1. 台湾で中国語が話せる台湾人の友人をつくるために日台交流会へ参加するのは有効なのか考えてみる

2018.06.102018.06.16

台湾で中国語が話せる台湾人の友人をつくるために日台交流会へ参加するのは有効なのか考えてみる

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。ここをご覧になっている方は台湾や台湾人に少なからず興味がある方だと思いますが、みなさんは日台交流会へ参加したことはありますか?

日台交流会へ参加する動機としては「台湾人と知り合いたい」「台湾人の友人が欲しい」「中国語を喋る機会が欲しい」など色々あると思います。

そこで今回は台湾に住んでいる時、中国語が話せる台湾人の友人をつくるために日台交流会に参加することは有効なのか考えてみました。それではご覧ください。

Advertisement

目次

台湾に住んでいても台湾人の友人は簡単に増えない

床に落ちたアイスのオブジェ

環境や自分の人間性によっても左右されますが、通常、台湾でただ生活しているだけでは台湾人の友人は増えません。

いくら外国人に対して比較的フレンドリーな人が多い台湾と言えど、友人をつくるためにはある程度能動的に動く必要があります。

更には外見が台湾人に似ている人は、台湾生活に慣れれば慣れるほど、バッチリおしゃれをして台湾旅行を楽しんでいた時のように台湾人が声をかけてくれる機会が減ったりすることもあるでしょう。

じゃあ、日台交流会に参加してみる?

小学校の校門前

せっかく台湾にいるんだから台湾人と交流したり、台湾人の友人が欲しい。そんな時に人によっては思い浮かぶのが『日台交流会』の存在だと思います。

日台交流会は日本・台湾の各地で積極的に行われていて、FacebookやTwitter等で「日台(台日)交流会」と検索すれば、近くで開催されている日台交流のイベント情報が案外簡単に見つかります。

そして台湾で交流会に参加すれば自然と台湾人比率も高くなるので簡単に台湾人と知り合うことができます。

しかし交流会を通して台湾人と知り合うのは簡単ですが、友人として付き合える人を探そうと思ったら少し問題が出てきます。それを次の項目で掘り下げてみます。

日台交流会で台湾人の友人をつくろうとした時に生じる問題点

話す相手を外見情報で厳選せざるを得ない

まず友人になれる人を見つけるために参加者の誰かと多少は会話をする必要がありますよね。ただ交流会への参加人数がそこそこ多い場合は全員とまんべんなく話すのは難しいです。

そして参加者の事前情報が日本人or台湾人しかないならば、話す相手を外見情報に頼って選ばざるを得ないことになるので、交流する人が限られてしまうのは避けられないでしょう。

交流会への参加目的にズレがあると後でお互いにモヤモヤする

友人として付き合いたかったのに相手が別の関係を求めてきた等の理由から起こりやすいアレです。

もちろん仲良くなった末にどちらかまたは双方が恋愛感情を持つことは非常に良いことだと思います。

ですが周りの話の聞くと最初から「○○人の恋人が欲しい」という目的を持って交流会に参加する人もやっぱりいるので(僕からすると凄く効率悪いと思うけど)、そういう方と友人をつくるつもりで交流していても徒労で終わる可能性も高いです。

友人として続く関係になれる人がいるかは未知数

基本的に友人付き合いは国籍関係なく「一緒に居て楽しい」「趣味や価値観が近い・同じ」といったところ等からはじまるものだと思います。

国際交流会等で知り合った人とは、最初は自分が興味のある国の人間同士で交流するので、お互いの国の文化や言語の話で盛り上がるかもしれません。

ただ一段落した後、一緒にいて楽しいと思えなかったり趣味や価値観が異なる場合、段々話が盛り上がらなくなり、徐々に相手との繋がりが薄れていく可能性もあります。

この合うか合わないかに関しては知り合った後しばらく交流を続けてみないと分かりません。これは言語交換についても似たようなことが言えます。

国籍関係なく交流できる人を見つけられるのが良い

国立自然科学博物館

改まって言うほどのことではありませんが、「○○人だから」という理由で友達になるのではなく、国籍関係なく自分と似た価値観や趣味などを持っていて友達になりたいと思える人が、結果的に自分が学ぶ中国語を話す台湾人だったという順番になるのが理想でしょう。

小・中学校時代はほとんどの人が「相手が何人か?」などは特に考えずに友人づきあいをしていたかと思いますが、その時に考えていたことと大体一緒です。

また興味のあることを通じて人と交流した方が、自分が中国語で言いたいことを能動的に調べるようになるので語学力も伸びやすくなるはずです。

どうやって共通点のある台湾人を見つける?

