1. 【台湾人との出会い方まとめ】僕が実践した台湾人女性と出会う方法5つ

2015.05.142018.05.16 Update

【台湾人との出会い方まとめ】僕が実践した台湾人女性と出会う方法5つ

台湾を旅行して現地の台湾人と触れ合い、台湾及び台湾人を好きになると台湾のことがもっと知りたくなって「台湾人の友人が欲しい!」ってなりますよね。けど普通に生活してたら台湾人と出会うきっかけなんてほぼ皆無なわけです。

そこで今回は僕がかつて(台湾の中国語や文化を学ぶ目的で)台湾人女性と出会うため実際に行ってきた方法を紹介してみたいと思います。当然これから紹介する全ての方法で出会ってきた台湾人達と友人関係を結ぶこともできております。

しかし勉強のためと言いつつなぜ女の子に限定して知り合うのか…それは単純にモチベーションの問題です。僕もひとりの男なので。

ちなみに今回紹介する方法は台湾人女性に限らず台湾人男性との出会いにも使える方法です。それでは台湾人と出会う方法をどうぞご覧ください。

Advertisement

台湾人女性と出会うための5つの方法

  1. 台湾でマッチングアプリを使う
  2. 日台交流サイトを利用する
  3. 台湾でドミトリールームに宿泊する
  4. 街やお店で声をかける
  5. 台湾人の友達による紹介

01.台湾でマッチングアプリを使う(難易度:★☆☆☆☆)

Tinder

「なんだ今更Tinderか」と思った人、甘い。僕が推したいのは台湾現地でTinderを起動した時のマッチング率の高さです。

僕はTinderを使い始めてから約半年で約200人とマッチングしていますが、その内150人(全体の3/4)くらいが台湾人です。(ちゃんと数えたわけじゃないけど、台湾移住から現在までスクロールした時のスクロールバーの位置でざっくり判断。)

Tinder

とにかく台湾は自分に風が吹いてるのかってくらい日本と比べマッチング率が驚異的に高いです。しかも台湾の女の子は自分から積極的にメッセージを送ってきてくれることも多いので、そんな積極的な所もシャイな人にとっては嬉しいポイントです。

台湾を旅行したり実際に生活する人は騙されたと思って使ってみてください。そのマッチング率に必ず驚くでしょう。僕が大沢たかおだったら1日30人はマッチングすると思う。

BeeTalk

こちらもTinder同様、台湾人の利用率がそこそこ高い「Tinder+SNS」のような機能を備えたアプリです。近くにいる人と知り合うことができる「フリップ」機能が付いてるのでTinderと同じ感覚で使うことができます。

BeeTalk

Tinderと異なる点は色々ありますが、僕が思ったTinderとの最大の違いはユーザーの質です。Tinderは利用者の主流言語が英語なのに対し、BeeTalkを利用する台湾人は中国語メインの人が多く、英語だと会話があまり弾まないことが多いです。

逆に言えば台湾人が使う生の中国語を勉強したいという方にとってはBeeTalkの方がおすすめですね。

日本でもお馴染みのマッチングアプリ『ペアーズ(pairs)』もおすすめ

  • 日本だけでなく台湾版もあるので台湾人ともマッチングできる
  • 検索条件を「台湾」に設定することが可能
  • 登録している台湾人は日本好き且つ日本語ができる人も多い

02.日台交流サイトを利用する(難易度:★★☆☆☆)

日台交流に関してのコミュニティは結構盛んでして「日台交流 サイト」とか「日台交流 掲示板」とかでググれば意外と色々出てくるので、自分に合いそうなところを利用してみてください。もしくはFBの日台交流系のコミュニティなどを利用してみてもいいと思います。

今や台湾で最も有名な日本人のうちの1人となったママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。のモギサンも台湾人の奥さんと出会ったきっかけはFB上でアカウント停止寸前まで台湾人にメッセージを送ったところからだそうです。笑

03.台湾でドミトリールームに宿泊する(難易度:★★★☆☆)

民宿のダイニングキッチン

ドミトリールームとはなんぞやというところからですが、簡単に言うとひとつの部屋に複数のベッドがある部屋の名称です。ホステルや民宿と呼ばれる宿泊施設によくあります。

トイレやお風呂(シャワー)は共同で使うことになるので当然宿泊料金は安く、ドミトリールームの中には「男の人と一緒の部屋はちょっと…」という女性のために女性専用のお部屋もあるのですが、男女混合部屋だと更に宿泊料金が安くなります。

