.06.03 Update

台湾師範大学の語学センターの新入生向けオリエンテーションの流れを紹介

前回の台湾師範大学 語学語学センターの履修(新入生)登録の流れに続く、台湾師範大学の語学センターでの授業開始前のイベントシリーズです。

今回は履修登録の次となるイベントのオリエンテーションの日の模様をお送りしていきます。どうぞご覧ください。

Advertisement

台湾師範大学の語学学校の新入生向けオリエンテーションの流れ

  1. スライドによる学校の説明
  2. 各国のボランティアスタッフによるガイドツアー
  3. 教科書の購入 / 他の日本人留学生と交流

01.スライドによる学校の説明

スライドによる説明

5階に行くとオリエンテーション用の資料を配っているボランティアスタッフがいるので、その資料を受け取って504号室へ入り空いてる席に着きます。しばらく待つとオリエンテーションが始まります。

スライドを見ながら、学校・ビザ・授業・カルチャークラス(選択授業のようなクラス)などを、壇上のスピーカーから説明を受けていきます。

ちなみに対応言語は中国語と英語のみです。時々スピーカーからジョークが飛ばされ周りがドッとなったりするのですが、僕はどちらの言語も聞き取りができないのでとりあえず周りの雰囲気に合わせて笑っておきました。

02.各国のボランティアスタッフによるガイドツアー

日本人によるガイドツアー

スライドが終わると各国のボランティアスタッフによる国別ガイドツアーが始まります。

日本の国旗を持った日本人のところに一旦集まってからガイドツアーが始まるわけですが、まぁ日本人多かったですね。多すぎて日本人だけ2グループできてました。これだけ同じ国籍の人がここに居ると思うとちょっと安心。

ボランティアスタッフによる誘導で、語学学校の生徒に関係ある学校内の施設や教室の案内を受けます。

その後ひとつの教室に集まり、説明や質疑応答タイムが終わると、時間割を受け取る場所に連れて行かれるので、そこで学生証を見せるとついに自分の時間割とご対面でございます。

ちなみに僕は1冊目の11課からでした。おそらく5課でひとまとまりなのでレベル3(初級)って感じですかね。とりあえず初心者です。

03.教科書の購入 / 他の日本人留学生と交流

7階の教科書販売エリア

あとは自由解散となるので、自分で教科書の販売エリアに行き教科書一式を購入します。翌日までは学校内で販売されているらしいのですが、それ以降は学校の近くの本屋で購入することになります。

購入するものは、教科書・宿題帳・漢字練習帳・リスニング用の音源DVDと4点ありますが、教科書の販売エリアの人に先程受け取った自分の時間割を渡せば、買うべきものを渡してくれますのでご心配なく。

値段は全部で520元(約1,980円)でした。ここでは授業料支払い時のようにクレジットカードが使えないので気をつけましょう。(手持ちの現金がなくて銀行に走った僕)

もし日本人の留学生仲間が欲しい場合は、日本人がまとまって教科書販売エリアに向かっている時に、自分だけでは消化しきれなかった部分などを確認がてら話しかけたりすると良いと思います。

ここでは僕も話しかけてくれた日本人と色々な話をしたり、「で、いつ授業始まるの? 明日!?」みたいなバカモンな確認をしたりしました。

あと台湾師範大学の語学センターには、授業開始直後の1週間はクラスの変更(換課)ができるシステムがあります。

この時に自分の前後のレベルのクラスの人と知り合っておくことで、後々自分がもしクラスの変更をしたくなった時は、そのクラスの雰囲気をその人から教えて貰いやすくなるので、僕は日本人の知り合いは作っておくに越したことはないと思います。群れるのと助けあうのは別の話ですからね。

ちなみにこの時に知ったのですが、前回の履修登録の時に日本人は日本人で声を掛けあって知り合ってたみたいですね。(最近の学生にあるという噂の学校が始まる前にLINEグループができてて、同じクラスなのに自分その存在を知らなかったみたいな疎外感って、もしやコレですか?!)

最後に

新入生向けオリエンテーションの流れは以上です。オリエンテーションの翌日から早速授業が始まります。とりあえず初めての海外生活、海外留学と初めてづくしでここのところドキドキしっぱしです。

ともあれ台湾師範大学の語学センターには日本語が出来るスタッフも沢山いますし、説明を受けた感じ外国人にもとても分かりやすく仕組みが出来ている学校だと思います。

今後は中国語と触れ合う機会もより増えていくと思うので、早く台湾人と中国語で楽しくお喋りできるようになりたいですね。

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

スライドによる説明

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5