1. 桃園空港から台北駅へバスで行く方法を解説

2015.02.282018.05.15

桃園空港から台北駅へバスで行く方法を解説

桃園空港から台北市内に移動する手段はMRTや新幹線だったりと色々ありますが、中でもバスは365日24時間運行していて運賃も一番安いので、地元台湾人含め多くの方に利用されています。

ですが初めて台湾にくる外国人が桃園空港から台北市内にバスで移動する際は、バス乗り場の場所、バスのチケットの購入方法、バスの乗り方など色々分からないことや不安があるかと思います。

そこで今回は桃園空港から台北駅へバスで行く場合の流れと方法をご紹介します。どうぞご覧ください。

Advertisement

目次

台北駅行きのバスのチケット売り場・乗り場の場所

桃園空港 第1ターミナルのバスのチケット売り場・乗り場へ続く道

バニラエアやピーチ、タイガーエアなどのLCCを利用した場合、飛行機は第1ターミナルに到着します。SIMカードの購入や台湾ドルへの両替などの手続きを済ませたら、地下1階にあるバスのチケット売り場へ向かいましょう。

桃園空港 第2ターミナルのバスのチケット売り場・乗り場へ続く道

一方でANAやJAL、エバー航空などのフルキャリア航空会社を利用した場合、飛行機は第2ターミナルに到着し、バスのチケット売り場や乗り場は到着ロビーと同じ階の1階にあります。

到着ターミナルによってバスのチケット売り場・乗り場の場所は異なりますが、基本的には空港内にある客運巴士(Bus to city)の案内に従って進めばたどり着けることを覚えておきましょう。

到着ターミナル別バスのチケット売り場・乗り場早見表

ターミナル番号バスのチケット売り場・乗り場の場所
1地下1階
2地上1階

バスチケットの購入方法

自動券売機

各バス会社のカウンターが並ぶフロアに到着したら、同じフロアに自動券売機があるので台北駅行きのチケットを購入しましょう。

この自動券売機は日本語にも対応しているので英語や中国語ができなくてもスムーズに購入可能です。ただ支払い方法はクレジットカードまたは台湾で使えるICカードに限られています。

桃園空港から台北駅行きの運賃は6:00〜22:59の間は1枚135元(約486円)、23:00〜5:59の間は140元(約504円)です。

國光客運のカウンター

チケットはカウンターでも購入できますが、バス会社側は自動券売機でのチケット購入を推奨しているので、クレジットカードを使いたくないという場合以外は、自動券売機を利用して購入しましょう。

ちなみに、このバスに乗る時の一番おすすめな運賃支払い方法は、上記のように自動券売機やカウンターで紙のチケットを購入するのでなく、台湾のSUICA的存在である悠遊カードなどのICカードを利用する方法です。

紙のチケットを購入した場合の運賃は片道135元(約486円)か140元(約504円)ですが、ICカードを利用してバスに乗車すると運賃が130元(約468円)になります。

バスの時刻表および始発と最終の時間

直近のバス時刻表

ありがたいことにトラブルがないかぎりは基本的に24時間運行です。日中なら乗り場で待っていれば10分~20分くらいの間隔で次のバスがやってきます。

直近のバス出発時刻は同フロアにあるモニタの時刻表から確認可能です。

時刻表の詳細は臺灣桃園國際機場→臺北の時刻表をご覧ください。深夜24時から朝の5時くらいにかけては少し本数が減ります。

バスの乗り方

國光客運の1819路線バス乗り場

出口から外へ出たら國光客運 1819と書かれた柱を探してください。写真の柱に大きく書かれている5はターミナルによって数字が違うので、必ずこの1819という番号を探します。この番号が桃園空港と台北駅を繋ぐ路線番号です。こちらでバスが来るまで待機します。

バスがやってくると運転手さんや係員によるチケットの確認が始まります。チケットまたはICカードを確認してもらった後、キャリーケース等の大きめの荷物を預けたい場合は、荷物用のタグを受け取り、荷物を自分でバスの格納庫に入れます。

ICカードを利用する時は、ICカードをバスに乗る際に運転席横にあるカードリーダーに当てます。そしてバスを降りる時にもタッチしましょう。

バスが走り出したら途中何箇所かの停留所に停まり何人か乗降しますが、気にせず多くの人が降りる終点まで乗り続けてください。これで台北駅にたどり着くことができます。

バス下車時と降りた後の流れ

預け荷物について

預け荷物を受け取る乗客

バスに荷物を預けている場合は、目的地に到着するとバスの荷物格納庫の扉が開くので、下車したら自分で荷物を取りに行きましょう。

この預け荷物を受け取る際、荷物を預けた時に渡された荷物用のタグを運転手さんかその場にいる係員さんに渡します。(回収されない場合もあるのでその場合は荷物を受け取った後は捨てても構いません。)