では日台交流会へ参加する以外に、台湾でどうやって自分と似た価値観や趣味などを持つ台湾人を見つけるか? という話なんですが、幸いあなたは今台湾にいて台湾人の世界に飛び込みやすい環境があります。

だから一番シンプルな方法は台湾で自分の興味があることが楽しめるお店へ行くことです。コーヒーが好きならカフェ、お酒が好きならバー、洋服が好きなら服屋、雑貨が好きなら雑貨屋、ダーツが好きならダーツバーなどなど。

日本だと客としてお店に入ると、店員と「客と店員」という関係以上になることは難しいですが、台湾では「人と人」という関係で店員さんと自然と会話が始まったりします。もちろんその場にいる同じようにお客さんとして来ている人達も同様です。

また中国語がある程度話せる状態ならばサークルや習い事などのコミュニティに属するのも良いですし、自分の気になるテーマの勉強会・セミナーなどに参加し、その後の懇親会という形の交流会ならば共通点があらかじめ共有されている状態なので良いと思います。

面と向かって話すのが苦手な方は、同性と知り合える確率は多少下がりますがコストが低い方法として、言語交換アプリHelloTalk(ハロー トーク)などを使って台湾人と知り合い、じっくり付き合えそうな人と思えたら実際に会って関係を発展させていくのもひとつの手でしょう。

最後に

一応断っておきますが日台交流会自体を否定しているわけではありません。人はとりあえず面と向かってみないと分からないこともたくさんあります。

日本で暮らしている時は単純に台湾人の知り合いを増やすための手段として有効ですし、そこから更に広がってく輪もあるでしょう。

また主催者の方々も色々な趣向を凝らした企画を以って、ただ気になる人とのお喋りの場の提供だけにとどまらない交流会を用意してくれている場合もあると思います。

ただ個人的には、先に共通の好きなことや目標がありそれを一緒に楽しめる相手が台湾人という順番の方が、中国語が自然と上達していき、交流目的の食い違いが起こりづらく長く続く関係になれるんじゃないかと思います。

フォローしてナカジマチカの最新情報をチェックする

follow us in feedly

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

ブラウン

2ヶ月→3ヶ月の変化は横ばいな感じ。台湾師範大学で中国語を学んで3ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

いやー学校に通って早くも3ヶ月が経過しまして、ついに最初の学期が終わりました。あっという間です。お世話になった先生やクラスメイトともこれで解散です。 先生は学校を辞めない限り会えるけど、母国に帰って遠...

税関申告書

日本から台湾へ多額の現金を持ち込む場合は注意! 現金の持ち出し・持ち込みを空港の税関で申告する方法

色々な事情があって日本から台湾に多額の現金を持ち込みたい場合があるかと思います。 その場合、出入国時に空港で必ず行わなくてはいけない大事なことがあります。そう税関での申告です。 この申告を怠ってしまう...

米朗琪のワッフル

台湾留学生活の中で休日や暇な時に僕がよくやっている事とか

なんかね、こういう事を書き出すとそろそろ留学生活の終わりの始まりみたいで寂しい気持ちになってきますね。台湾留学終活中のナカジマチカ(@nakazimachica)です。 僕は今、台湾で語学留学生として...

授業

台湾師範大学で中国語を学んでいる僕のクラスの雰囲気とかをちょっと紹介したいと思う

やー台北はここのところ毎日小雨が降っていて寒いです。噂には聞いていたけど湿気があるので寒いというより冷たいっていう感じですね。寝間着を短パンしか持ってきてなくて早くも後悔しております。 さて今回はオリ...

無印のノート

「日本で中国語を独学」と「台湾の語学センターで中国語を勉強」、その2つを経験した僕がそれぞれのメリットを挙げてみる

こんにちは。中国語って本当に難しいですよね。お仕事で必要になった方、将来の仕事に役立てたい方、趣味で覚えたくなった方、中国語を学び始めるのは色々な理由があるかと思います。 さぁ勉強しようとなったらどう...

台湾師範大学7階

日本人だらけの台湾師範大学語学センター。日本人が多い環境は中国語を学ぶ上でどんな影響があるのか?

台湾師範大学は台湾で中国語(台湾華語)を教える学校として、一番歴史があり規模も大きく知名度も高い学校です。そのためこの学校で中国語を勉強しようと考える人はとても多いです。僕も例に漏れず現在この学校で中...

台北の街並み

台湾師範大学で中国語を学んで2ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

やぁ台湾師範大学で中国語を学び始めてついに2ヶ月経ちました。あっという間に予定している滞在期間の1/6を過ぎまして、遊んだり勉強したり仕事したりそこそこ忙しい生活を送っており、なんかあっという間にこの...

スライドによる説明

台湾師範大学の語学センターの新入生向けオリエンテーションの流れを紹介

前回の台湾師範大学 語学語学センターの履修(新入生)登録の流れに続く、台湾師範大学の語学センターでの授業開始前のイベントシリーズです。 今回は履修登録の次となるイベントのオリエンテーションの日の模様を...

香港

どんな人が“外国人と会話ができる”外国語を話せるようになりやすいのかって話

何だかんだ言っても体感ではここ数年で日本国内に外国人が増え、外国の文化や外国人に接触する機会がどんどん多くなっていますね。僕は年に1,2回ほど日本へ戻ったりするのですが、その度に「外国人増えたな」って...

台湾師範大学

居留ビザ申請を通して普段考えないことを沢山考えて喋った6ヶ月目。台湾師範大学で中国語を学んで6ヶ月が経過したので、中国語の上達度を報告します

はいこんにちは。8月だというのに最近は台北より東京の方が暑い!?みたいな話を伺っておりますが、月末ということでいつものように「台湾師範大学で中国語を学ぶとどれだけ上達するのか!?」シリーズをお送りして...

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

詳しいプロフィールを見る

記事カテゴリー

今週の人気記事Top10

サイト内検索

更新情報のお知らせ

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook