1. 台湾のレシート宝くじの当選番号確認方法と換金方法を紹介

2016.08.142019.01.17 Update

台湾のレシート宝くじの当選番号確認方法と換金方法を紹介

ども台湾在住のナカジマチカ(@nakazimachica)です。先日台湾のレシート宝くじが当選し、当選金を受け取ってきました。

「台湾のレシート宝くじ? 当選金? なんのこっちゃ?」と思われた方は、もし今後台湾に来ることがあれば買い物の時などに出たレシートは必ず大事に保管しておいてください。

詳しい説明は省きますが、台湾ではほとんどのレシート(統一發票)が日本で言う宝くじになっていて、最高で1,000万元(約3,600万円)に化ける可能性がある上、外国人旅行者でもその当選金を受け取ることが可能なのです。

ということで今回は、その台湾のレシート宝くじの当選番号確認方法と換金方法を紹介していきます。どうぞご覧ください。

Advertisement

目次

台湾のレシート宝くじの当選番号確認方法

台湾の宝くじ付きレシートの山

当選番号の発表日

当選番号の発表日は隔月25日です。2ヶ月に一度発表されます。

具体的に言うと、1〜2月分のレシートについては3月25日、3〜4月分のレシートについては5月25日といった具合に2ヶ月に一度発表が行われています。

確認用サイト

当選番号は財政部稅務入口網というサイトで確認できます。

サイトの情報時間は25日の0時になった瞬間ではなく午後(日本時間で13時以降)に更新されることが多いです。そして更新された直後のサイトは台湾人を含め多くの人が見るのでめちゃくちゃ重くなります。

当選番号の見方

当選番号

見るべきところはレシート上部に書かれた8桁の番号です。これが当選番号で、上で紹介したサイト財政部稅務入口網に掲載されている番号と照らし合わせていきます。

等級金額当選番号(+当選条件の説明)
特別獎1,000万元番号8桁完全一致
特獎200万元番号8桁完全一致
頭獎20万元いずれかの番号8桁が完全一致
二獎4万元頭獎の番号の下7桁が一致
三獎1万元頭獎の番号の下6桁が一致
四獎4,000元頭獎の番号の下5桁が一致
五獎1,000元頭獎の番号の下4桁が一致
六獎200元頭獎の番号の下3桁が一致
增開六獎200元いずれかの番号の下3桁が一致

とりあえず番号さえ一致していれば良いのですが、当選番号の見方が分かりにくい所もあるので、上記の表に財政部稅務入口網に載っている当選番号の見方をまとめました。

財政部稅務入口網による当選番号の発表

さていよいよ確認タイムと洒落込みたいところですが、いきなりレシートの番号8桁を全て見ていくのはとても大変な作業になってしまうので、最初はとりあえず下3桁のみに注目して確認していきましょう。

二獎〜六獎・增開六獎について、当選番号の下3桁が一致しているレシートがあったら一旦別の山に避けておき、全てのレシートのチェックが終わったら下3桁が一致していたレシートを再度チェックして、二獎〜六獎に該当するレシートがないか改めて調べていきます。

その後、特別獎・特獎・頭獎の3つに該当する番号がないかを調べつつ、改めて全ての当選番号を確認して取りこぼしが無いかチェックをかけていきます。

增開六獎(200元)が当選したレシート

今回は厳正なるチェックの結果、下3桁のみが一致していれば良い『增開六獎』が当たりました。200元(約640円)ゲットです。

確認に便利なWebサイトやアプリ

もちろん当選確認に便利なツールも存在しており、下3桁の数字を入力すると当選の有無を調べてくれるWebサイトや、同じように番号での確認+QRコードでの読み取り確認をしてくれるアプリもあります。

けど個人的には財政部稅務入口網のサイト上で発表された当選番号を見ながら、レシートを1枚ずつめくってドキドキしながら自分の目で確認するのが好きです。笑

当選した台湾のレシートを換金する流れ

レシート換金可能期間

換金可能期間

台湾のレシートを換金できるようになる期間は、当選番号の発表があった月の翌月の6日から3ヶ月間です。

例えば1〜2月分のレシートなら3月25日に当選番号の発表があり4月6日〜7月5日までの3ヶ月間が換金可能期間となります。

レシートを換金する前に準備しておくこと

レシートの裏の記入事項

下記の表に習って当選したレシートの裏にある記入事項を埋めておきます。

項目名記入内容
金額当選した金額
中獎人当選した人の名前
簽名或蓋章サインもしくはフルネームの印鑑
國民身分證統一編號台湾の統一證號
※ない人は空欄
戶籍地址台湾の住所
※台湾に住所がない人は今住んでいる国名
電話台湾の電話番号
※ない人は空欄

大体のレシートはこの記入項目を埋めれば良いのですが、たまにこの項目以外に何年度の何月から何月の分なのか?や、レシートに記載されているアルファベット2文字から数字8桁全てを書かなければいけないレシートもあります。

またこれらの項目自体が裏面に無いレシートもあります。その場合は白い空欄があると思うので上記の必要事項を自分で適当に書きます。

台湾のコンビニや指定された機関へ行く

換金可能期間になったらレシートと身分証明書(パスポートや居留証)を持ってコンビニへ行きましょう。

レジへ行き「發票中獎了(ファーピャオヂョンジャンラ) … レシート宝くじが当選しました」と言いながら、当選レシートと身分証明書を提出します。

換金した200元

その場でしばらく待つと預けた身分証明証とともに現金をそのまま手渡しされます。小額とは言えこうして思わぬ収入が発生すると嬉しいですね。お札に描かれた孫文さんの顔がいつもより優しく見えます。

レシート換金時の注意点

記事冒頭でも紹介したように外国人でも換金は可能ですが必ず台湾のコンビニや指定された機関に行く必要があります。日本では換金できません。

また、5等(1,000元)・6等(200元)の少額当選の場合はコンビニで換金可能ですが、もし4等以上が当選した場合はコンビニではなく、第一銀行などの指定された機関へ行き換金する必要があります。

さらに4等以上の金額が当選した場合、所得税が20%引かれるので記載金額全てを受領することはできません。

最後に

このように台湾ではたった数十元、数百元の買い物が一獲千金となる可能性もあるのでレシートに1枚1枚に夢が詰まっています。日本人からすると非常に羨ましい制度ですね。

台湾で生活している方はもちろん、旅行で台湾に来た外国人でも恩恵を受けることができるので、台湾で入手した番号付きのレシートは大切に保管してワクワクしながら25日を待ちましょう。

今回の僕のように200元(約640円)くらいの当選では現地に住んでいない限りわざわざ台湾(の郵便局)へ行く理由にもなりませんが、1,000元(約3,600円)が当たればセール時のLCCの台湾行き片道航空券代くらいにはなります。

台湾のレシートは欠かさずチェックして、再び台湾へ行く口実をつくりましょう。

※1元=3.6円で計算(2018年10月14日現在)

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

フォローしてナカジマチカの更新情報をチェックする

台湾の宝くじ付きレシートの山

Advertisement

ナカジマチカ

ナカジマチカ / nakazimachica

1985年生まれ。神奈川県横浜市出身。東京で会社員として約7年間働いた後、台湾で1年間中国語留学、更に1年間のワーホリを経て日本社会から足を大きく踏み外しました。現在は台北を拠点にフリーランスとして生活しています。

詳しいプロフィールを見る

今週の人気記事 TOP5