降ろされる場所

台北駅の北東に位置する「國光客運台北車站」という場所の前で降ろされるので、台鉄や高鐵(新幹線)、台北MRTに乗り継ぐ場合は、目の前にある國光客運台北駅バスターミナルの建物内へ入り、M2出口に出る3番エレベーターに乗ると各交通機関に繋がる台北地下通路にすぐアクセスできるので便利です。

國光客運台北駅バスターミナルの中のエレベーター

ただ國光客運台北駅バスターミナルのエレベーターを待つスペースはかなり狭いので、人が多い場合はバスを降りたら建物に入らず外からM1出口に入るか、同じくすぐ近くにある台北駅に入るなどして各交通機関にアクセスした方が早い場合もあるでしょう。

※1元=3.6円で計算(2018年5月11日現在)

桃園空港からホテルへ直行できる専用送迎車の利用もおすすめ

  • 桃園空港から宿泊しているホテルに直行
  • 中国語や英語ができない方でも安心な日本語対応
  • 早朝・深夜着でも安心24時間対応

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

基隆駅近くの国光客運バスターミナル

台北から基隆(キールン)へバスで行く方法

先日台北から基隆(キールン)へ遊びに行ってきました。基隆は台湾北部にある港町で、日が暮れると基隆廟口夜市という比較的大きな夜市が盛り上がる場所です。 台北駅から基隆へのアクセスは台鉄で行く方法もありま...

國光客運台北車站

台北駅から桃園空港へバスで行く方法を解説

台北市内から桃園空港へ移動する交通手段はいくつかありますが、バスを利用するのが一番安く、何より365日24時間運行しているので、台北市内から桃園空港へ移動する方法として多くの人に選ばれています。 以前...

新竹駅(新竹火車站)

台北駅から新竹へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを紹介

先日、所用で台湾の新竹へ行ってまいりました。新竹と言えば「台湾のシリコンバレー」とも呼ばれ、多くの日本企業が進出している場所です。 その新竹には台鉄や新幹線も通っており台北からのアクセスも比較的便利な...

バスチケット

台湾のコンビニで高速バスのチケットを事前購入する方法

台湾は日本に比べると交通費が非常に安いです。中でもバスの運賃は非常にお得で、例えば各都市へ移動するための高速バスの場合、台北から台南(大体東京→名古屋くらいの距離)を移動したしても、運賃は1,500円...

台湾新幹線の改札前

台湾新幹線の乗り方を解説。短時間で台北から台中や台南、高雄へ移動しよう

台湾は日本に比べ交通費が安く、その中でも長距離バスは特に安いので長距離を移動する際はバスでの移動を選択する方も多いと思います。 それでもやっぱり台北からなら1時間で台中、2時間半で高雄へと非常に短い時...

台中駅前

台北駅から台中駅へ高速バスで行く方法。チケットの買い方やバスの乗り方などを紹介

このブログでも何度も紹介していますが、台湾は交通費が日本と比較すると非常に安く、特に路線が豊富でどこでも行けてしまうバスはとても便利です。 例えば台北から台中へ行こうと思ったら主な交通手段としてバスか...

普通代幣卡

台湾新幹線に乗れば運賃が無料に! バスに乗って嘉義新幹線駅から嘉義火車駅へ運賃無料で行く方法

先日台北から台湾新幹線を利用して嘉義まで行く機会がありました。嘉義の新幹線駅から嘉義火車駅への移動はバスを利用したのですが、その時のバスの運賃が無料だったんですね。 ということで今回は台湾新幹線を利用...

桃園MRTの台北駅改札前

桃園空港から台北駅へ電車(桃園MRT)で行く方法

台湾旅行の計画を立てる際、日本からもアクセスが良い台北にいらっしゃる方は多いと思いますが、その時に真っ先に疑問に思うのは桃園空港から台北市内への移動方法ですよね。 桃園空港から台北市内へ移動する方法は...

台湾新幹線のチケット

台湾新幹線のオンライン予約・チケット受け取り方法を紹介

何度か台湾を旅行していると台北だけではなく中部・南部などの地方へ行きたくなり、その時の交通手段として台湾新幹線(高鐵)の利用を考える方もいるんじゃないでしょうか。僕もそんな風に思った1人で過去の台湾旅...

ハノイ市内行きの専用高速バス

ベトナム・ノイバイ空港からハノイ市内(ハノイ駅)へ専用高速バスで行く方法

先日ベトナムのハノイを旅行してきたのですが、ハノイは観光に適している市内と空港が少し離れているので、市内周辺で遊びたい場合は何らかの方法で市内へ行く必要があります。 旅行前に交通手段を調べてみたところ...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook