1. 台湾旅行時の日本円から台湾ドルへのお得な両替え方法を解説

2015.08.062017.09.12

台湾旅行時の日本円から台湾ドルへのお得な両替え方法を解説

カテゴリー

台湾台湾役立ち情報

距離が近いので気軽に行ける海外旅行先のひとつである台湾ですが、これから行こうとしている人もよく行かれる方も気になるのは現地で使う通貨(台湾ドル)ですよね。

今回はそんな台湾へ旅行にいらっしゃる皆さまのために、日本円から台湾ドルへなるべくお得に両替えする方法や旅行で使うお金の目安を解説していきます。どうぞご覧ください。

Advertisement

この記事で紹介すること

台湾旅行者が台湾ドルを手に入れるベストな方法とは?

台北の街並み

結論を先に言うと短期の台湾旅行の場合は

  1. 台湾の空港内にある銀行(両替所)で両替え
  2. 台湾の空港内にあるATMでキャッシング

この2つの内のいずれかの方法で台湾ドルを手に入れるのをお勧めします。

空港で台湾ドルを手に入れるべき理由

桃園空港

1.短期の台湾旅行では持ち歩くべき現金はそこまで多くない

つまり台湾では少しの現金のためにコストをかける必要はないということなので、サクッと空港で両替えしてしまった方が後々良いということです。

しかも台湾ではホテルやお土産屋、比較的高い商品を扱う百貨店などの規模の大きな店舗では必ずクレジットカードが使えます。両替え手数料を考えると支払いはクレジットカードだけを使った方が絶対にお得です。

「じゃあ両替えせずに全部クレジットカードで支払えばいいじゃん。」と思われるかもしれませんが、残念なことに台湾には現金のみしか支払いを受け付けていない場所があります。

例えばほとんどの旅行者が赴くであろう台北の地下鉄(MRT)と夜市に関しては完全現金払いです。他にはタクシーも基本的には現金での支払いとなるので、現金も一応用意しておきましょう。

海外旅行保険も付いてくるクレジットカードの申し込みはこちら

2.両替えをする場所によって生じるレートの差を考える必要がほぼ無い

中には「少しでも良いレートの場所で両替えしたい!」という方も当然いらっしゃるかと思います。そこで2〜3泊の台湾旅行で使うであろう日本円数万円くらいを両替えする場合の、レートと両替えできる台湾ドルの話を少し具体的にしていきます。

台湾の各銀行の日本円レートを見れるサイトを見てみると、レートが一番良い銀行とレートが一番悪い銀行を比べても日本円の買取りを示す数値(現鈔買入)は0.010以上開いていないことが分かります。

つまり、例えば3万円分の日本円を台湾ドルに両替えするとしたら、一番レートの良い銀行で両替えしようが一番レートの悪い銀行で両替えしようが貰える台湾ドルの差は300元(約1,110円)くらいしか出ません。

勿論「良いレートの場所を探す」を目的に含めた旅行なら口を挟みませんが、上述の1,000円ちょいのために旅行時間を潰してレートの良い場所を探し出し両替えするのは得策ではないと考えます。

空港で台湾ドルを両替えする/手に入れる方法と流れ

両替所で日本円を台湾ドルに両替えする

桃園空港の両替所

空港に到着するとロビーなどの色々な場所に「外幣兌換」という看板が出ている窓口があります。そこで両替えしたい額の日本円を渡して「Please, Exchange(プリーズ、エクスチェンジ)」と言えば台湾ドルが手に入ります。

中国語で丁寧に両替えしたい旨を伝えたい場合は「我要日幣換成台幣(ウォヤオリービーファンチェンタイビー)… 日本円を台湾ドルに両替えしたいです。」と言うのですが、発音が難しいので英語で言ってしまった方が伝わる確率は高いでしょう。

空港のATMでキャッシングして台湾ドルを引き出す

桃園空港のATM

同様に上記両替所付近には各種クレジットカードに対応したATMも設置されています。こちらを利用することで日本のクレジットカードを使って台湾ドルを引き出すことが可能です。

ちなみに両替所で両替えするよりATMでキャッシングする方が両替手数料がない分少しだけお得です。下記は台湾のコンビニにあるATMを使ってキャッシングした時の流れですが大差ないと思うのでご参考ください。

短期の台湾旅行で使うお金の目安

最後に「そもそも台湾旅行ではどのくらいお金を使うのか?」という話なのですが、経験上2泊3日程度の短期旅行でしたらタクシーを乗り回してそこそこのお店で食事をした場合でも、4万円分の日本円を両替えしてひとり1万元程度持っておけば充分足ります。

僕が台湾を一人旅していた時は、タクシーを避けなるべく公共交通機関を利用し、ご飯もガイドブックで紹介されている有名店ではなくローカル飯ばかり食べていたので、交通費と飲食費あわせて1日500元(約1,850円)もいかないような日もありました。

※1元=3.7円で計算(2017年7月3日現在)

手数料がかからないキャッシングで台湾ドルを引き出むためにクレジットカードを持っておくと便利です

フォローして更新情報を受け取る

follow us in feedly

Advertisement

Advertisement

この記事を見ている人におすすめの記事

ATM操作画面01

日本のクレジットカードを使って台湾のATMでキャッシングをする方法

台湾に数日滞在するだけならわざわざ日本円を両替えしなくても、日本で作ったクレジットカードでキャッシングして台湾ドルを手に入れれば済むんじゃない。と思っています。 というわけで今回は台北の街を歩けば大体...

銀樓の店頭

台湾での最強両替方法?「銀樓」で日本円を台湾ドルに替えてみた

ぼちぼち日本へ帰るのですが、用意した台湾ドルが残りの滞在日数と照らし合わせると明らかに足りない雰囲気だったので、最近円高になってきたこともありまして、台湾にて三度目の日本円から台湾ドル(元)への両替え...

両替え証明書

【台湾長期滞在者向け】高額の日本円を台湾ドルへ両替えする最適な方法

留学や仕事などで台湾にいらっしゃる方は現地での生活のために、普通に台湾を旅行する時より少し多めの日本円を台湾ドルに両替えする機会があるかと思います。 その時に出てくるのが「高額の日本円はどこでどう台湾...

App StoreのEasy Wallet紹介ページ

台湾の悠遊カードの使用履歴や残高が確認できるアプリ「Easy Wallet」

持っていてチャージしておけば現金を出さずに済む上、割引などもあって何かと便利な悠遊カードですが、グングン減っていく残高を見て「あれ?いつどこで何に使ったっけ、こんなに?」と、ふと我に返る瞬間もたまにあ...

一卡通(iPASS)

250元(約800円)で高雄MRTが2日間乗り放題! 高雄を観光するなら必ず利用したい「二日卡」

先日高雄へ4日間旅行してきました。高雄旅行はこれで2回目となります。 今回は現地の友人に高雄でまだ訪れたことがない場所を案内してもらったんですが、その友人から「高雄に着いたら買うと高雄の交通が便利にな...

悠遊卡加值機

悠遊カード(ヨウヨウカード)のチャージ方法

台湾にも日本のSUICAやPASMOのような存在のICカード悠遊カード(ヨウヨウカード)というものがあります。 この悠遊カードを使うことで、台北での移動に便利なMRTやバスを利用する際にわざわざ運賃を...

「常客證 Speedy Immigration Inspection」レーン

台湾旅行リピーター必見! 台湾の出入国審査がスムーズになる「常客証」の申請・使用方法

最近台湾を出たり入ったりする機会が多いので、少しでも出入国を楽にするため出入国時に専用カウンターで審査を受けられるようになる「常客証」を申請してきました。 常客証は、台湾居住者ではないけれど旅行などで...

台湾のオンライン入国カードのサイト01

入国時の手間を省略! 台湾のオンライン入国カードを利用してみたので、利用方法と空港に着いてからの流れを紹介

海外旅行は楽しい。けど楽しいだけじゃなくて面倒なこともある。それがパスポートを取得したり飛行機の航空券を購入したりホテルを予約したりといった必須となる各種手続きです。 その中でも海外旅行慣れしていない...

中華電信のSIMカード

中華電信のSIMカードを日本から予めオンライン予約しておき台湾旅行初日に空港で受け取る方法

台湾旅行等でスマホでインターネットを使いたい場合は、Wi-Fiルーターを借りていく、海外パケットサービスを利用する等の方法がありますが、最も安く済むのは台湾現地でプリペイドSIMカードを購入して使う方...

台湾ドル

台湾留学1年間で掛かった費用を出来る限り細かく公開する

日本と距離も近く中国語環境もある台湾。「中国語を勉強するために台湾へ1年間くらい留学してみようかな」と考えたことがある方はいらっしゃいますよね。僕も数年前はそうでした。 そう思った時、僕は既にいい大人...

プロフィール

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年働いた後、台湾で中国語を1年間勉強、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点に据えフリーランスとして生活してます。

@nakazimachica
@nakazimachica
@nakazimachica
nakazimachica[at]gmail.com

詳しいプロフィールを見る

カテゴリー

サイト内検索

今週の人気記事Top10

更新情報をチェックする

  • RSS
  • feedly
  • Twitter
  • facebook