ここまで説明すれば感の鋭い方は理解できたかと思いますが、日本人女性と違い台湾人女性はこういった宿泊施設を利用して台湾国内を旅行することが多く、より安く済ませるために男女混合部屋に泊まることも珍しくありません。つまり彼女達(台湾人女性)と同室になる可能性が非常に高いのです。

もし彼女たちと同じ部屋で会ったら、勇気を出して「你好(ニィハオ)」とか「嗨(ハイ)」って爽やかに挨拶してみましょう。旅行好きな人はオープンな人も多いので、きっと大体の人は笑顔で返してくれます。

非日常感の中で生まれた出会いは、運命的な要素もプラスされるので良い形でお互いの中に残ります。台湾を旅行できて台湾人の女の子とも出会えて一石二鳥。

04.街やお店で声をかける(難易度:★★★★☆)

台南のカフェ

もしかしたら得意な人もいるかもしれない、直接知り合いたい台湾人の女の子に声をかける方法です。

とはいっても大部分の人は「知らない人に声をかけるなんてそれってナンパじゃん。」などの先入観もあり抵抗も少なからずあると思うので、声をかける場としてお薦めしたい場所を紹介します。それは必ず店員さんとのコミュニケーションが必ず発生する飲食店です。

台湾人は注文時にこちらの中国語が流暢じゃなかったりすると、フレンドリー且つ外国人に対してはとても優しいので、結構な確率で「あれ~?あなた何人?笑」と笑顔で声を掛けられて自然に会話が始まることがあり、仲良くなった流れで連絡先を聞いて友達になることも数は少ないけど実際にあります。

日本だと店員という立場や他の人の目を気にして(勿論個々の気持ちも面もありますが)、「いや、そういうのはちょっと…ごめんなさい…。」となる確率が高い場面ですが、そういった世間体については一切忘れましょう。ここは台湾です。店員が客と長時間話していても咎めるような人間はほとんどいません。

もし話しかけられなくても、自分からも積極的に話しかけてLINE交換などを提案してみると良いと思います。体感として台湾は日本に比べ初対面の人にSNSやLINEなどの連絡手段を教えることに抵抗が少ないです。交換だけなら結構簡単に応じてくれます。

僕は個人的にこの僕達の父親やそのまた父親がやってきたであろう古くからある手段であり、気に入った女性に直接飛び込む男らしい正統派の直接声をかけて知り合うという方法が好きです。

なぜなら、ただ単純に知り合うだけなら出会いのコストが低いネットが比較的簡単ですが、先々の関係を考えた場合、既に顔を合わせて直接言葉を交わした相手の方が信頼度が断然高く、一度会ったきりで終わるような浅い関係で終わらないので関係が持続していく可能性があるからです。

05.台湾人の友達による紹介(難易度:?)

BBQ

既に台湾人の友人や知人がいる方ならご存知だと思いますが、大多数の台湾人は人と人を引き合わせるのが大好きです。「まだ知り合っていないあなたの(自分の)別の友だちがいるなら一緒に遊びましょう!」って思う人が非常に多いです。

なので2人きりで遊ぶ予定だった台湾人の女の子から約束の日の土壇場になって「友達連れてきていい?」なんて言われたり、いきなりその子の親戚に家に行くことになったりすることもあります。

2人っきりのデートを楽しみにしていた場合はガックリきますがここは前向きに捉えましょう。新しくできた人脈は枝分かれして新たな交流の機会を繋いでいくので、特に台湾においては友人が多ければ多いほど新しい人と知り合える確率も連鎖的に増えていきます。

最後に

以上が僕が実際に行ってきた台湾人女性と知り合うための方法です。

僕の学生の頃なんて知らない人と知り合う方法は今回紹介した3,4,5くらいしかありませんでしたが、今ではネットのおかげで日本人のみならず世界中の人と簡単に知り合えるようになりました。

日本では一時の社会現象の影響もあり「インターネットを介した出会い」がすっかり悪いイメージとして定着してしまいましたが、台湾ではネットを利用した出会いは日本と比べると積極的に行われているように感じます。

だからか仕事や留学などで日本に来ている台湾人女性の中では、台湾版もあるpairsを利用して出会いを探している子も少なくないそうです。(日本で暮らしたことがある台湾人女性の友人に聞きました)

どんな形で始まったモノでもそれは縁であり出会いなので、ひとつひとつを大切にして相手との関係を良い形で育んでいくのが正しい在り方だと思っております。

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

台南のカフェ

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5