1. 桃園空港から台北駅へバスで行く方法を解説

2015.02.282018.10.04 Update

桃園空港から台北駅へバスで行く方法を解説

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。

桃園空港から台北市内に移動する手段はMRTや新幹線、タクシーと豊富ですが、中でもバスは365日24時間運行していて運賃も一番安いので、地元台湾人含め多くの方に利用されています。

ですが初めて台湾にくる外国人が桃園空港から台北市内にバスで移動する際は、バス乗り場の場所、バスのチケットの購入方法、バスの乗り方など色々と分からないことや不安があるかと思います。

そこで今回は桃園空港から台北駅へバスで行く場合の流れと方法を解説していきます。それではご覧ください。

Advertisement

目次

台北駅行きのバスのチケット売り場・乗り場の場所

桃園空港 第1ターミナルのバスのチケット売り場・乗り場へ続く道

バニラエアやピーチ、タイガーエアなどのLCCを利用した場合、飛行機は第1ターミナルに到着します。SIMカードの購入や台湾ドルへの両替などの手続きを済ませたら、地下1階にあるバスのチケット売り場へ向かいましょう。

桃園空港 第2ターミナルのバスのチケット売り場・乗り場へ続く道

一方でANAやJAL、エバー航空などのフルキャリア航空会社を利用した場合、飛行機は第2ターミナルに到着し、バスのチケット売り場や乗り場は到着ロビーと同じ階の1階にあります。

到着ターミナルによってバスのチケット売り場・乗り場の場所は異なりますが、基本的には空港内にある客運巴士(Bus to city)の案内に従って進めばたどり着けることを覚えておきましょう。

到着ターミナル別バスのチケット売り場・乗り場早見表

ターミナル番号バスのチケット売り場・乗り場の場所
1地下1階
2地上1階

バスチケットの購入方法

自動券売機

各バス会社のカウンターが並ぶフロアに到着したら、同じフロアに自動券売機があるので台北駅行きのチケットを購入しましょう。

この自動券売機は日本語にも対応しているので英語や中国語ができなくてもスムーズに購入可能です。ただ支払い方法はクレジットカードまたは台湾で使えるICカードに限られています。

桃園空港から台北駅行きの運賃は6:00〜22:59の間は1枚135元(約486円)、23:00〜5:59の間は140元(約504円)です。

國光客運のカウンター

チケットはカウンターでも購入できますが、バス会社側は自動券売機でのチケット購入を推奨しているので、クレジットカードを使いたくないという場合以外は、自動券売機を利用して購入しましょう。

ちなみに、このバスに乗る時の一番おすすめな運賃支払い方法は、上記のように自動券売機やカウンターで紙のチケットを購入するのでなく、台湾のSUICA的存在である悠遊カードなどのICカードを利用する方法です。

紙のチケットを購入した場合の運賃は片道135元(約486円)か140元(約504円)ですが、ICカードを利用してバスに乗車すると運賃が130元(約468円)になります。

バスの時刻表および始発と最終の時間

直近のバス時刻表

ありがたいことにトラブルがないかぎりは基本的に24時間運行です。日中なら乗り場で待っていれば10分~20分くらいの間隔で次のバスがやってきます。

直近のバス出発時刻は同フロアにあるモニタの時刻表から確認可能です。

時刻表の詳細は臺灣桃園國際機場→臺北の時刻表をご覧ください。深夜24時から朝の5時くらいにかけては少し本数が減ります。

バスの乗り方

國光客運の1819路線バス乗り場

出口から外へ出たら國光客運 1819と書かれた柱を探してください。写真の柱に大きく書かれている5はターミナルによって数字が違うので、必ずこの1819という番号を探します。この番号が桃園空港と台北駅を繋ぐ路線番号です。こちらでバスが来るまで待機します。

バスがやってくると運転手さんや係員によるチケットの確認が始まります。チケットまたはICカードを確認してもらった後、キャリーケース等の大きめの荷物を預けたい場合は、荷物用のタグを受け取り、荷物を自分でバスの格納庫に入れます。

ICカードを利用する時は、ICカードをバスに乗る際に運転席横にあるカードリーダーに当てます。そしてバスを降りる時にもタッチしましょう。

バスが走り出したら途中何箇所かの停留所に停まり何人か乗降しますが、気にせず多くの人が降りる終点まで乗り続けてください。これで台北駅にたどり着くことができます。

バス下車時と降りた後の流れ

預け荷物について

預け荷物を受け取る乗客

バスに荷物を預けている場合は、目的地に到着するとバスの荷物格納庫の扉が開くので、下車したら自分で荷物を取りに行きましょう。

この預け荷物を受け取る際、荷物を預けた時に渡された荷物用のタグを運転手さんかその場にいる係員さんに渡します。(回収されない場合もあるのでその場合は荷物を受け取った後は捨てても構いません。)

降ろされる場所

台北駅の北東に位置する「國光客運台北車站」という場所の前で降ろされるので、台鉄や高鐵(新幹線)、台北MRTに乗り継ぐ場合は、目の前にある國光客運台北駅バスターミナルの建物内へ入り、M2出口に出る3番エレベーターに乗ると各交通機関に繋がる台北地下通路にすぐアクセスできるので便利です。

國光客運台北駅バスターミナルの中のエレベーター

ただ國光客運台北駅バスターミナルのエレベーターを待つスペースはかなり狭いので、人が多い場合はバスを降りたら建物に入らず外からM1出口に入るか、同じくすぐ近くにある台北駅に入るなどして各交通機関にアクセスした方が早い場合もあるでしょう。

※1元=3.6円で計算(2018年5月11日現在)

桃園空港からホテルへ直行できる専用送迎車の利用もおすすめ

  • 桃園空港から宿泊しているホテルに直行
  • 中国語や英語ができない方でも安心な日本語対応
  • 早朝・深夜着でも安心24時間対応
ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

國光客運の1819路線バス乗り場

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5